2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
順調な育ち
- 2010/05/31(Mon) -
                          (Please click this photograph)
                 821-1.jpg

                            田・・・育つ稲・映り込む空
日曜日、GWに田植えした稲がどれほど育っているかを見に行きながらの里山を歩かんと欲し出かけた。


 まずはコーヒーが美味しいカフェに立ち寄った。 運良くこの日はカウンター席が空いており、カウンター席に陣取ってご夫婦で営まれるこのお店の飲み物を主に担当していらっしゃる奥さんが淹れるコーヒーのドリップ技術を間近で見てみようと。。。 実は、機会があればカウンター席でいろいろ聞いてみたいと目論んでいたんだ。


                821-2.jpg


 私はアイスコーヒーに焼きたてほくほくのスコーンを、同行者はコーヒー&パンナコッタをお願いし・・・早速、カウンターの中の奥さんにコーヒーの淹れ方を教えてもらう。 やはり美味しいコーヒーを飲むには、豆の挽き方からも根気が要るのである。。。(汗)
 面白かったのはホットコーヒーとは違ったアイスコーヒー用の豆のブレンドやドリップの仕方にも工夫をしているという話し。 ただ同じコーヒーに氷を入れるのとはわけが違うという細かなこだわりもいい感じだ。
 このお店は・・・妊娠している女性にはカフェィン抜きのコーヒーをお奨めするよう心がけているそうだ。 で、一体どうやってカフェインを抜くのかも教えてもらった。 コーヒー豆からカフェインを抜くには大きく分けて三つの方法がある。 薬剤を使う方法。 水に浸す方法。 前者は薬品に対する危惧があり、日本で多く用いられているという後者はカフェインと一緒にコーヒーのうまみ成分も水に溶け出してしまい、味が落ちるとも言われているらしい。 そこでこの店ではドイツで発明された超臨界二酸化炭素抽出法という方法でカフェインを抜いた豆を使っているとのこと。 コーヒー豆の産地からドイツに送られてカフェインを抜いたコーヒー豆を仕入れているってわけだ。 欧米に比べると日本ではカフェイン抜きのコーヒーを好む人はまだ少ないが・・・確かに妊婦さんとかへの影響を考えれば、こうした細やかな心遣いのあるカフェは好ましく感じる。 個人的には・・・私は就寝直前にコーヒーを飲んでもほとんどカフェインの影響もなく眠れてしまうので・・・カフェイン抜きのコーヒーを注文することはなかろうと思うが・・・。

 それにしても・・・相変わらずこのお店を営むご夫婦はラブリーだ。 マスターであるご主人が作ったと思われる手作り感あるメニューの書き込みに・・・ご自分のことは 「master」 と記し、奥さんのことは 「○っちゃん」 と・・・「ちゃん」付けで記してあり。。。 仲良き事は良き事哉! その仲の良さもお店の雰囲気と味に投影されていることは間違いなさそうだ。 くれぐれも・・・お味が甘くなり過ぎないよーにお願い致したくー(笑)


 さて・・・カウンター席でコーヒーに関する様々な話しを ○っちゃん に教えてもらったりして思わぬ長居をてしまったが・・・お店を出た後は予定通り自分たちが植えた稲の育ち具合を確かめながらの里山歩きへと向う。


             821-3.jpg


 自分が実際に田んぼの泥の中に足を踏み入れて植えた稲の苗・・・植えたときには風に飛ばされてしまうのではないかと思うほどに貧弱な感じがしたものだが・・・その田んぼに行ってみて少なからず驚いた。。。 吹く風になびく稲は1ヶ月足らずの間にずいぶんと生育し、あの小さな苗の面影はすっかりなくなっていた。 田んぼの泥にしっかり根を張って育つ命の逞しさを感じたりした。 それが自分が植えた稲だと思えば・・・なかなかに感慨深かったりするものだ。


             821-4.jpg


 自分が植えた稲がどんな風に育っていくか・・・また見にこようと思う。 きっと私お手植えの稲はたくさんお米を実らせるぞぉ。。。 と、信じている。(笑)


             821-5.jpg


 自分たちが植えた稲の育ち具合を腕組みして眺める男の影! って、写真とっている影なのだが・・・なんだかそんな風に見えない?(笑) しかし・・・どう撮ってもヘルさんが撮ったように 足長さん にならないのは何故だ?(いや、実は理由は明確なのであるが・・・汗)


 稲の生育順調!よろしい! と、納得した後は里山歩きを。。。 すると・・・地面に幾つもの白い花が落ちているのに気付いた。 上を見上げれば・・・俯いた姿が小さな白い傘のように咲く花を見つけたよ。


             821-6.jpg


 この花・・・散っていく時にクルクル回りながら散っていく。。。 変な言い方だけど・・・その散り方がとても可愛い感じがした。 


             821-7.jpg


 白い小さな傘のような花の次に目を惹かれたのは・・・藪の中に咲いた赤い花だ。 勢いを増して生い茂る一面の緑の中に・・・まるで夕闇の街にポツリ、ポツリと灯りが灯っていくかのように咲く赤い花。。。 とても目を惹いた。。。


             821-9.jpg


 うぅーーーん。。。 藪に中に分け入ってこの赤い花を間近に観撮りしたいぃぃぃー! 誘惑に駆られる。。。 だが、草の下の地面はジメジメとした沼のようだし・・・すぐ近くにある 「マムシに注意!」 というマムシがとぐろを巻いた写真が印刷された看板が俄然存在感増して来るように視界に入ってくるし・・・。 花に近寄ってみたいという気持ち ウズウズ でしばらく藪の周辺を ウロウロジタバタ したが・・・やはり断念。。。 君子でなくても近寄らない方が良い藪に思えた。


     821-91.jpg


 人が踏み込むのを躊躇するジメジメ藪に咲く赤い花・・・濃さを増す緑を背景にとても印象的な佇まいだった。


 やがて・・・水辺に出た。。。 そこでも様々な花が目を楽しませてくれた。


             821-92.jpg


             821-93.jpg


             821-94.jpg


 アザミの花を撮るときには、あまりに近づき過ぎないようにご注意あれ! 葉の棘は結構痛い。。。 経験者は語る。。。


             821-8.jpg


 水の中には自然が作った寄せ植えが・・・。 こんな小さなスペースでも芽を出し育っていこうという命の逞しさ。。。 何気ない自然の姿に・・・思わず教えられるような気持になることもあったりする。。。

 自分たちが植えた稲の成長をこの目で確かめ・・・ゆるゆるとお気に入りの里山を歩いた日曜の夕刻散策となった。。。


             821-99.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<元気をもらえる黄色い花 | メイン | 紅色美人・黄色美人>>
コメント
- 影・・・ -

男の影・・・怖いお兄さんみたい。。。(汗)
2010/06/01 08:31  | URL | すみれ #-[ 編集] |  ▲ top

- すみれさんへ -

怖いお兄さって・・・(汗)

私自身は星一徹の影かとおもいましたが~(笑)
2010/06/01 12:00  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/960-23f4912e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。