2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
またもベニシアさんの言葉に心ゆるみ・・・
- 2009/12/07(Mon) -
                        (Please click this photograph)
                    648-1.jpg

                    ベニシアの里山日記の続編が出版された
 以前記事で紹介した  『ベニシアの京都里山暮らし ―大原に安住の地を求めて』 の続編を読んだ。


                      648-2.jpg

               『ベニシアの京都 里山日記 ―大原で出逢った宝物たち』
                        ベニシア・スタンリー・スミス 著



 今回も大原に流れるゆったりとした時間が行間から感じられるような・・・ベニシアさんの日々の生活を軸にしたとても心ゆるむような文章が綴られている。

 前作よりも 「人」 にベニシアさんの目が向けられているような気がする。。。 それは大原の里に住まう人々との交流、大原に住まうことになって知り合った人々との交流などももちろんだが・・・今回はベニシアさんのご家族のこともかなり語られている。
 夫である梶山正さんのこと、子供たちのこと、孫のこと・・・。 例えば、クリスマス時期には前夫との間に生まれた子供も孫も一緒で賑やかだが・・・大晦日から正月は、夫は山に入り、前夫との間の子供や孫は前夫の所で過ごすことになっているから・・・ベニシアさんは梶山さんとの間に生まれた悠仁君と二人っきりで過ごすことになって・・・静かな年越しではあるが “少し寂しい” という心情も語られる。


             648-3.jpg

                (写真は『ベニシアの京都 里山日記 ―大原で出逢った宝物たち』より)


 ベニシアさんの家族への想いは・・・現在の暮らしについて語りながらも・・・いつしかイギリスでの少し距離のあった母親との関係についても語られていく。。。 母親代わりに可愛がってくれた乳母との別れや実父の死によって・・・暗い穴から出られなくなったような状態になったという13歳の頃のこと。。。 やがて、歌うことによってその暗い穴から抜け出していくこと・・・など、前作よりベニシアさん自身や家族について深く語られているように感じる。

 そんなベニシアさんの少し辛い話も語られるが・・・現在の大原での暮らしの心穏やかな雰囲気が根底に流れ続けているから・・・読んでいてもなんだかその心静かな雰囲気が伝わってくるように読み進める。

 そして、前作に続いて “おっ、ここ行ってみたい” というお店のことも語られており・・・読んでいるうちに “やっぱり・・・久しぶりに大原に行ってみなきゃいかんな~” と思わせられる。


 『ベニシアの京都 里山日記』・・・今回もイギリス生まれのベニシアさんに日本の原風景であるような里山の豊かさ、自然の美しさ、それだけに大切に守らなければならないこと・・・日本の様々な良さ、今日的な問題などを生まれも育ちも日本人である私が静かに諭されたような読後感が残る。。。 その読後感はあくまで 心やんわり ないい感じで・・・。

 ぜひ・・・『ベニシアの京都 里山日記』 また続きを! ベニシアさん、ゆるゆると待ってますからね。


             648-4.jpg

                 (写真は『ベニシアの京都 里山日記 ―大原で出逢った宝物たち』より)


 『今日の一針は、ほころびてから繕う九針分の手間を省いてくれる。』・・・人間関係、特に男と女の関係にもあてはまる言葉のような・・・そんな気もする。



             **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                            ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<丈山苑にて憩う | メイン | 雨の土曜日>>
コメント
- ひと手間 -

こんばんは!
久々にコメントさせていただきます。

ベニシアさんの言葉、身に沁みますね~。
私はいつも急ぎ足で「ひと手間」を掛けてこなかったんだなぁと思います。

だから大修理をしなくてはならなくなってるわけで^^;
修繕しつつ今のことも大切にしてって結局大忙しだけど、こういう時だからこそ当たり前の日々を丁寧に生きていかなくてはいけないんだと思います。

この本、私もぜひ読んでみたい!
また図書館にお世話になるか…。
2009/12/08 18:06  | URL | sayo #q7XswXQk[ 編集] |  ▲ top

- sayoさんへ -

いやいや・・・
そうした方が良いとはわかっていても出来そうで出来ない・・・「今日の一針」ですよね。
私も自戒の念でもって思わずこのページに目がとまってしまいまして。。。(汗)

ベニシアさん流の暮らしの雰囲気と心に響く言葉が詰まった素敵な本だと思います。
ぜひ読んでみてくださいネ。(⌒_⌒)
2009/12/08 22:12  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 心の平静を保つ はずが・・・ -

扉の写真の言葉に目が止まり、写真を大きくして見ていたら・・・そこから、ちょっとしたハプニング?にハマってしまい・・・一人で、非常に焦っておりました。。。 
このくらいのことで、ハラハラドキドキ、右往左往してしまい 「人生の道が険しい時にこそ、心の平静を保つことを忘れないで」 というのは、心に留めておきたいと思うものの、実際にはとても難しそうです。。。
でも、たとえ、そう出来ないとしても・・・心がけているのと、いないのとでは違いが出てくるのではないかと思うので・・・心がけます!
2009/12/09 23:20  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

ハプニングに~?
焦ってはなりませぬぞ。。。
平静、平静、心の平静!(笑)

心掛ける境地までいかぬとしても・・・
ある言葉を知っていて、事に及んでその言葉を呟けるということは・・・
その言葉を知らない時とはすでにかなりの違いがあると思うのです。
2009/12/10 00:04  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/780-68e6129e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。