2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
黄色い花・黄色い果実
- 2010/03/16(Tue) -
                        (Please click this photograph)
                    749-1.jpg

                               ミモザの花
     749-2.jpg


 昨晩の春の嵐のような雨が上がり・・・今日は天気が回復した。 夕刻、歩いていると黄色いフワフワのミモザの花に出会った。


             749-3.jpg


 ミモザの花・・・不思議な花だよね。 今日は少し考え事をしながら歩いていた。。。 あることに関連して “私をお花に例えたら何の花?なに色?” という問いかけをされたから。。。 女性を花に例えるのって考えれば考えるほど難しい。。。 花のイメージはそれぞれの花によって個々に固定しやすいように思うが・・・一人の女性を一つの花に例えるなんて実はなかなか出来るもんじゃないように・・・考えれば考えるほどにそう思われてきて・・・。 一人の女性には様々表情があるわけで・・・ある時には野に咲く雛菫のように可憐な雰囲気だったり、その女性がある時には満開の濃いピンク色の芍薬のように妖艶な雰囲気だったり、あるいは、黒百合のように怖ささえ漂わせる(出来ればそのような女性の表情には接したくはないが・・・とはいえ、興味が無いかと言えばそうでもなく・・・その辺、やや複雑なのではあるが・・・)ことだってあるやも知れず。。。 どうも私の如き些少な女性についての経験値しか持たぬ者には・・・一人の女性を花に例えるなど荷が重いようだ。。。(笑)


             749-4.jpg


 そんなことをとりとめもなく考えながら歩いていると・・・友人から電話が入った。 なんでも “美味しい物仕入れてきたからお裾分けするよ” ってことで夕食がてら落ち合う事に。 待ち合わせの店は・・・昼は定食屋的な雰囲気で、夜は小料理屋って感じの店で。。。 実は・・・ずいぶん若い頃に一時期つき合っていたことのある女性がやっているお店だ。 私はその頃、結婚する前で・・・同年の彼女はすでに結婚していた。 彼女は料理旅館の跡取りさんと結婚していたのだが・・・さまざまな理由があり夫婦仲がうまくいっておらず、その時すでに半別居状態で・・・彼女がある飲み屋さんを手伝っているときにそこに知り合った。 偶然にも同級生ということがわかり、これまた偶然にも私が高校時代につき合った女性と彼女は同じ中学で結構仲が良かったという偶然に偶然が重なり・・・“へぇ~あの子はこういう人とつき合っていたんだ~” みたいなことになって急接近。。。 偶然は重なるもので・・・彼女とつき合っている時にたまたま行くようになった和風のバーを、カウンターの中で一人で切り盛りしている男性が彼女の旦那さんだと知ったのはそのバーに行くようになってからしばらく後のこと。。。 その旦那さんは料理旅館を営む父親と喧嘩して一時家を飛び出し、その和風バーの雇われマスターをしていたってわけだ。 彼はいつも和服でカウンターに立ち、たすき掛けをして包丁を振るい、お酒を注いだ。。。 私より少し年上だったが・・・男の私から見てもなかなかシブくていい男で・・・奥さんである彼女が旦那さんの女性関係にも悩まされていたのが頷けるってしみじみ思ったものだ。。。
 やがて彼女とも別れ・・・時は流れ、私は結婚し、やがて離婚した。 私が離婚する少し前から彼女は今の店を始めた。 ちょくちょく飲みに行ったりはしていたのだが・・・私が離婚してから “ちゃんとまともなモノ食べてるの?変なモノ食べるくらいならウチに来なさいよ。それなりのモノ食べさせてあげるから” とまるで姉のような口調で言われたりしたこともあり・・・結構、お昼や晩ご飯を食べに行っていて。。。 いつの間にか私の親しい友人の何人かもその店の常連となっており・・・今ではちょっと話しがある時などの集まり場となっている。
 その彼女・・・家業の料理旅館を継いだ旦那さんとは依然微妙な夫婦関係を続けており・・・たまには彼女がその料理旅館を手伝ったりしながらも自分の店は続けており、その店の2階にある自分の部屋で寝起きしているのかと思えば時には旦那さんの家に行ったりもしているらしい。 一度だけ彼女の店を手伝いに来ていた旦那さんと会ったことがあって・・・彼も私の顔は覚えており、少し昔話しはしたが・・・昔のこととはいえ、目の前の男性の奥さんと私はつき合っていたことがあるわけで、その奥さんはカウンターの中の少し離れた場所で他の客と話しているという状況で話しをする旦那と私を横目でチラリと眺め見る彼女の平然とした佇まいに比べると・・・私は内心穏やかざるものがあった・・・かな。。。 こういう時の女性の肝の座り方はたいしたもんだと・・・感心した。(笑)
 

             749-5.jpg


 そのお店には友人と約束した時間に少し遅れて着いた。 彼は今日静岡に仕事で行っていたようで・・・昨年たまたま立ち寄った八百屋さんで買ってきたという はるみ というデコポンと近い種のミカンのお裾分けをしてくれた。
 その八百屋は三ケ日にあり、昨年たまたま立ち寄って買った はるみ の美味さに感動して・・・来年も来ようと思ってその店の店舗を携帯で撮って写真を保存していたという。 ちょうど一年たって・・・その八百屋の写真で屋号を確認し、ネットで電話番号を調べても・・・出てこない。。。 ならばと三ヶ日町役場に電話して大体の場所を説明して訪ねてもわからず仕舞いという彼曰く 「謎の八百屋」 らしく・・・ほとんど調べることに意地となった彼のとった手段がすごい。。。 ネットでその八百屋のある地域の地図をGoogleで調べ、近くにある電気屋さんに目を止め、その電気屋さんに電話してその謎の八百屋の店構えとかを説明して・・・ようやくその八百屋の電話を調べ上げたとのこと。。。 だから・・・彼の執念の賜物の はるみ なのである。。。 
 その はるみ 。。。 何故だか伊勢神宮の袋に入れて渡された。 だから私はてっきり伊勢神宮方面に行ったお土産だと思い込んでいたので・・・最初彼が三ケ日という地名を言ってもどうも話しが腑に落ちなくて・・・???・・・だった。(笑)
 伊勢神宮には先々週に行ったとのことで、たまたま車内に袋があったので入れただけとのことだが・・・彼は “いいじゃん!お伊勢さんの袋に入れて清められた はるみ になったんだと思いなよ” とのことだった。(笑)
 その店の女将の彼女にも はるみ のお裾分けがあったようで彼女は喜んでいたが・・・どうやら私の分け前からピンハネしたようで・・・彼女の分はそのお伊勢さんの袋の中の 清められたはるみ の一部らしい。(爆)

 そんなわけで・・・ミモザの花~清められたはるみ と・・・黄色で繫がった今夕から宵の時間帯だった。。。


             749-6.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<心地良さ、絶賛!桜の季節によく似合う音! | メイン | 白い日の里山歩き>>
コメント
- 女性の肝の -

座り方うんぬんでSeionさんって優しい方だなと想われます。
でもその優しさで切なくなった女性が何人いらっしゃるのかしら・・・
とかなんとかも想ってしまいましたよー・・・笑
2010/03/21 23:22  | URL | ヘルブラウ #pDmV/urE[ 編集] |  ▲ top

- ヘルブラウさんへ -

いやいや・・・決して自分のことを優しいなどとは思えませぬが・・・(汗)
でも・・・時としてヘルさんのコメントには “ドキッ” とさせていただけて。。。(笑)
私が切なくさせるのではなく・・・私が切なくなりっぱなしでして~(爆)
2010/03/23 00:21  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- せとか -

“せとか” は有名ですよねー・・・高いけど。 「きっと “はるみ” もそんなお高い仲間なんだろうなー」 と思って検索したら・・・ “はるか” というみかんもあるみたいですよ~。 高級三姉妹なのかな?

ミモザといえば・・・カクテル、サラダ。 両方とも好きです。 でも、私・・・ミモザの木はダメーーー。。。 1枚目と2枚目は特にダメ・・・密集が。。。  えーん(> <)
2010/03/23 22:03  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

近年はミカン類の種が増えていますよね~!
はるみ・・・美味しゅうございました(笑)

ははは・・・。
そうでしたねー 待雪さんは密集がお嫌いでしたねー!
失礼つかまつり~!(笑)
2010/03/24 01:28  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/882-c23223d1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。