2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
宵闇の冬の薔薇
- 2009/12/10(Thu) -
                        (Please click this photograph)
                    651-1.jpg

                        宵闇に 密かに香る 冬の薔薇
             651-2.jpg


 年々紅葉が色づく時期が遅くなっている。 今年も師走だというのに小春日和のような日が多い。。。 そのせいか秋の薔薇が未だに花を咲かせており・・・冬の薔薇と化している。 そんな冬の薔薇を宵闇時刻に撮ってみた。


             651-3.jpg


             651-4.jpg



 宵闇の中で咲く薔薇・・・昼間の華やかさとは違い・・・どこか妖しい雰囲気を感じられるように思う。。。


             651-5.jpg


 今読んでいる白洲正子さんが世阿弥の能について語っている記述にこんな一節がある・・・

 “十二、三歳といえば、世阿弥が二条良基や将軍義満に溺愛されたころのことで、「幽玄」の文字が示すように、微妙で奥深く、容易にはかり知ることのできない美は抽象的で、女体の形容にはふさわしくありません。女体の場合は、漢語ではなくて「いと匂やかに美しげなる」などと、大和言葉で言い表したに違いありません。とすれば、これは少年に特有な美しさで、当時の人びとは、「幽玄」といえばただちに男色を連想したのではないかと思います。
 男色といっても室町の人びとにとっては、必ずしも現代人が考えるような性の倒錯を意味したとは限りません。ぜんぜんなかったとはいいませんが、たとえば観音様に見られるような、男と女が別れる以前の、あるいはまた、両性具備した人間の完全なかたちを、童形の風姿に見たのです。”


 このように語り・・・「幽玄」とはまだ大人になりきっていない男児の舞う能にこそ相応しい言葉・・・そう白洲正子さんは定義付けしている。。。
 そんな記述を読んで間もない私には・・・上の写真のこれから開こうとする白い薔薇の花に 「幽玄」 という言葉が重なり合った。


             651-6.jpg


 これから咲こうという白い薔薇の蕾に比すれば・・・見事に花開いた赤い薔薇は、白洲正子さんに言わせれば “いと匂やかに美しげなる” という能の女体の形容に相応しいのか。。。


             651-7.jpg


                             冬の薔薇 隠し涙の 綺羅光り

                                   または・・・

                           密やかに 花芯濡らすか 冬の薔薇 


     651-8.jpg


 撮り続けているうちに・・・なにやらストロボの光に浮かぶ 宵闇の薔薇 の妖艶な雰囲気に捉えられてしまったかのように夢中になっていたような・・・。


             651-9.jpg


 残照が消え・・・夜の闇に包まれた薔薇・・・ひょっとして陽光の下で人に見せる姿とは全く違う姿で静かに、密やかに香っているのかもしれない。。。 あるいは・・・暗闇の中でだけ 蒼き薔薇 に姿を変える薔薇などあるやも知れず・・・。


             651-9-1.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<一輪の花の力 | メイン | ☆キラキラ☆を眺めながら水辺を歩く>>
コメント
- 艶やか… -

大好きな薔薇の写真、満喫させていただきました。
「妖艶」…。
その一言に尽きますね。
赤やピンクの薔薇には女体を、白、青い薔薇には犯しがたい少年を思い浮かべました。
ちょっと酔ったみたい…。
軽いめまいを感じています。
別世界をありがとう^^
2009/12/10 18:06  | URL | sayo #q7XswXQk[ 編集] |  ▲ top

- ここにありましたか!青いバラ -

探し求めた蒼きバラ ここにありましたね

何とも妖しげで美しさ匂い立つ

Haru.Seionさまマジック!あっぱれですね。

密やかに 花芯濡らすか 冬の薔薇
いいですねー

うっとりです。



ありがとございました。 

2009/12/10 19:08  | URL | 瑠璃子 #X/voFUOM[ 編集] |  ▲ top

- sayoさんへ -

世阿弥の能の話しではありますが・・・なんとなく白洲正子さんの言葉が頭に浮かんでくるような宵闇の薔薇でした。(^^)

陽光の下で観るのとは・・・また違う宵闇の薔薇の世界へ・・・ようこそ!(⌒_⌒)
2009/12/11 00:00  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 瑠璃子さんへ -

はい!
宵闇の中に・・・蒼い薔薇を発見!(^^)

「密やかに 花芯濡らすか 冬の薔薇」に反応していただけましたね!
さすが・・・本音で語れるいい女!

私の写真なんぞで楽しんでいただけたら幸いです。(゜▽゜)
2009/12/11 00:05  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 句会デビュー? -

Seionさんの写真と句に触発され・・・待雪も575に挑戦! ドキドキ。。。 

「宵闇の冬の薔薇」  冬薔薇 惑い惑わせ 宵に咲く
「数々の赤いバラに寄せて」  君と会い 時は過ぎ行き 冬の赤
「黄色いバラへ」  冬の薔薇 涙こらえて ひとり咲き
「奇跡の青バラ」  陽が落ちて ためらいもなく 青になる

以下は・・・怒らないでね。。。

「Seionさんの前句に続く」  密やかに 花芯濡らすか 冬の薔薇  色濃く浮かぶ 香しき夜
「ダリア組の待雪ちゃん作」  Seionさん 見つけてくれて ありがとう! (夜の冬薔薇一同)

『番外編』  闇の中 薔薇写す人 謎多し。。。 (待雪の最高傑作!???)
2009/12/12 19:13  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

あはは。。。句会ですか~!(●^o^●)

素敵な575コメントをありがとうほざいますー!
☆⌒(*^-°)v Thanks!

いいですねー “色濃く浮かぶ 香しき夜” って!

謎の男の写し人より・・・感謝を込めて~(笑)
2009/12/13 12:35  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/783-0df7c6b7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。