2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本光寺の紫陽花(前編)
- 2010/06/18(Fri) -
                         (Please click this photograph)
                 837-1.jpg
                                                  
                          薄青色の花弁の額紫陽花

 毎年観に行く本光寺の額紫陽花・・・今年も観に行ってしまった。。。 観に行ってしまった・・・とは変な表現だが、内心 “今年はもういいかな?” と思っていたのだが・・・。


 本光寺で私が撮ってきた紫陽花の写真・・・最近DLして毎夜ごとに聴いているすこぶるお気に入りのアルバムの曲を聴きながら見ていただければ幸いだ。


                   837-00.jpg

                            『Chiaroscuro』 Ralph Towner

 12弦ギターの奏者Ralph Townerがイタリア人トランペッターPAOLO FRESUと組んで創り上げたこのアルバム・・・素晴らしい! 静かになった夜中に聴いていると・・・心を静めてくれる。。。 アコースティックギターとソフトなトランペットの音の絡み・・・実にクールなのだが、なんだか心温めてもくれて。。。 このアルバム・・・夜明けに好きな女(ひと)と肩寄せ合いながら明けていく日の出前の空でも眺めて聴いていたら・・・涙腺緩んでしまうかもしれない。。。 実際にそんなシュチュエーションで聴く機会・・・ぜひ持とうと思う。 そう思わせてしまうほど・・・とにかく素敵なアルバムだ。 オープニングの 「Wistful Thinking」を。。。


        


               837-2.jpg


  “今年はもういいかな” そうも思っていた本光寺の紫陽花なのだが・・・無我の境地とはいかないまでも、思いっきり写真を撮ることに没頭して気分転換したい心境になったので急遽・・・本当に急遽、本光寺に車を走らせた。
 もう何度も撮っている山門にに向って登っていく石畳の参道・・・やはり撮ってしまう。 


               837-3.jpg


               837-4.jpg


 石畳の坂道となっている参道をゆっくり登っていきながらも・・・撮る。。。撮る。。。撮る。。。 しかし、あとで撮った写真を見てみると・・・この時点では “いいなぁ。。。” と思える写真が実に少ない。 撮りながらも・・・まだ考え事をしていたからだろうね。。。


               837-5.jpg


 だが、山門をくぐり境内に入って・・・今年もこのお寺の境内で咲いている様々な種の紫陽花を撮っているうちに・・・次第に撮ることに没頭してもいけた。。。 お寺という場所の落ち着いた雰囲気も気持ちを落ち着けるのには良い効果があることは間違いない。。。


               837-6.jpg


 まるで身体ごと紫陽花に覆われるような感覚になる通路を歩く。。。 気温も上がりとても暑い日だったが・・・この通路を通り抜けていく風はとても心地良かった。


               837-7.jpg


               837-8.jpg


 様々な人がこのお寺の紫陽花を観に来ていた。。。
 その中で・・・お歳を召したご夫婦が木陰のベンチに腰掛けて一休みしていた。 奥さんが脇に置いたバッグからお茶のペットボトルを出してキャップをとっておもむろにお茶を飲もうかという瞬間・・・奥さんの動きが止った。 そのペットボトルを横に座る旦那さんの前に差し出して “飲む?” と・・・たぶんそう聞いたのだと思う。 旦那さんはペットボトルを受け取ってお茶を飲む・・・顎を上向けてお茶を飲む旦那さんの横顔を見上げる奥さん。。。 ほんの一瞬の出来事だったのだが・・・なんとなく心和む光景だった。。。


     837-9.jpg


               837-9-01.jpg


 また・・・こんな光景も。。。 
 タオルを首に掛けて汗を拭いながら熱心に写真を撮る私より若干若いかなと思われる男性がいた。 その男性の後ろには、奥さんと思われる女性が。。。 その女性、三脚を担いでいる。 きっと旦那さんがこうして撮影に夢中になっているときには、奥さんは三脚持ちとして助手を務めるんだろうね。。。 その奥さん・・・旦那さんの後ろにピッタリくっついて、中腰になってシャッターを切る旦那さんの頭越しに、あるいは首を左右に振りながら肩越しに旦那さんが撮っている紫陽花を、そのアングルを確かめようと爪先立ちに。。。 いい光景だな・・・そう思った。 実際には撮っているのは旦那さんなのだが・・・奥さんも “どんな写真を撮ろうとしてるの?” と、旦那さんの狙っているアングルに興味津々の様子で・・・。 こういうのも、ちゃんと 「一緒に過ごす時間」 になっているんだと思う。。。


     837-9-02.jpg


     837-9-03.jpg


 また・・・こんなご夫婦もいた。。。
 旦那さんは一眼レフで紫陽花を右上方から狙う・・・奥さんは小型の一眼レフかコンデジで同じ紫陽花を左上方から狙う・・・撮ってはお互いに撮った写真をモニターで見せ合っては何事か話し合う。 そして、左右の位置を変えてまた同じ紫陽花を撮る。。。 撮ったらまた見せ合い、話し合い・・・。 これも・・・なかなかいい感じの光景だな~と思われた。

 いや、これらの光景・・・勝手に夫婦と決め付けたが・・・ひょっとしてご夫婦ではないのかもしれない。。。 ということだってあり得る。(笑) だが、それがどうした? 男と女の光景として ちょっといい光景 であることに違いはない・・・と、私は思う。(笑)


     837-9-04.jpg


               837-9-05.jpg


     837-9-06.jpg


 お寺の静かな雰囲気の中に身を置き、紫陽花を撮りながら・・・このお寺の紫陽花を愛でにやってきた人達も眺めながら・・・なんとなく少しは気持ちがなだらかさを取り戻して来ているようには感じられた。。。


               837-9-38.jpg


     837-9-39.jpg


               837-9-40.jpg


 本当にたくさん撮った。 あまり考えずに、構えたらすぐに撮る・・・みたいに撮った。 今回記事では お寺に咲く紫陽花 という雰囲気が感じられるような写真をピックアップしたが・・・後半の次回記事では紫陽花の花そのものにこだわって撮った写真をご紹介できたらと思っている。 飽かずにおつき合いいただければ幸いかな。。。


     837-9-41.jpg


               837-9-42.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 音楽 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<本光寺の紫陽花(後編) | メイン | 小さな夏の使者>>
コメント
- 正統派な紫陽花の光景 -

・・・そんな感じがしました。
赤から紫、紫から青にと、当たり前の流れのようなグラデーションを見せる紫陽花たち・・・紫も薄い水色も素敵なんですけど、やっぱり私は中段あたりの南のきれいな海の色を思わせるような濃い青の紫陽花が好き!

もうこれは好みなので、紫陽花の良し悪しではなく、どうしても惹き寄せられてしまうようなもので・・・こればっかりは、どうしようもないですよねー。
2010/07/05 00:05  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

おぉ。。。
正統派な紫陽花の光景とは・・・。この際はきわめて素直にお褒めのお言葉と受け取っておきまする。(笑)

真っ青な紫陽花・・・いいですよね。
額紫陽花の真っ青な綺麗な紫陽花・・・昨日も見てきましたよ!(⌒_⌒)
2010/07/06 00:05  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/977-18cb1291
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。