2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アンコール遺跡な雰囲気の中でタイを食す
- 2008/05/07(Wed) -

                  061-01.jpg

                 GWの間にランチしてきた

ここには、以前にも来た事がある。
だが・・・以前は創作イタリアン系のお店だったのだが・・・
いつの間にやらタイ料理のお店が入っていたので、出掛けたついでにお試しで行ってみた。

もともとは石で出来たアンコール遺跡の修復に携わっている石工業の人が、アンコール遺跡関係の資料を展示しているアンコールミュージアムという施設に付随するレストラン。

店の名は『クッキ・ヌードルズ』という。

                  061-02.jpg

以前はイタリアン系の店だったわけだから・・・
今のタイ料理は、アンコール遺跡のあるカンボジアからすれば、すぐお隣の国ってことで、イタリアからすれば随分カンボジアに近づいたってことになる(笑)

店の外装はほとんど変わらず・・・
バイロン寺院にある観音様のお顔を掘った石柱やアンコールらしい石像があって、いかにもエスニカンな雰囲気が漂っている。

                  061-03.jpg


店内もほとんど変わってはいないが・・・壁の絵やテーブルクロスとかが、タイっぽいイメージにしてある感じ。

                    061-04.jpg


それぞれ違うランチメニュー2種をオーダーしたが、日本人の口に合うようにアレンジされていて、誰でも食べやすい感じ。
きっと香草などの使い方をかなり控え目にしているせいだと思う。
タイ料理は・・・辛さより、実は香草が苦手に感じる人がかなり多い。

夜なんかに来たら、結構雰囲気はあると思う。
お店のスタッフもとても感じが良かったし!
お店のスタッフ(特に女性)がタイの民族衣装みたいなのを着ていたら、更に雰囲気が出ると思った。


そもそも、ここを知ったのは・・・アンコールワット遺跡群が私の行きたい場所の一つであるから。
その遺跡群の修復に携わった人が資料館として様々な資料を展示していることを知って観に来た。

アンコールミュージアムの展示物は・・・ここ・・・に結構詳しく紹介されている。

入館料とか書いてあるが・・・もう入館料はタダにしたのか、それともレストランを利用した人は入館料が無料になるのか・・・どちらかわからないが、無料でまた資料館も見学。
以前より資料が増えていたので、館長がきっと今でもなんらか遺跡に修復に関係しているのだと思われる。

そう近くではないので、そうそうちょくちょくは来れないが・・・
今度は夜来てみようかな。。。
などと、思うと同時に・・・
やっぱりアンコールワットをはじめとするアンコール遺跡群に実際に身を置いて、クメールの微笑みとか、自分の目で見てやるぞ! と、あらためて思った。




**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | お気に入りの場所 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<躑躅に詫びる春 | メイン | きららの森を歩く>>
コメント
- NoTitle -

お洒落なお店でランチ・・・
何方とご一緒だったんでしょうね~(*^m^*)

私はタイ料理よりイタリアンが好きよ。
何故かジャマイカのホテルで食べたイタリアンが印象的。
料理というより雰囲気がよかったのかな?
アコギでビートルズナンバーを弾いていて、薄明かりの中の食事。
もう一度行きたいけれど、遠すぎて行きたくない・・・ヽ( ̄ー ̄ )ノ
2008/05/07 10:17  | URL | モカ #-[ 編集] |  ▲ top

- モカさんへ -

ジャマイカですか!
ちょっと意外な感じ。
モカさんとジャマイカのイメージが重ならない(笑)

やっぱりモカさんはいろんな顔を持っていそう!

で・・・イタリアンが好き。
と、_φ( ̄ー ̄ )メモメモ.。。

また訪れたいのはやまやまだけど・・・
長い時間飛行機に乗ることを思うと躊躇する所って・・・
あるよね~(⌒▽⌒;
2008/05/07 11:28  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/77-1e286f31
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。