2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小さな旅気分・・・三寺参り(後編)
- 2008/05/11(Sun) -
           065-01.jpg  065-02.jpg

                    徳川ゆかりの二寺
(前編より続く)

真福寺から次に向かったのは・・・滝山寺
寺というより、滝山東照宮として知られる。

現在の滝山東照宮、滝山寺から少し離れた所に立派な朱塗りの山門がある。

そこから少し車で走った所にある東照宮へ向かう石段を登る。

                    065-03.jpg

石段を登りきると再建された滝山寺の本堂がまず目に入る。

                  065-04.jpg

徳川治世時、三代将軍家光は、祖父家康誕生の地である三河岡崎にも東照宮を建立したいと発心した。
たまたま荒寺となっていた滝山寺の寺域がよろしかろうということになり、この地にも東照大権現が祀られることになった。
あの朱塗りの山門の位置からして、かつては相当に広い寺域であったようだ。

本堂右脇の瀧山東照宮と記された鳥居から内が東照宮の境内ということになる。

                  065-05.jpg

日光や久能山の東照宮と較べて規模は小さいが、さすがに家康生誕の地にある東照宮、江戸期から地元の人々が手厚く祀ってきたという雰囲気がある。

中門を挟んで拝殿の奥に本殿がある。

          065-06.jpg  065-07.jpg


とても静かな所で、しばし滝山寺本堂の濡れ縁に腰掛けて、傾きかけてきた陽に照らされる東照宮の社殿を眺めた。

そこかしこに葵の御紋が彫られた灯篭が立つ。
徳川期に大名などが寄進したものであろうか・・・。

                  065-08.jpg


最後に向かったのは滝山東照宮から車で10分足らずの大樹寺
徳川宗家の三河における菩提寺。
この寺は何度か訪れたことがある。

ここの山門の威容も・・・さすが徳川家の菩提寺!と、思わせる。

車を置いた脇に小さな池があり、ちょうど蓮の花が開花し始めていた。

                  065-09.jpg

ここの本堂は、決して大きな建物ではないが、重みを感じさせる佇まい。

                  065-10.jpg

この本堂から山門を見遣ると・・・面白いことがある。

                     065-11.jpg

山門の向こう側の今は小学校になっている所にも門があり、その門の中に、3㌔離れた岡崎城の天主が見える。
岡崎城・・・家康が生まれた城であり、徳川家にとっても徳川譜代家臣団にとっても特別な城。

今でもこうして天主が見える。
大樹寺の本堂に座したまま、山門の中に岡崎城が見えるようにしてある。
きっと、今でもこの景観を遮るような高層建築は制限されているのでは・・・と思ったりする。

私は、この寺の多宝塔が結構好きだ。
この日はちょうど多宝塔に向かう道脇のナンジャモンジャが白い花を盛大に咲かせていた。

                  065-12.jpg


この多宝塔の光景を、露出を変えて遊びで撮ってみた。

            065-13.jpg 065-14.jpg

多宝塔をシルエットにすると・・・“これ、京都です”って言ってもOKなのでは?(笑)

こんな風に、決して観光客が大挙して参拝しに来るようなお寺ではないが・・・それぞれ古くから地元の人達の信仰の地であった三つのお寺をのんびり歩く、小さな旅気分な時間を過ごすことが出来た。





**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 小さな旅 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ミャンマーのサイクロン被害を伝える1枚の写真 | メイン | 小さな旅気分・・・三寺参り(前編)>>
コメント
- -

主人とだったら実現しないであろうコースを満喫させていただきました。

いつか蓮の咲く音を聴いてみたいと思っているのですけど…

ナンジャモンジャは実際に見たことがないけれど、清らかな香りがするそうですね。
香りフェチの私としてはちょっと興味のある樹です。
2008/05/12 00:25  | URL | モカ #-[ 編集] |  ▲ top

- モカさんへ -

泥田のような所からでも、無垢な白い花を咲かせる蓮。。。
古くから仏教に深いかかわりを持つ花となるに相応しい雰囲気を持った花ですね。

そう!
蓮の花の咲く音・・・聴きたい!
月下美人も。朴の木の花も・・・。

香りフェチなのですか?
お香とかどんな香りがお好みなのかな???
2008/05/12 13:59  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/81-a44f97fe
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。