2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
竹林の中から観た「松竹梅」
- 2010/03/11(Thu) -
                        (Please click this photograph)
                    733-1.jpg

                          竹林の中から見た竹松梅
             733-2.jpg


 今日はいい天気になった。 一日中こんなにいい天気だったのは久しぶりじゃないかな。。。 ってことで、気持ちの良い青空の下を歩いてみた。 
 早咲きの桜が咲き出す季節となったが・・・まだまだ梅も 我が世の春 と言わんばかりに咲いている。 竹林の中を歩いてみれば・・・竹と竹の間から松と共にそんな梅の花が見えていた。


             733-3.jpg


 あらためて花が人の心に及ぼす影響ってすごいなと思う。 梅の花が咲く前は、竹林から眺める光景もなんとなく寒々しく感じたものだが・・・こうして梅の花が咲いているだけで春めいた気持ちになれちゃったりするんだから。。。 古来から人は花の咲く姿に魅せられ・・・花が咲いたといっては喜び、季節を感じてきたわけで・・・花観る人の心を癒しもし、高揚もさせ・・・いやはや花の持つ力は大きいね。


             733-4.jpg


 話しは変わるが・・・今夜「不毛地帯」の最終回を観た。
 約半年の骨太なドラマ。。。 日本のTV界も気合を入れて作れば、半年だって視聴者をちゃんと惹きつけ続けるドラマだって作れるじゃんって感じはしたかな。
 唐沢君も頑張ったと思う。 軍人だったということを意識してか、背筋を伸ばして直立不動って感じの歩き方がロボットみたいなのは終始気にはなったが・・・。(笑) 最終回は大門社長役の原田芳雄さんの演技が光ったかな。。。 全編とは言えないがほぼ観てきたドラマだったので・・・最終回はじっくりと観ていた。


     733-5.jpg


 「不毛地帯」を観ながら以前原作者の山崎豊子さんについて話したことがあったことを思い出した。 山崎さんの著名な原作である「白い巨塔」の舞台となった難波大学のモデルは阪大の医学部だと言われている。 「不毛地帯」で主役の壱岐正が勤務する近畿商事のモデルは伊藤忠商事だと言われている。 映画になった「沈まぬ太陽」の国民航空は言わずと知れた日航がモデルとなっている。 そして、「不毛地帯」や「沈まぬ太陽」ではかなり明確に主役のモデルとなったと思われる人が存在していると言っても差し支えはないだろう。
 ある時、ある人と話している時に・・・そこを捉えて “実際に起こった出来事をノンフィクションとして描くのではなく、小説として成り立つように脚色して描くわけだから、そういう小説って全く何も無いところから自分でストーリーを組み立てていくことを考えると創作という部分ではどうなんだろう。。。俺にも出来そうな気がするけど” と、きわめて軽々しく口にした。 すると相手の口から “じゃぁ、書いてみてよ” と、これまたきわめて軽々しい口調の返事が返ってきた。 そう言われてしまうと・・・その答えには窮する。(笑) そりゃそうだよね。。。 この手の小説は書くことそのものの作業はもちろんではあるが・・・事前調査がとても重要で、中には口の重い関係者に何度も何度も話しを聞いては点を線にしていくというような地道な作業のなんと膨大なことか。。。 等など、諸々の諸事情を思えば “俺にも出来そう” などと言うのは素人の浅はかさ以外何物でもなく。。。 “じゃぁ、書いてみてよ” というストレートな反応で “出来そうな俺” は脆くも木っ端微塵に。。。(笑)
 しかし・・・「不毛地帯」の主役壱岐正の奥さんは早くに亡くなって、軍時代の上官の娘である秋津千里と壱岐の恋模様が描かれるのだが・・・モデルとなったと言われている瀬島龍三氏の奥様は90歳で亡くなっており・・・「不毛地帯」の壱岐の奥さんが早逝することになっている設定をご存知であったとしたら・・・なんとはなしに複雑な心境だったのではなかろうかと思ったりする。。。 ちなみに瀬島龍三氏は、奥様が亡くなられた三ヶ月後に奥様の後を追うように他界されている。

 久々の青空の下、春めいてきた陽射しの中の松竹梅の光景を眺め歩いた。 明日も天気が良いようだ。 梅に続いて咲き出した花を眺めながら歩いてみようと思っている。


             733-6.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<別れの季節の桜か・・・? | メイン | 桜に彩られた物語>>
コメント
- 同意~! -

“じゃぁ、書いてみてよ” と言われたという ある人 に同意しま~す。

でも! “出来そうな俺” は木っ端微塵にならなくてもいいと思いますよー。 創作活動なんて、ちょっと一般とは変わった視点から生まれるというか・・・「おっちょこちょい???な気持ちから生まれてくるものかも」 と思わなくもなく。 
“Seionさんもおだてりゃ、小説を書く” なんていうのは、どうですか~? プププ。
2010/03/18 22:30  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

しまったぁ。。。
“じゃぁ、書いてみてよ” という峻烈な一言に賛同されてしまったぁ~(  ̄ ̄∇ ̄ ̄; )

おだてて小説が書ける???
じゃぁ~いっぱいおだててみましょう!
書くかも~???(笑)
2010/03/18 23:42  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/877-58faad91
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。