2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
3D版『アバター』を観た
- 2010/01/02(Sat) -
                       (Please click this photograph)
                    674-1.jpg

                 ジェームズ・キャメロン監督渾身の作品『アバター』

 大晦日の夜、ジェームズ・キャメロンが『タイタニック』以来12年ぶりに満を持して放つデジタル3Dの『アバター』を観た。 ジョニデのヒーロー的銀行強盗姿とどちらにしようかと迷いはしたが・・・3D映像は観てみたいな・・・と思い『アバター』を。


   


 3D映像は・・・思ったほど矢玉が飛んで来るという使われ方はしてなかったが・・・それはそれなりに楽しめた。 空中をフワフワ浮遊する美しいクラゲのような木の精霊が目の前にフワリと漂ってくるような演出も楽しかったし、舞台となっているパンドラの雄大で美しい風景こそ3Dで奥行きが増しており、素晴らしい映像だった。 3Dの費用というのか専用の眼鏡の貸し出し費というのか・・・通常映画より300円高いのだが、映像アトラクションの料金と考えれば決して損は無いかな。

 ちなみに・・・上映時間160分の間、結構映画に入り込んで見ていたせいか・・・映画の終わり頃にふと気付くと右の耳の後ろ辺りが偏頭痛状態に痛くなってきて・・・。 きっと、見慣れない3D映像を長時間見続けていることによって少し脳内でパニックが起こったかな・・・と。 映画が終わって眼鏡を外して5分もしたらその痛みは跡形も無く消えていたので・・・心配することもなし。

 ストーリーは、人類はパンドラにある鉱石などを手に入れるために、パンドラの先住民族ナヴィと人類とのDNAを組み合わせることによって作り上げたアバターというナヴィの体とDNの持ち主である人間が意識リンクすることによってアバターの体を動かしてナビィの中へと入っていく。。。 このアバターの動かし方というのは、ある意味人間が仮想空間で活動するための姿とリンクする『マトリックス』的なものと思っていただければ理解が早いかな。
 そして、話しの展開としてはオーソドックスというか、最初から想定道理というか・・・人類の無謀な開発と自らの星の形を守るためのナビィとの戦いへと・・・。
 決して奇抜なストーリー展開ではないが、とにかく圧倒的にしっかり作りこまれたパンドラの世界観、雄大で美しい風景などで・・・飽くことの無い160分だった。

 個人的に “お見事!” と思ったのは・・・音楽だ。 雄大な光景に相応しく随所にアフリカの民俗音楽を髣髴させる壮大で大陸的な音楽が3Dで奥行きを持った光景に一層はまり込む雰囲気を作ってくれていたことだ。 サントラを手に入れて聴いても心地良さそうな音楽が数多く使われていた。
 

 ジェームズ・キャメロンが3D映像用のカメラまで作り上げて撮った本作・・・クォリティーの高いエンターテイメントに仕上がっていて・・・観てみるべき映像だと思う。 


 “あ~面白かった~”などと語り合いながら劇場を出て駐車場の車に向かっている間に・・・時は2010年となっていた。。。 


 ところで・・・もし『アバター』をこれから観ようと思われる方は・・・この↓の特別映像をご覧になってから観られることをお奨めする。 それに、ぜひキャメロンが創り上げた壮大なパンドラの光景を3Dで! 一見の価値有りとSeion、お奨めの映像だ。


   


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<お寺で見られる表情 | メイン | 謹賀新年>>
コメント
- 本年もよろしくです! -

アバター、TVでCMは見ていたけど、これほど
映像が美しいとは気づかなかったです!
3Dでなくても仮想世界の美しい映像だけでも十分楽しめそうです♪

それにしてもHaru.Seionさん、新年早々行動的ですね!
年越しを映画館で過ごすなんてもう何年もしてないです~
多分、20代が最後かな?^^;

今年もそのフットワークで楽しい時間を切りとってたくさん見せて下さい!
本年もよろしくお願いします!^^v
2010/01/02 00:48  | URL | Rekio #-[ 編集] |  ▲ top

- Rekioさんへ -

この映画の映像、特にしっかりと作られたパンドラの雄大な光景は一見の価値ありですよ!(^^)

はい!
今年も出来るだけフットワークは軽く、様々な所へ足を運んで楽しもうと思っています。

今年もカメラとお散歩する仲間としてヨロシクです!(⌒_⌒)
2010/01/02 11:23  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/807-22faab7e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。