2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
友人夫妻と花見散策
- 2010/04/12(Mon) -
                       (Please click this photograph)
                     773-1.jpg


                          散る桜・・・一片の花弁
               773-2.jpg


 日曜日・・・突然初夏を思わせるような陽気となった。 そんな日、友人夫婦と お茶でもしようよ という話しがまとまった。 
 というのも・・・その友人は - 2010/03/22(Mon) - 「祭り」  という記事に記した祭りで山車の進行を差配していた男で・・・彼の勇姿と彼が差配した山車を撮った写真を渡したいからと電話したことでそういう話しになったってわけだ。

 待ち合わせして どこかでコーヒーでも と話しているときにふと思いついた。。。 その待ち合わせ場所の近くに工業地帯の緩衝緑地の中に桜並木がある小道があることを。。。 友人夫妻にそのことを言ってみれば、今年は二人ともまだゆっくり桜を見ていないということで・・・その小道を歩いてみることとなった。


               773-3.jpg


 幸いなことにその桜並木の小道の桜もまだまだ花見気分に浸らせてくれるには十分なほどに桜の花弁が残っており・・・誰もいない桜並木の小道を友人夫妻と私と同行者の四人で話しながらでゆるゆると歩いた。


     773-4.jpg


 「祭り」の記事にも記したが・・・この夫婦は本当に仲がいい。 だから・・・一緒に行動するときも彼らのことを気にせずに自分たちは自分たちのしたいように動いていても・・・彼ら夫婦は二人で話したりしていてくれるから・・・他のご夫婦やカップルさんと行動を共にする時にしばしば感ぜざるを得ない 気疲れ というものがまったくない。

 この日もそうだった。 彼ら夫婦は “あそこ桜が綺麗だよ” とか “この桜はちょっと変わってる” とか・・・夫婦で右や左を指差しては見上げ・・・足取り軽やかに二人で前を歩いて行く。 その後を同行者が歩き、写真を撮りながら歩いて行く私は歩が遅れがちになり堂々の殿を務めることになる。。。


                  773-8.jpg


 先を歩く友人夫妻は二人で花見を楽しんでいるかのように前を歩いていく・・・そんな時、私は同行者を呼び止めて写真を撮ったりしながら歩いて行く。 これもそんな中の一枚だが・・・ね!同行者後方の友人夫妻・・・いかにも足取りが軽やかそうでしょ? 

 彼らはお互いを “○○ちゃん” と呼び合っている。 三人の子供の父であり母である彼ら・・・家では パパ、ママ なのか お父さん、お母さん なのか・・・そうやって呼び合っているのかもしれないが・・・こうして二人だけで私たちと会ったりするときはお互いを ○○ちゃん と呼び合っている。 それが私にはとても好ましい。 私には結婚経験はあるが親になった経験は無い。 だが、かなり以前から思っていたことなのであるが・・・子供が出来ると夫婦はいつの間にか パパ・ママ とか お父さん・お母さん と互いに呼び合うようになることが多く・・・実はそれが不思議だったりした。 子供を持っても互いの名前や愛称で呼び合える夫婦っていいな・・・と、そう思っていた。 まさにこの友人夫婦はそういう夫婦でもある。


     773-5.jpg


 この友人夫婦・・・結婚して以来ずっと今のように夫婦漫才でもやれそうな楽しい関係だったわけでもない。 数年前のある事をキッカケとして・・・主に夫である友人が一念発起して夫婦関係の再構築にとりかかり・・・そしていまや 「夫婦の恋愛第二章」 と呼んでもよいような仲睦ましい夫婦になってきている。 そのキッカケとなった事柄が何かは私は知らない。 表向きはそういうことになっているのだが・・・実は夫である友人にある程度は聞いていて大まかには知ってはいるのだが・・・それはまた別のお話しだ。(笑)


     773-6.jpg


 いつもそうなのだが・・・彼ら夫婦と話していると・・・とにかくたくさん笑わせてもらえる。 二人の丁々発止のやりとりがとて面白くて。。。
 実は、会って早々に奥さんが朝焼いたパンを “美味しくないと思うけど・・・食べてみて” と同行者に手渡してくれた。。。 私たちが “ありがとう” と言う前に・・・旦那である友人が “中はドロドロかもしれないですからね~” と。。。 すかさず奥さんは彼の背中に パシッ と張り手!(笑) この夫婦、そんなやり取りが多くて・・・見て聞いて・・・飽きない。(笑) しかし・・・中がドロドロのパンってどんなパンなん? そう思って移動中の車の中で同行者がいただいたパンを少しずつ千切っては二人で摘み食い。。。 いや、千切り食い・・・?(笑) どうしてどうして・・・もっちり感も、ほんのり感じられるミルク味も美味しいパンだった!

 桜並木の小道をゆっくり歩き・・・その後お茶しながら爆笑会話を楽しみ・・・夕刻まで友人夫婦と楽しい時間を共有した。



 友人夫婦と別れた後・・・夕食は約二ヶ月ぶりに例(私のブログではすでにお馴染みのことと思う)の職人気質の大将の営む和食のお店に。。。 暖簾をくぐればカウンターの中から “いらっしゃい” という声と共に “おっ、来たな” とでも言うような大将の目線のお出迎え。。。
 お願いした定食と共にそっと運ばれてきた “大将からです” の一品は・・・蛍烏賊沖漬け。 これが・・・美味い! 
 いつもながら “やっぱりここは美味い” を何度も連発して店を出る時に・・・カウンターの中の大将に “いかんですよ。蛍烏賊、美味過ぎて日本酒が欲しくなっちゃったですよ~!美味しかったです!” と声を掛ければ “だろう?” とでも言うように大将 ニヤリ と。。。 その笑顔は、やはり職人気質らしく・・・客のこういう言葉を 実は楽しみにしているんだぜぃッ って感じの笑顔で。


 この日曜日・・・今年初めてエアコンで車内を冷やした。 命が長かった今年の桜もやがて散ろうとしてゆく頃・・・季節はすでに初夏を思わせるような日もあるような頃となってきた。。。 私は十分に美味しい牡蠣フライだと思ったのだが・・・大将の言った “もう牡蠣は身がちょっとね・・・” という一言にもそんな季節感を感じたりした日曜となった。。。


               773-7.jpg


 まだ生まれて間もないか・・・小さな蜘蛛が作った蜘蛛の巣に散りゆく桜の花弁がとらえられいた。。。 小さな蜘蛛は自分の体より大きな一片の桜の花弁を 花見のための虜 としたか・・・。


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<桜道 | メイン | 乾坤院の桜>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/13 21:59  | | #[ 編集] |  ▲ top

- 鍵コメさんへ -

安心しましたよ!(^^)v
更新、楽しみにお待ちしてますからね!

デジブックも見ていただいたんですね!
嬉しいです。(⌒_⌒)
そうなんですよね。。。 今回でジブック作ってみて私も思いました。 今度デジブックを作るときは横画像オンリーでいこうと思っています。

2010/04/13 23:01  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- あっという間で… -

こんばんは(*^_^*)久々のコメントです~もうどこを見ても葉桜ですね…なんか寂しくなります。来年…いや私には再来年の桜が楽しみです。夫婦漫才…ひと昔前に言われた記憶が…夫婦っていろんな苦難を乗り越えてより絆を作っていくんですよね(^O^)その苦難を乗り越えられないと…ね。うちはまあ…乗り越えたくちかな(^_^;)ずっと仲良く花見をしていける夫婦でありたいですね~
2010/04/14 22:03  | URL | やっちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

- やっちゃんへ -

そうですねー 桜の花が散って葉桜が多くなりましたね~!
でも・・・来年また会える!
そして、やっちゃんは再来年の桜を特別な想いで眺めることでしょうね!(^^)

縁あって夫婦になったんだし・・・夫婦で過ごす時間も有限なのは事実ですから。。。
だったら・・・良い夫婦関係を構築して、いい時間を共有しないとね!!!
2010/04/14 23:23  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/910-4d65b2cc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。