2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クリスマスムードの温室
- 2009/12/26(Sat) -
                        (Please click this photograph)
                    667-1.jpg

                     キリストの血をイメージされたポンセチア
     667-2.jpg

 一昨日のパーチメントクラフトの展示と出会ったのは・・・実は、わたしのブログに時々登場するお気に入りの小さな温室が今年はどんなクリスマスの雰囲気に飾られたかを観に行った時のことだ。

 温室は・・・キリストの血をその苞葉の赤からイメージされてクリスマスの花のように扱われているポインセチアをメインにして飾付けられていた。
 私がこの温室をお気に入りなのは・・・季節折々の飾付けで楽しませてくれることも理由の一つで、それは小さな温室だからこそ出来る小回りの効く演出なんだろうと思う。


             667-4.jpg


 以前、この温室の記事を書いたときにもいた桜木の番犬くん達・・・デコレートされたポインセチアをしっかり守っていた。 偉いぞ!


             667-3.jpg


 ところで・・・クリスマスの25日、政府はの臨時閣議で10年度政府予算案を決定した。一般会計総額は09年度当初予算比4.2%増の92兆2992億円となり、2年連続で過去最大を更新することになる。
 国の財政状況を顧みれば、税収が大幅に落ち込む中での44兆円超となる過去最大の新規国債発行額はとても気になる数字ではあるが・・・民主党のマニフェスト関連政策実現のための予算や景気への配慮を盛り込んだことを考えれば、一概に否定的にとらえるわけにはいかないか・・・とも思う。
 この予算案が真に国民のためのクリスマスプレゼントになるか否かは・・・今しばらく注視しなければならないだろう。
 
 それにしても・・・前任の麻生政権までの自民党政権に対する失望感の大きさが跳ね返ったように政権交代後の鳩山政権への期待へと繫がったわけだが・・・ここのところマスコミの論調には急速に鳩山政権への失望感が広がりつつあるというものが多いように思う。。。
 だが、ここは少し冷静に見ていなければならないと思う。。。 なんせ、実質55年体制から続いた自民党的政権運営からそうそう一気に国の形を変えられるものでもなく・・・まだまだ不完全ながらとにかく国民注視の中で行われた事業仕分けや事務次官会議の廃止をはじめとした政治主導のための動き、核の持込に関する日米の密約の表面化など・・・あのまま自民党政権が続いていたとしたら10年経っても出来なかったであろう新たな動きが数ヶ月の間に起こったわけで・・・その点は間違いなく評価に値する部分大だと思う。
 鳩山不況なる言葉をマスコミも野党自民党も喜んで使っているが・・・現在の経済状況になんら責任を感じず、野党になったからといって口を拭ったように鳩山内閣の責任ばかりに言及する自民党には大いに違和感を感じざるを得ない。 日本をここまでの状況にした政治責任がもっとも大であることは明々白々である自民党にはもっともっと自身の責任について自答してもらわねばならないはずだ。
 
 自民党政権時代の長年の垢をこそぎ落としつつ、自らが掲げた新たな政策も実行に移そうという・・・いわば 負からの出発 を余儀なくされた民主党政権・・・必ずしも思ったほどの期待に応えていないと思われたり、不満にも不安にも感じることも有りはするが、今しばらくは堪忍袋の緒を結びなおしつつしっかりと見ている時期なのではないかと思う。

 イブの日に鳩山さんが行った元秘書による偽装献金問題についての釈明会見を経て、野党自民党は首相の追及を強める姿勢を見せているが・・・それとて自民党のその姿勢が私には陳腐に見える。
 西松建設からの献金の偽装で秘書が政治資金規正法違反で略式起訴された二階氏・・・二階氏本人も自民党の大島森幹事長も同じ秘書の起こした偽装献金虚偽記載ということであっても “鳩山首相とは額が違う” とTVカメラの前で平然と言い放った。 驚いた。。。 “へぇ~そうなんだ~額の問題なんだ~本来は、どこからもらったどういう性質のお金なのかということの方が問題視されるべきじゃないのか?”と・・・素朴に感じ、平然と額の問題にしてしまう人々が執行部におさまっている自民党という政党の根深い金権体質と政治と金の問題への鈍感さを改めて垣間見・・・自民党の人材の不足と建て直しの道程の程遠いことを感じた次第だ。
 鳩山首相・・・というか、鳩山家の裕福さ故のお金への無頓着さには確かに驚くが・・・偽装献金をいってもいってみれば自前の金を人様からの献金に振り替えていたわけで・・・鳩山首相の母親に資金提供によって首相に自身の利益誘導につながる依頼をするような思惑があるとは到底思えない。 額は小さくても西松建設から出たお金とは意味合いにおいて大きな差異がある。。。 この点、マスコミももっとしっかり突っ込んでしかるべきと思うのだが・・・。
 この際、畑山首相には “幸い我が鳩山家にはかなりの資産がございまして・・・首相在任中はどのような献金も一切お断りし、純然たる個人及び鳩山家の資産において私は政治活動のための費用をまかない、真に公平な国民のための政治活動に邁進することに決めました!”くらいに堂々と宣言して欲しかったほどだ。

 前回の衆院選で私は全面的に民主党に票を投じた。 だからといって・・・特に民主党政権を甘い目線で見ているわけではない。 が・・・なんでも批判をすればいい、叩けばいいという論調に走りがちな近年のマスコミに躍らされたくは無い。 今しばらくは、民主党政権の新たな国づくりの本気度を見極めたい・・・そう思って見ている最中なのである。


             667-5.jpg


 クリスマスも過ぎれば・・・もう今年もあと少しで終わるという年末気分に突入だ。。。 願わくば・・・自分も含めて多くの人々が、来年のクリスマス時期のポインセチを今年より楽しいクリスマス気分で眺められたら・・・そう思わずにはいられない。。。


     667-6.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | お気に入りの場所 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<大智院の大楠 | メイン | クリスマス-イブの・・・☆キラキラ☆>>
コメント
- そうだ、赤は葉っぱだった。 -

・・・最後の写真の赤い葉脈を見て 「そうだ、赤は葉っぱだった。」 と。 上部の葉だけ、お花のように赤いのは、そもそもそういう遺伝子なのか・・・それとも、進化した結果なのでしょうかねー?

そろそろ、民主党記事が現れそうだなと思っておりました~。 それにしても、6億円内外の追徴課税を納付って・・・やはり、即金??? 「本当の“資産家”って、このようにお金に無頓着でいられるお家柄の方々のことを言うのかも」 と妙に感心してしまいました。
2009/12/27 17:59  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

そうなんでしょうね。
真っ赤な大きな花が咲いているように見せるという・・・ポインセチアの生きるための戦略なんでしょうね。

あはは。。。
民主党記事ですか~(●^o^●)
来年は今年よりもう少し頷けることの多い政治をしてほしいものです。
2009/12/28 13:06  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/799-a3b6c445
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。