2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
水の中の高貴な紫
- 2009/09/26(Sat) -
                          (Please click this photograph)
                 565-1.jpg

                                 鬼蓮の花
     565-3.jpg

 鬼蓮・・・実は蓮ではない。 睡蓮科だ。 棘が多いことから 鬼 の名を付けられたと思われる。 実際、棘だらけでとても手を触れようという気にはならないよね。
 花開いた姿は・・・ウツボの類が上に向かって口を開けたようにもエイリアンの卵が孵化していく途上のようにも見えなくもない。。。(鬼蓮さん、ゴメン・・・笑)
 だが・・・中の花弁の紫色はとても綺麗な色だと思う。 刺々しい蕾の中から・・・とても高貴な雰囲気すら感じられる花弁が顔を出す。


             565-2.jpg


 鬼蓮の花と♡ハート♡形の葉。 鬼蓮の葉は完全に大きくなって広がると丸い葉になるが・・・成長途上にはこういうハートの形をした葉もよく見られる。 
 刺々しい鬼蓮だが・・・葉の成長過程で可愛い  を見せてくれたりするのだ。


     565-4.jpg


 近年は湖沼の水質の汚染のためか・・・自生している箇所がどんどん減ってきているそうだ。。。 私がこの写真を撮った公園は我が県でももはや珍しい自生地だ。
 
 かつては名古屋城のお堀にも鬼蓮は自生していたそうで、お堀に鬼蓮をまた咲かせようと・・・この公園から持って行くことも一旦は検討されたようである。
 が・・・名古屋市は、2010年の生物多様性条約締約国会議(COP10)の名古屋開催を念頭に置き、名古屋城のお堀の絶滅した鬼蓮をはじめとした水生植物の再生を目指して、おそらく1610年の築城以来初となる外堀の底泥調査を行い、泥の中から絶滅してしまった種子を探すという計画を進行中とのこと。 お堀の20~40カ所で底の泥を取り、年代も測定しながら種を探すそうで、当面の目標は水質悪化以前で発芽も十分可能な40~50年前の種の発見だそうだ。 お堀は江戸時代にも池の底さらえをした記録がなく、戦時中の空襲で城が焼け落ちた時のすすより下の泥からは、かなり古い種が見つかるかもしれないと期待されている。 
 他所から安易に持ってくるのではなく、本来そこで息づいていた水生植物を復活を目指すという 純粋復活 を意図したその心意気や良し! ってところだが・・・さぁ、果たして名古屋城のお堀にこの高貴な色をした花が甦るか・・・。

 棘がいっぱいあっていかにもいかめしく強そうな鬼蓮・・・実は、水質汚染にその生存を脅かされ続けてきた繊細な植物なのかもしれない。。。 昔は普通に自生していて見ることが出来た花のどれくらいがもう見られなくなってしまったのか・・・? そして、今は普通にある花がこの先ずっと見られるかどうかは・・・わからない。。。 自然を壊すのは容易いが、再生させることは当然ながらとても難しい。。。 この鬼蓮の花が 幻の花 にならないよう・・・願うのみ。。。


             565-5.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<フワフワ。。。ツクツク。。。の白い花 | メイン | いいモノめっけ!(V^-°)>>
コメント
- こんばんは。 -

オニバスの葉が広がるのは知ってましたけど
開く途中で、ハート型を作る事があるなんて知らなかった~!可愛い~♪
てっきり、手入れされてる人が型を使って作ったのかと思いました~(^^ゞ

でも、実際には一度も見た事がないです。
ぜひ、お堀だけでなくあちこちで再生してほしいものです♪
2009/09/26 23:31  | URL | Rekio #-[ 編集] |  ▲ top

- Rekioさんへ -

でしょ? なんだかちょっと可愛いでしょ?
花の周りが棘棘なだけに・・・この緑色のハートは結構可愛い図になるように思います。(⌒_⌒)

そっかー 鬼蓮、見たことないですか~!
また機会があれば花芯の綺麗な紫色を見てみてください!
2009/09/27 00:18  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 鬼蓮=オニバスとは! -

オニバスって、てっきり亜熱帯地方あたりからの外来種で、外来の名前をそのまま使っているものと思っていました・・・それがそれが “鬼蓮” とは! へぇ~。

最後から2番目の写真など、虫などが止まろうものなら、その “口” を開けて取りこまれて食べられてしまいそうだし、最後の写真に至っては、このままクネクネと動き出しそうで・・・何だかヤマタノオロチ???

エイリアンとかヤマタノオロチとか言いたい放題のようで。。。Sorry!
2009/09/28 22:05  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

なんとまぁ。。。
ヤマタノオロチとかキングギドラだとか・・・言いたい放題の待雪さんだこと!
嗚呼。。。鬼蓮が可愛そう。。。(涙)

棘棘の外見だけではなく、綺麗な紫色の花弁も見てあげてくださいよぉ。。。
完全に 鬼蓮サポーター なSeionよりのお願いでした。(^^)
2009/09/28 22:31  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/706-78fcee3d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。