2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
せせらぎ沿いの紫陽花
- 2010/06/10(Thu) -
                          (Please click this photograph)
                 829-1.jpg

                   水の流れ・・・水面を跳ねる陽光・・・そして、紫陽花
             829-2.jpg


 今日夕刻迫る頃・・・せせらぎ流れる公園を撮り歩き。。。 このせせらぎは用水から田んぼに水を引き込む季節に流される。 だからこれからの季節、しばらくは流れる水音を聴きながら歩けるという快適な散歩道となる。。。

 しばらく歩いた後、電話をするという約束があったので一旦車へと戻った。 ついつい話し込んでしまい・・・電話を終えた頃にはすっかり日暮れ時となっていた。

 たまたま撮り歩きをしようとこの公園に来ていたこと。 そして、話しが弾んで電話での会話が思わぬ長い電話になったこと。 この二つの要因が重なって・・・実は、思いもしていなかっただけに・・・とても感動する光景にこの後出くわすことになった。。。 それは感動の光景とは・・・? それは記事の後半で!(笑)


             829-3.jpg


 このせせらぎ沿いの紫陽花・・・以前にも撮ったことがある。 背丈の高い木の木陰で咲く額紫陽花・・・たまたま木漏れ陽のスポットライトに照らし出された花弁だけが明るく輝く。。。 それも紫陽花の木の上の枝が風で揺れるに連れて・・・木漏れ陽のスポットライトは、まるで気紛れかと思われるほどに紫陽花の花の上をユラユラと行きつ戻りつする。。。 たまたま花弁が気紛れな木漏れ陽スポットライトに照らし出された瞬間を狙ってシャッターを押そうと思うのだが・・・それがなかなかそう狙い通りにはいかない。。。 なにしろ・・・陽光、風に揺れる葉の動きという自然が生み出す一瞬を撮ろうというのだから。。。 でも、そうだからこそどんな写真になるのか面白くもあるんだけどね。 まして・・・脇を流れるせせらぎの水音をBGMにそんな時を過ごせるのだから・・・日常のあれやこれやは忘れてしばし自分の時間に没頭も出来ようというものだ。


     829-4.jpg


 電話で話しながら実は自らの心の内にはあったのだろうが・・・言葉として発するまでにはまとまっていなかった考えを口にすることが出来た。 そういう意味ではとても内容のある会話だったと話し終えて感じていた。

 そして、すでに暗くなり始めていたので・・・もう撮る事は出来ないが・・・歩くには慣れ親しんだ公園だから、ひと汗流すウォーキングをしようと歩き出した。。。
 この公園、午後8時を過ぎると “公園内の照明を消させていただきます” というアナウンスと共に、園内の照明が消される。 歩き慣れている公園だといっても、それまで点いていた照明が一気に消えて暗くなってしまうと言うのは・・・やはりどこか心許ない気になるものだ。。。 知ってる? 照明が一斉に消えるとカエルも驚くんだよ。 この公園の大きな池には様々なカエルがいて、この時期ともなれば 夜のカエル合唱団 として勢い良くその鳴き声を披露してくれているんだけど・・・アナウンスと共に照明が一斉に消えると・・・カエル合唱団も一瞬 ピタッ! と鳴き止むのね。。。 カエルがビックリして鳴き止むくらいだから・・・やはり私とて少しは心寂しい気持ちにもなろうというものだ。

 だが・・・照明が消えるその時間に至っても歩いていたこと。。。 それが、大きな驚きにつながった。。。


             829-5.jpg


 この紫陽花の写真を撮った脇を流れるせせらぎ・・・もう少し下流に行くと水路の幅が広くなり傾斜もゆるやかになって・・・水の流れが穏やかになっていく。。。 その途上に散歩道とせせらぎが交差する部分があり、散歩道は小さな橋を渡って続いている。
 
 照明が消えて辺りが暗くなってから・・・その散歩道の橋に差し掛かった。。。 すると・・・何かが目の前を横切った。。。 “何?何だ?” と思って思わず立ち止まって目を凝らせば・・・歩く私の目の前を横切ったのは・・・小さな光る者。。。 それも柔らかに点滅しながら・・・。 なんと、蛍だ! そう思って、橋の脇に身を寄せ、川の中を凝視すれば・・・そこかしこで小さな淡い光が点滅している。。。 驚いた。。。 まさかこの公園で蛍を見ることが出来るなんて思いも寄らなかったから。。。 その小さく淡い光からするとおそらくヘイケボタルだと思われる。。。 せせらぎ沿いの葉の上で、陰で光っているかと思えば・・・時折 ユラ~リ と光ながら宙を舞う。。。 他に誰一人いない。。。 見ているのは私一人だ。。。 しばらく見惚れてしまった。
 ふと我に返り、歩き出すには歩き出したのだが・・・思わぬ蛍との出会いに心奪われてしまったらしく・・・どうにも蛍が気になり・・・その橋を中心に右へ左へと行っては返し、橋の上で蛍を眺め、また歩きと・・・そんな夜歩きになってしまった。(笑)

 たまたまこの公園に立ち寄ったこと、たまたま話しが弾んで長電話になって歩き出すのが遅くなったこと・・・そんなたまたまが重なって・・・小さな蛍の光る幻想的な光景を独り占めで眺めることが出来た。。。 思いもしない出会いに感動した宵となった。。。 そんなたまたまの重なり合いが思わぬ蛍との出会いにつながるなんて・・・やっぱり、私・・・普段の行いが良いのだろう・・・誰も言ってくれなくても自分でそう思うことにしよう。。。(笑)


             829-6.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<水無月の花々 | メイン | 今度は紫にこだわって・・・>>
コメント
- ホタル流星群? -

この紫陽花、縁がうっすらピンク色を帯びていて・・・いかにもSeionさんのお好みっぽそうな雰囲気ですが~?

ホタルの命もセミのように儚いとか。
セミは生きている間は、今だとばかりに鳴いていますが、ホタルは静かに光を放つだけで。。。

Seionさんは、さぞや品行方正なんでしょう! ←一応、言ってみましたが・・・プププ。。。って、ここは笑うところじゃない? それはそれは、大変失礼致しました~。
2010/06/25 00:41  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

そうなんですよねー!
こういう薄っすらピンクを帯びた花弁には心惹かれますね!(^^)

いやいや・・・蛍は光を放つだけだからいいんですよ!
音もなく静かにフワ~ンと飛び交う姿・・・いいじゃないですか!
鳴いていたり羽音が聞えていたら興醒めせすよぉー!(笑)
2010/06/25 21:59  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/969-517cff53
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。