2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
淋しい子という名の梅
- 2010/03/04(Thu) -
                         (Please click this photograph)
                     739-1.jpg

                                淋子梅の花
     739-2.jpg


 今日は時折小雨降る曇天。。。 撮り歩きはちょっとお休み。。。 ってことで、天気の良かった昨日の撮り歩記を。。。
 昨年見つけて記事にもした 「秘密の梅の散歩道」 を歩いてみた。 青空の下・・・白い梅、桃色の梅が織りなす景色・・・春を感じさせてくれる景色だ。


     739-3.jpg


 どうやらここの梅は見頃を迎えようとしているようだ。 遠くから観やる梅の花は・・・まるで春霞のようにも見える。


             739-4.jpg


 田んぼの畦道には・・・タンポポやオオイヌノフグリが花を咲かせ・・・畦にも確実に春の色が濃くなってきていた。


     739-5.jpg


 車がほとんど通らないその道をゆっくり歩いて行くと・・・様々な 梅の花咲く景観 が楽しめる。。。 こんな景観をほぼ独り占めだなんてなんだか申し訳ないような気すらした。 何方か一緒に歩きません?(笑)


     739-6.jpg


 梅園の中に入り込み・・・早春の陽射しに照らされた白梅の花々を見上げれば・・・まるで無数の白い蝶が枝にとまっているようにも見える。


             739-7.jpg


 梅に枝に形創られた梅花のアーチ。。。 このアーチの中を潜り抜ければ・・・心も体も春色に染まりそうだ。


             739-8.jpg


 そんな 「秘密の梅の散歩道」 歩きを楽しんでいる途中・・・目を惹かれた梅があった。 その梅の名は 「淋子梅」 という。。。 「淋子」・・・「りんこ」? と、私はそう読んだ。 なんだかとても淋しい名前の梅だなぁ・・・と、興味を引かれたのだ。
 その梅の花は、決して派手さは無いが・・・淋しいというより可憐な感じのする花だと感じた。。。 なんで 淋しい子 だなんて名が付けられたのかと、家に戻ってから調べてみた。 すると・・・私は 「淋子」 を女性の名のように 「りんこ」 と読んでしまったが・・・正式には 「りんし」 と読むということがわかった。 ひょっとして・・・梅の実が少ししか生らないのでそういう名が付けられたのか?
 調べてみるとこの淋子梅・・・全国の梅の名所でも観られる梅であることがわかった。 例えば・・・大阪城公園の内濠の東側の1200本を越える梅の中にもこの淋子梅が含まれている。 何故唐突に大阪城公園なのかといえば・・・ちょうど大阪城公園の梅の蕾がほころび出した頃・・・まさにその場に行っている人と電話で話しをしていたことを思い出したからだ。 もっとも淋子梅はどちらかというと遅さ咲きの種らしいから、その時その人が観ていた梅の花の中には淋子梅の花は含まれていなかったかもしれないが・・・。


             739-9.jpg


 ちょっと淋しげな名を持つ梅の存在もことも知ることが出来た 「秘密の梅の散歩道」 歩きとなった。

 天気が良い日・・・青空を背景にした梅の花を見上げながら歩いてみかせんか? 間違いなく気分は春色になりますから!


             739-9-1.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<Old-fashioned Love Stories | メイン | 雛祭り・・・「花の咲く音庵」にお越しくださる姫様方へ>>
コメント
- 『思いのまま』 という名の梅 -

花の種類の名前って・・・それも漢字の名前だと 「なるほど。。。」 と納得したり、この 『淋子梅』 のように 「何でー?」 と思ったりと、なかなか興味深く楽しめます。 数カ月前には、椿の名前を調べては (って、検索するだけですが) 楽しんでおりました。

そして、この 『淋子梅』 ・・・私も何気に検索してみたら、ほかの梅の種類の名前も出てきて・・・その中で、ダントツに目を引いたのは 『思いのまま』 という名前! 一体、どんな人が命名したのでしょう? その花は一本の樹でありながら、咲く花の色が違うという気の多い?梅のようで。。。 ふと 「Seionさんの撮る 『思いのまま』 を見てみたいなー」 と思いました。 そんな偶然の出会い・・・そうそうないでしょうかねー?    
2010/03/10 00:29  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

いいですねー!
『思いのまま』という名の梅・・・一本の木で様々な色の花を咲かせるんですね!
五色椿みたいですね。(⌒_⌒)
とても興味深い情報をありがとうございます。
いつか『思いのまま』・・・撮ってみたいと思います!
2010/03/10 11:46  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/871-c16e4810
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。