2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雑木林の秋風景
- 2009/10/29(Thu) -

                        (Please click this photograph
                    610-1.jpg

                          苔むした木に黄葉した葉

 もともとの植生を保存して散歩できるようにしてある雑木林を歩いた。 少しずつ葉が色づいてきており、この雑木林でも秋が深まってきていることを感じられた。


     610-2.jpg


 見上げれば・・・紅葉した葉とまだ緑を保っている葉との 秋の進行途上のハーモニー が見られる。


     610-3.jpg


 何箇所かの木の枝にミカンが刺してあるのに気づいた。。。 この雑木林を訪れる小鳥のためのものだろう。。。


             610-4.jpg


 この雑木林を散歩する人がミカンを用意して歩きながら小鳥が来そうな枝にミカンをこうして刺しているのだろう。 小鳥のために・・・その心にちょっと ほっこり した気持ちになる。


     610-5.jpg


 いかにも強そうなカマキリに出会った。 澄んだ緑色の目でレンズを凝視し、立派なカマ持つ前足でファイティングポーズを。 他の昆虫と違ってそう簡単に逃げないところが・・・さすがカマキリ! 近づくレンズに向かってカマのジャブをカマされた。(笑)


             610-6.jpg


 カマキリの後は・・・たった一輪咲いた真っ赤な椿の花に出会った。 この花、樹の高いところで咲いているため、上にも目を向けて歩いていないと気付かないような高さで咲いていた。 剪定などされていない椿の木だからかなりの樹高になっており・・・本来、椿の木もこんなに大きくなるんだよな~とあらためてそう思う。 たった一輪のこの花・・・咲き遅れて今咲くのか?それともこれから咲く花たちの魁なのか? 


 ゆっくり歩いても30分もあれば歩けてしまう雑木林だが・・・多様な木々が生えている雑木林は多彩な表情を見せてくれて歩いていても心楽しい。 出来れば枝に咲いたようなあのミカンを小鳥が啄ばんでいる姿を見たかったな~と思いつつ・・・雑木林を後にした。


     610-7.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<二人の軍師の生き様を読む | メイン | 温室の薔薇たち>>
コメント
- カマキリのめがね -

・・・は、翡翠色のめがね♪ 
カマキリの写真は、これが初めてではないはずなのに・・・こんなきれいな目をしてたとは気付かなかったです。

赤や黄色に完全に反転した紅葉はもちろん美しいですが、緑の中の赤や黄色の様子は・・・これから美しく変化していく途上と言える訳で・・・男心をくすぐられるとか??? ハハハ。
2009/10/30 20:01  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

そうなんですよねー
カマキリの目って・・・こんな透明な目をしていたんですよね!

全面真っ赤で燃えるような紅葉もいいのですが・・・紅葉のし始めもいいもんです。
それはまるで十三夜の月を好ましく思う気持ちと相通じる?(^^)
2009/10/30 23:31  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/739-c5bb5521
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。