2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
白い手裏剣?
- 2010/05/28(Fri) -
                          (Please click this photograph)
                 818-1.jpg

                                 ヤマボウシ
     818-2.jpg


 今、そこかしこでヤマボウシの花が咲いている。 ヤマボウシは同じミズキ科のハナミズキとよく似てはいるが・・・ハナミズキが掌を天に向けて広げているように見えるのに対し・・・ヤマボウシは白い総苞を平たく開く。 その姿が白い手裏剣のように見えてしまうのは・・・私だけだろうか?(笑)

 この記事の写真は昨日撮ったものだ。 今日は夕方まで仕事にかまけて・・・いや、しっかり仕事をしていたので撮り歩きする時間の余裕もなく、また午後からは次第に雲が空を覆い始めてきていたので・・・本日の撮影は断念。。。 その代わりに仕事が終わってからはみっちり歩いた。 ポケットに入れてい万歩計によれば・・・連続歩行72分で8294歩はそう悪いペースではないと思う。


     818-3.jpg


 「話せばわかる」・・・そう言ったのは、五・一五事件で青年将校に暗殺された犬養毅首相が自らに銃を向けた青年将校を制止しようとして言った言葉だ。 その言葉は聞き入られることなく犬養首相は銃弾に倒れた。
 まぁ、私が銃口を向けられて 「話せばわかる」 と銃を持つ相手を制止するような場面はおそらく生涯ないだろうが・・・それでも最近 「話せばわかる」 ということをしみじみと感じる場面が結構あったりする。
 養老孟司さんは著書の 『バカの壁』 で 「話せばわかるなんて大うそ!」 と述べておられるが・・・確かに相手が誰であろうが話せばわかると思ったら・・・やはりそれには無理があろうかと思われる。 中にはどんなに論じても意見の合わない人、どんなに意を尽くして語りかけようとも意が伝わらない人、あるいはそういう間柄の人達があるということは否めないよね。
 だが、大概の人間関係においては互いが胸襟を開いて話し合えば・・・なんらかの結論やたとえ意見は違えどもそれはそれなりの妥協点は見出せるのではなかろうかと思う。
 最ももったいないのは・・・そもそも話し合いをすればちゃんと問題の解決点や解決のための糸口を見出せる者同士がちょっとした感情の行き違いから、きっちり話しもせずに右と左へ歩む道の袂を分かつことだ。 後にその時の事を話し合ったりすれば・・・双方の認識が違ったり、互いの着目点が行き違ったりしていることがわかり・・・そのボタンの掛け違いを修正したうえでじっくり話し合えば理解し合えるに至るということも往々にしてあったりするし、私自身も近頃そんなことを身を持って経験したりしている。
 決起した青年将校は犬養首相の言を聞くことなく引鉄を引いたが・・・もし青年将校たちが “承ろう” と犬養首相の言葉を聞いていたらどうであったか? 『竜馬がゆく』 で場合によっては勝海舟を斬ることもあるやもと思いつつ勝と会い、その勝の語ることにいきなり心酔した竜馬がその場で勝に弟子入り志願した・・・というような劇的なことは起こらないとはしても・・・自国の首相の命を奪うという事態はあるいは回避できたやもしれない。。。
 そう思えば・・・やはり意を尽くして話すこと、相手の言に耳を傾けようという気持ちで・・・「話し合うこと」 はとても大切なことだと繰り返し自らに言い聞かさねばならないことだ。。。 と、あらためて最近そんな意を強くしている。 話しも聞いてもらえず銃弾を体に撃ち込まれるような事態にならにように。。。(笑)

 とまぁ・・・今夕はそんなこともつらつら&しみじみ思いながらのウォーキングだった。 歩きながら考えること・・・よく山や森の一人歩きでもそういうことがあったりするが・・・ちょっと気合を入れて1時間以上歩いてみようって時などは・・・放置したままにすれば次第にとっちらかっていく心の中の考えや思いを整理するにも良い時間のように思える。 言ってみれば、体を動かすウォーキングに要する時間を活用した 「心のデフラグ」 といったところか・・・?


             818-4.jpg


 さて・・・ヤマボウシだ。 一見すれば花とも思えてしまう白い総苞・・・よーく見てみれば薄っすらと薄紅色の縁取りや細かい斑点があったりする。。。 それに気付くと・・・俄然艶っぽさを感じたりもする。


             818-5.jpg


 どこがどうとなかなか説明しがたいが・・・ハナミズキに比べると・・・このヤマボウシは和な雰囲気を感じさせるような気がしてならないのだが・・・そう思いません?


             818-6.jpg


 ハナミズキが好きな人なら・・・きっとこのヤマボウシも好きになると思う。 ハナミズキファンな方は、今そこかしこで咲いているヤマボウシをじっくり見て・・・薄紅色の縁取りと小さな斑点を眺め見てみませんか?

 それにしても・・・同じ系統の花なのにハナミズキの「花水木」という漢字表記に対して、ヤマボウシに一般的によく使われる「山法師」という漢字表記は・・・あまりに可愛げも艶もなさ過ぎでは・・・私なんかはそう思うのだが。。。 そう思わない?


     818-7.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<竹林のオキザリス | メイン | 小さなリボンのような花>>
コメント
- -

「心のデフラグ」(*′▽`d) ЙICЁ☆!!

脳に適度な酸欠状態を作る事で
なんだか 日頃のイライラやクヨクヨを
忘却できているような気がします^^

デフラグで空いたスペースがある人は
「話せばわかる」人なんじゃないかなぁって思います^^
2010/05/31 00:21  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

おっ!
「心のデフラグ」・・・なっちさん♪に褒められた!(喜)

ウォーキングでも気合入れてある程度の距離歩けば・・・いい有酸素運動になりますからね。
歩いた後の爽快感は・・・頑張ったご褒美かと。

そうですね。(●^o^●)
「心のデフラグ」が出来ずに心の中がとっちらかっちゃっていると・・・なかなか話してもわかってもらえないかもしれないですね。。。
2010/05/31 11:34  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 和紙っぽいから? -

手裏剣? それも和と言えば、和ですよねー。
それにしても 「手裏剣」 なんて、言葉の存在すらすっかり忘れていたというか・・・恐らくここ20年くらい、私の中では使われていない言葉ではなかったかと~。 ちょっとした 記憶の呼び覚まし になって、脳へのいい刺激になりました・・・って、大げさ???

ところで 「PCのデフラグ」 をしたら最適化どころか、それがかえってPCに負荷をかけることになってしまったようで、PCが壊れてしまったのは私の話しですが・・・Seionさんにとって 「心のデフラグ」 をしながらのウォーキングは、からだへの心地よい負荷になったようで! GOOD JOB!??? 
2010/06/08 23:07  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

ははは。。。
手裏剣・・・そんなに珍しいですか?
私は、ご幼少の頃「赤影参上!」とか言って遊んでいた頃から・・・ずっと持ち続けている言葉ですが・・・(汗)

はいな!
体に良い有酸素運動は・・・無理して続けない限りは心にも良いはずだと思ってます。(⌒_⌒)
2010/06/09 23:45  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/957-addff4d4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。