2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
里山・早春風景
- 2010/02/14(Sun) -
                         (Please click this photograph)
                 717-1.jpg

                     オオイヌノフグリが咲いているのを見つけた
               717-2.jpg


 土曜の午後、天気がいいし・・・家でじっとしていられずお気に入りの里山を歩いてみることにした。 そろそろ春の兆しが里山で見つかるんじゃないかな・・・と思ってね。


               717-3.jpg


 山の湧き水を集めて流れる小さなせせらぎ・・・ずいぶんと力強さを取り戻してきた陽射しを映して煌めく。。。 この小さなせせらぎは春に向って流れていっているようにも思われた。


               717-4.jpg


 オオイヌノフグリの小さな青い花を見つけた。 小さな青い花・・・小さいけれど確かに春の鼓動のように感じられた。


               717-5.jpg


 黄色いヒラヒラの花弁の花を見つけた。 なんだろうか・・・? この花は・・・?


               717-6.jpg


 里山について先日の記事で「SATOYAMAイニシアティブ」に関する記事を書いたが・・・やはりCOP10開催にからんで愛知県が考えている構想についてに次のような新聞記事を読んだ。


《愛知県は、道路や宅地開発などで途切れた自然を人工の緑地や水辺などで再生し、生物の生息域を拡大する環境づくりに乗り出す方針を固めた。知多半島では半田市出身の童話作家、新美南吉(1913~43年)の作品にちなみ「ごんぎつねとの共生」を掲げ、自然と人が共生する里山の復元を目指す。10月に生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が名古屋市で開催されるのを機に、企業やNPO、市町村に協力を呼びかける。

 県は「生態系ネットワーク」と名付けて年内にも県内数カ所をモデル地域に指定し、事業に着手する。知多半島では3月にも、国や地元大学とともに研修会を開催。長久手町などリニモ(東部丘陵線)沿線の平野部や、西三河地方の里山なども候補に浮上している。

 計画によると、トンボやチョウ、キツネなど昆虫や動物の生息調査を基に、繁殖や餌をとるのに必要な行動範囲を分析。手入れされず放置された田畑、ため池、森林を復元する。

 移動ルートが道路や鉄道、コンクリート護岸などで遮られている場合は、新たな緑地や水辺、トンネルなどを整備し、生息域を結び付ける。学校や企業にも周辺の生物環境を意識したビオトープや緑地づくりを求める。

 知多半島ではかつてはキツネが多く生息していたが、餌の減少や移動ルートの断絶などで数が減っている。県は、「ごんぎつね」を事業の象徴として、地域の取り組みを後押ししたい考えだ。

 一方、欧米が取り組んでいる「エコシステムアプローチ」の考えを、新たな開発事業に導入することも検討。開発による生態系の損失を、別の場所で代償させる客観的なガイドラインを策定し、生態系ネットづくりに活用する方針だ。》  ----- 2010年2月12日 中日新聞より -----



 なかなか興味深い構想だ。 多様な生物の住まう環境を整えるべく、点になってしまった様々な生物の繁殖環境を線としてつながるようにしていくという考え・・・Seion、賛同する。 そんな身近な生物達に優しい環境作りの構想に・・・新美南吉の「ごんぎつね」をからめるなんて、なかなか面白いことを考えたものだ。
 しかし・・・この記事によると「ごんぎつね」の話しの舞台となった知多半島にはいまだにキツネが生息しているとのこと。。。 知らなかったなぁ・・・。 本当にキツネ・・・いるんだろうか・・・?
 いるなら・・・早急に道路など人のために設けられたキツネにとっては危険極まりない施設を通らずにいろんな所に移動して生息地域を広げていけるというような環境・・・作りたいものだ。 
 
 実はこのお気に入りの里山、トンボの繁殖地としてもそこそこ有名で・・・案外この「ごんぎつねとの共生」という構想のモデル地区として考えられているのではないかと思ったりする。


               717-7.jpg
 

 そんな里山に関するニュースのことなども思い浮かべながらの里山歩き・・・。 で、この黄色い花は一体なんというんだろうか・・・?


               717-9.jpg


 赤い実・・・とても艶やかで綺麗な赤だ。。。


     717-9-1.jpg


 山からの湧き水を吸い上げて花を咲かせ、結実した赤い実・・・綺麗な水で育ったせいか、とても瑞々しく感じられた。


               717-9-2.jpg


 その湧き水を集めて流れるせせらぎの水際には無数の新芽が発芽している。 これも春の息吹だ。 ここ里山では、もう春の準備が着々と進んでいる。 春はもうすぐそもまで来ていると実感できる。


               717-9-4.jpg


 話しは変わるが・・・里山歩きに出掛ける前、バンクーバーオリンピックの開会式を観ていた。 カナダの雄大な自然を感じさせるような開会式・・・素晴らしかった。 オリンピック初の屋内での開会式ということで、室内であることを活かした演出も見事だった。 


                  717-9-5.jpg


 素晴らしいオリンピックになって欲しいし、日本人選手の活躍にも期待したいところだ。

 だが・・・ちょっと気になることもある。 今回のオリンピックも「環境」への配慮を掲げ、開会式にも環境への意識が色濃く反映されていた。
 のであるが・・・実はカナダはG8の中でも環境への取り組みが遅れていると言われている国なのだ。 世界自然保護基金(WWF)などが昨年発表したG8の地球温暖化対策評価では、それまで最下位だったアメリカにも劣ると判断されて不名誉にも最下位にランクされた。 そして、一人当たりの温室ガス排出は世界最悪レベルとの酷評を受けた。
 今回のオリンピックではそんな批評に配慮して、バンクーバー市内のタクシーの半分にプリウスを導入して環境への配慮をアピールしているのだが・・・暖冬による雪不足で競技会場へ二酸化炭素を多く排出するトラックやヘリコプターで輸送することを余儀なくされているというジレンマに陥った。 この暖冬が温暖化によるものとしたら・・・こんなに皮肉な事態もないということになる。
 カナダの広大な国土には、雄大な自然が多く残る。 それだけに・・・その存在することが当然のような雄大な自然に親しんでいられるからこそ・・・地球環境への危機意識が薄いのかもしれない。。。 日本のような狭い国土では手付かずの自然は限られており、人の生活圏と隣り合わせのように自然が存在している。 そんな自然のスケールの違いが危機意識の多寡に影響しているような気がしてならない。。。
 カナダだけではない。 前回のオリンピックが開催された中国にしても・・・今や世界有数の二酸化炭素排出大国だ。。。 オリンピックに政治をあまりに色濃く絡めていくのは賛成できないが・・・環境となれば話しは別だ。 これからオリンピックの開催を望む国・都市に関しては、その選定にあたりもっと「環境問題への取り組み」を大きなポイントにしても良いのではないか・・・個人的にはそう思ったりする。
 環境問題に関しては若干憂慮する点はあるにせよ・・・それは素晴らしいオリンピックになって欲しいということとはまた別の側面であり・・・たくさんの感動が生まれるオリンピックになって欲しいと願って止まない。


               717-9-6.jpg


 ごんぎつねの住める里山であるとかオリンピックのこととか・・・つれづれに考えながら歩いた里山。。。 ふと気付けば冬枯れの地面がすでに薄っすらと緑色の草の芽生えを感じられることにも気付いた。


               717-9-8.jpg


 里山の森の中に射し込む陽射しにも真冬とは違って力強さを感じるような気がする。。。 

 これからだ! 里山が楽しいのは。 春を迎えて様々な命が爆発的に活動を始める季節の里山・・・歩く度に春へと装いを変えていく様子が実に楽しい季節。。。 里山のそんな季節がもうすぐそこまで来ている・・・そう実感できた。


               717-9-9.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | NEWS | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<吊り雛と春の花 | メイン | 雨の祝日>>
コメント
- 黄色い花は -

Seionさん、こんばんは。
黄色いリボンのような花は、まんさくだと思います。
春、まず先に咲くから、まずさく→まんさくだそうです。
2010/02/14 18:57  | URL | mitsuri #-[ 編集] |  ▲ top

- 春へと歩む -

Seionさん良い週末をお過ごしですか?
小さなせせらぎは・・・きっと春に向かって流れていると思いますよ・・・。
歩くたびに装いを変えていく・・・自然とのおしゃべりも弾みますねi-228
いよいよ・・・春本番へ(Go)i-234
2010/02/14 19:13  | URL | LeiLei #-[ 編集] |  ▲ top

- -

いつもの小川がある素敵な里山ですね!
やっぱり里山って春の日差しが似合います♪

寒暖を繰り返し徐々に春の花も咲き始めてますね♪
オオイヌノフグリ、うちの辺りにも咲いてるかな~?
2010/02/14 22:34  | URL | Rekio #-[ 編集] |  ▲ top

- mitsuriさんへ -

そうだ!そうでした!!!
まんさくでした!
なんだっけかな~と思い出そうとしていたのですが・・・
すっきりしました。ありがとう。感謝!(V^-°
確かにリボンのような変わった花弁ですよね。
2010/02/14 23:56  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- LeiLeiさんへ -

ちょっと山の方へ行ったので・・・春が少し後退した様な感じがした日曜でした。
はい。
これからの季節、春へと装いを変えていく里山風景はとても楽しめる光景です。(^^)
2010/02/14 23:59  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- Rekioさんへ -

はい!(^^)
お馴染みの私のお気に入りの里山です!
陽射しが温かく感じる心地良い里山歩きが出来ました。

オオイヌノフグリ・・・探して撮ってみましょうよ!
小さな春発見!って気持ちになれますよ。(⌒_⌒)
2010/02/15 00:03  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 絵になる鳥 -

こちらも白鷺でいいのかな? 孤高な感じで すっくと 佇む姿には、毎回、目が止まります・・・カッコイイ。。。

オリンピック、始まりましたねー。 皆がオリンピックで 「自己ベスト」 を出せればいいのですけどね。 ガンバレ、日本! (本当は “ガンバレ、真央ちゃん!” と心の中で思いっきり!)
 
2010/02/17 22:10  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

白鷺ですね。(^^)
鷺が一羽で佇む姿は・・・雰囲気ありますよね。
私も思わず目を止めてしまいます。

オリンピック・・・熱戦が続いてますね。
長島君と加藤君、やってくれましたねー。
日本選手が悔いの無いよう闘ってくれることを祈りたいです。
2010/02/17 22:29  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/850-3e7b81a2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。