2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
風に耐える桜
- 2010/03/29(Mon) -
                         (Please click this photograph)
                 759-1.jpg

                                  今夕の桜
             759-3.jpg


 今夕・・・強い風に吹かれながらもその風に耐える桜の花を見た。 風に吹かれて左へ右へ揺すられながらも風に耐えていた。 時折吹く突風のような風に今にも飛ばされてしまうのではないか・・・。 そんな風に心配にもなるような可憐な桜の花。。。
 が・・・桜の花は飛ばされまいと耐えに耐えて風になど散らされない。。。 今じゃない。。。散るのは今じゃない。。。 桜は自ずと散り際を心得ており・・・その時が来れば、風など無くても チラチラ・・・ と散り行くと。。。 だが、その時まではたとえ強い風に吹かれようとも桜の花は咲き続ける。。。


             759-2.jpg


 録画しておいた渡辺謙・夏川結衣主演のドラマ 『遠回りの雨』 を観た。 さすがに山田太一さんの脚本で・・・台詞にも独特のタメがあって・・・なかなかの大人のドラマになっていたと思う。
 20年ぶりにかつてつき合っていた時にデートで訪れた地、鎌倉を歩く二人。。。 肩を並べて大仏のお顔を眺め見る。。。 やがて・・・極楽寺駅ホームで身を寄せ合う二人・・・だが、それぞれの家庭がある方向へと反対方向への電車に乗る時間が迫る。 桜(夏川結衣)が草平(渡辺謙)に言う。。。 「今だけ・・・今だけ恋に落ちよう」 と。 もうすぐ電車がやってくるというのに・・・なんて切ない言葉だろう。。。 ホームで電車を待つ人々の目も気にせずにホームで抱擁し合う二人。。。 やがて電車がホームに入り、桜は草平から体を離して小走りに電車に乗り込む・・・。 そこで草平の感情がほとばしり・・・「行くな!桜!行くな!」 と叫ぶ・・・。 桜を乗せた電車が走り始め・・・ホーム上をその電車を追いかけて草平は走り出す。 電車の中の桜とホームを走る草平の目と目は合ったまま・・・。 しかし、電車のレールと平行に走るホームはやがて途切れ・・・草平の足は止る。 桜を乗せた電車は桜を彼女の家庭へと運んでいく。。。 
 そう、レールとホームは平行に走ってはいるが・・・やがてホームには終わりが来る。 ずっと並走はしていない。。。 が、そのホームの端で全てが終わるかといえば・・・そうではない・・・と思う。 人の気持ちはそんなにに簡単に割り切れるものではないと思う。 草平と桜・・・ひょっとすればもう生涯会う事はないのかもしれない。。。 それでも心のどこかにそれぞれ相手のことを想う気持ちはずっと持ち続けていくんではないか・・・そう思わせてくれるラストだった。。。 余韻が残るいいドラマだったと思う。
 それにしても近年の渡辺謙さんは・・・映像的に雰囲気というか・・・存在感がますます増しているように思えた。


             759-4.jpg


 まだ散るときではない桜の花・・・可憐ながら 「咲き切る」 という強さを・・・強い風に耐えているその姿に感じた。 汝、散り急ぐことなかれ・・・「今」 ではない 「その時」 まで・・・精一杯花盛りとばかりに咲き誇れ。。。 


             759-5.jpg


 次第にほんのりと茜に染まっていく桜を眺めていて・・・Seion、誘惑に負けた。。。 梅を切っても馬鹿にはならないようだが・・・桜は。。。(汗) 小枝を切って桜の花を家にご招待。。。 どうぞ・・・お目こぼしを。。。(願) というわけで・・・今夜は独りきりの花見を致します。。。 日本酒を飲みながら、眠るまでの間のしばしのお花見。。。 どなたか参加されますか? お好みのお酒と酒肴を持参なさって・・・Seionと共に深夜のお花見・・・いかがでしょうか?


     759-7.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<残り香で男を惑わす沈丁花 | メイン | A Short Story ~ 雨の奈良・・・西ノ京、そして山へ>>
コメント
- 見ましたよ~ -

そのドラマ見ました…すごくせつなくなりました(>_<)もし自分なら別々には帰れないかも…時には本能のままに…過去にそんな恋愛をしたかなとふりかえると今が一番なのかもしれません(*^_^*)桜はこちらの地方はまだ5分咲きな感じでこの週末には一番よいかなって思います。私も写真撮ってみようかな…
2010/03/30 22:33  | URL | やっちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

- やっちゃんへ -

ラストはなんとも切ないドラマだったね・・・。
そうだよね。。。
なかなかあんな風に別々の方向には帰れないよね。。。 一緒にいたホームに気持ちが残りそうだよね。。。って、幽体離脱か?(笑)
うん!やっちゃんも桜の写真・・・撮ってみよう!( ̄ー ̄)b
2010/03/30 23:29  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 風に耐えているというより -

・・・陽だまりの中、その陽に透けて、色合いも薄いピンクと背景の光で、かわいらしくのんびりほのぼのしているような感じに見えるような。。。
でも、やはり4枚目などは、強い追い風だったのでしょうねー。

鈍行各駅停車改め、今日はちょっと急行に乗り換えました・・・って、なんのこっちゃかな? ハハハ。
2010/04/06 00:06  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

結構風強い夕方だったんですよ~(汗)
夕方になって光が不足しがちになってくるは・・・
被写体が風で揺れるはで・・・
結構こういう写真を撮るのは苦労します。。。
でも、好きだからこそやっていられるんですけどね~(⌒▽⌒;
2010/04/06 11:16  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/894-55d2c7a7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。