2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
赤煉瓦に残る弾痕
- 2009/09/25(Fri) -
                         (Please click this photograph)
                 564-1.jpg

                                赤煉瓦の建物
 前日の記事で記したとおり、矢勝川の彼岸花を愛で歩きした後・・・ちょっとコーヒーブレイクを。 と、新たなカフェの探訪へ。


     564-2.jpg


 アンティークな家具とステンドグラスで大正ロマンな雰囲気を醸し出す店内のそのお店は、ヘルシーな温野菜とネルドリップコーヒーが売りのお店とのこと。

 私たちが店内に入ったときは他のお客さんがいないこともあってか、私たちが向かい合わせの二人掛けのテーブルに座ると・・・お店の女性が “奥の席のほうが広くてくつろいでいただけるので、そちらに移られませんか?” とご丁寧なお申し出を。 お言葉に甘え、四人掛けの広いテーブルに席を移させてもらった。 こういうちょっとした気遣いが出来るお店って・・・いいなぁ~と思う。

 コーヒーとおやつを、と思って “ケーキとかってありますか?” と伺えば・・・“この時間は、コーヒーー、紅茶を注文された方にはシフォンケーキをお付けしていますが。。。シフォンをアイスクリームに変えていただいてもいいのですが・・・” と。 へぇ~そうなんだ~と思いながら、数種類あるコーヒーメニューからそれぞれコーヒーをお願いし、同行者はレモンシフォンケーキを、私は3種類有るアイスから柚子のアイスを選択した。


               564-3.jpg


 出されたシフォンケーキと柚子のアイスに驚いた。。。 通常メニューやケーキセット、アイスセットになるようなちゃんとしたケーキとアイスで・・・とても “コーヒーのおまけ” とは思えない。
 しかも・・・シフォンも柚子のアイスもすこぶる美味しく! 柚子といえばシャーベット状かと思えば、ねっとりしっとりとした感触も味も美味しい柚子アイスで・・・私などしばしコーヒーの存在を忘れて柚子アイスを堪能していたほどで。。。(笑) 店内写真は携帯で撮ったものなので・・・柚子アイスの美味しそうな雰囲気が写っていないのが残念。。。
 上の写真中央の茶褐色なのは、沖縄産サトウキビ100%のジャスト1gの角砂糖で “コーヒーに入れていただいてもいいですが、ブラックのお好きな方は先に角砂糖を口に含んでいただいてコーヒーをお飲みいただいても味を楽しんでいただけると思います” というお店の女性のお奨めに従い、一粒舌の乗せてコーヒーを飲んでみた。 嫌な甘さが無くて、とても美味しかった。
 このお店・・・コーヒーのお代わりは150円なんだそうで・・・様々な気遣いでお客様にゆっくりくつろいでいただこうという気持ちがよく伝わってくるお店で・・・好感度大! 
 今度は温野菜のランチでもいただきに来ようと思った。


     564-4.jpg


 柚子のアイスクリームとコーヒーで・・・って、順序が逆か?(笑)・・・でコーヒーブレイクの後は、連休ということで公開されている古い煉瓦造りの建物を見学に。


               564-5.jpg


 この建物は・・・かつてカブトビールというビールの工場だったもので、市が買い取り、赤煉瓦倶楽部という有志団体によって保存されているとのこと。
 入場料をとっての公開となると・・・消防法など様々な法令が関わってくるため・・・時々無償で “内部や物品の虫干し” と称して一般に公開していると案内してくれた年配の男性が教えてくれた。
 5階建てなのだが・・・内部階段が木製で痛みがひどく、現在は2階以上には上がれないそうだ。 上の写真の5階のステンドグラス・・・現在は建物内部からその美しいであろう光の彩りを眺めることが出来ないそうだ。。。(とても残念・・・。)


               564-6.jpg


 カブトビール時代の様々なポスターも展示してある。 これは・・・赤坂の芸子、万龍をモデルにしたポスターだ。
 万龍さん・・・明治に流行した美人絵葉書のモデルとして知られ、雑誌が実施した全国百美人の読者投票で堂々一位となるほどの美女として大人気だった芸子さんだそうだ。 その人気ぶりは・・・その人気ぶりは 「酒は正宗、女は万龍」 と言われたほどで、百貨店や様々なポスターにも登場しましたそうだ。 すごいね。。。万龍姉さん、明治の超アイドルだ!


     564-7.jpg


 そのカブトビールの復刻版が飲めるスペースもある。 残念ながらすでに閉店時間を迎えていて飲めなかったが・・・いつか飲んでみたいものだ。 
 それにしても・・・このスペース、なにやら雰囲気があって・・・ジャズの生演奏でもしてくれたら、すかさず駆けつけるんだけどなぁ。。。 企画してくれないかなぁ。。。などと思って眺め撮り。


     564-8.jpg


 公開終了時間になったので建物の外に出たのだが・・・この赤煉瓦の建物の北面の外壁の煉瓦の残るこの数多くの穴・・・実は、太平洋戦争当時の米軍機の機銃掃射跡だ。。。
 案内の男性によると・・・終戦の1ヶ月ほど前、この外壁の北面は一面の小麦畑だったそうで、そこで遊んでいた子供達を脅かすのかからかったのか米軍の偵察機が機銃掃射をし、その時の弾痕だそうだ。。。
 終戦1ヶ月前・・・すでに本土上空の制空権は完全に米軍に握られ、空襲はされるまま・・・本来は危険任務なはずの偵察機が子供をからかうために低空飛行して機銃掃射の おふざけ を。。。
 敗戦であっても、降伏であっても・・・結果は変わらなかったわけだから・・・もっと早くに敗戦を受け入れ、終戦の決断をしていたら・・・広島、長崎の悲劇も各地の空襲被害も避けられたのかも知れないと思う。。。 終戦が1ヶ月早ければ・・・何万、何十万の命が助かったことだろう。。。
 案内をしてくれた男性は “各地で戦争の怖さを実際に見られる所が減っていく中、この機銃掃射の跡があるってことだけでも、この建物を保存する価値があると思っています” と、弾痕跡を見つめながら呟いた。。。 実際、見れば見るほど生々しい弾痕だ。。。


 連休中のある日・・・彼岸花を植えようと思った創始の思い、お客をもてなす気遣い感じるお店、様々な思いから古い煉瓦造の旧ビール工場の保存に尽力する人々・・・そんな 「心」 を感じられる場所を巡ることが出来た。


               564-9.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 小さな旅 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<いいモノめっけ!(V^-°) | メイン | 赤く染まる地・・・矢勝川の彼岸花>>
コメント
- こんにちは~。 -

もぅ、すごく素敵なカフェに趣のある建物で拍手1回では足りな~い!

カフェの雰囲気すごく良いですね~♪
Haru.Seionさんは素敵なカフェを探すのがお上手なのか
行かれる場所は全て素敵なカフェばかりなのか?(笑)
でも、なにより気持ちのこもった接待が嬉しいですね!^^

赤レンガの建物、いつまでも残していほしいですね。戦争の傷痕も含めて...。
2009/09/25 16:34  | URL | Rekio #-[ 編集] |  ▲ top

- 赤レンガ! -

素敵な煉瓦の建物ですね~
まさかこんな傷を負っているようには見えない。
生々しい銃の跡!
貴重な喫茶店ですね。
コーヒーもケーキも美味しそうで。
ステンドグラスも美しくて。

かぶとビールってあったんですね。
お姉さんのお顔がなぜか懐かしく親しみを覚えます。
昔のアイドルさんだったのね~。
2009/09/25 23:33  | URL | Jun #-[ 編集] |  ▲ top

- Rekioさんへ -

女性二人で営んでいらっしゃるお店なのですが・・・とにかく おもてなしの心 がよーく伝わってくる良いお店です。
くつろいでもらいたいという気遣いがとても気に入りました!(^^)

私・・・隠れ家的なお店探しも趣味のようなものでして!

赤煉瓦の機銃掃射痕は・・・戦争の記憶の貴重な物言わぬ語り部だと思います。 とにかく・・・生々しくて。。。
2009/09/25 23:37  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- Junさんへ -

ビール工場当時はもっと大きな建物だったのですが・・・現在残っている建物だけでも残そうという人達の心意気で保存活動がされています。
が・・・耐震的にはかなり危険なようで。。。(゜▽゜;)
こういう 戦争の記憶 は残していかなきゃいけないと思います。私も。

お客さんにゆっくりくつろいでもらおうという気持ちが伝わってくる いいお店 と出会えたな~と思っています。
とにかく・・・柚子のアイスが美味しくて。。。 あッ、もちろんコーヒーも!(●^o^●)
2009/09/25 23:50  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- ヨーロッパの鄙びた建物 -

を想起するような煉瓦造りの建物かと思いきや・・・戦争の傷跡を背負った建物だったのですね。 戦争に関することって・・・いけないんだろうと思いながら、直視したくなくて消極的なのですが、こうして思いがけないところで遭遇すると・・・ズンとくるというか、何と言うか。。。

コーヒーに付いているオマケは“注目ポイント”ですが、こんな豪華な?オマケは出会ったことも、聞いたこともないです。 こちらはオマケもさることながら、カップもいいなぁと思います・・・足つきカップなんて家では使わないし、お店の黒い雰囲気によく合っていると思いま~す。
2009/09/27 19:54  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

なにげの残る煉瓦の壁の弾痕・・・物は言わないながら、その存在感はすごかったです。
そういう意味でも貴重な建物だと思います。

このお店、、カップなどにこお客さんへの心遣いが感じられるお店ですよ。
いいお店と出会ったな~と感じています。
2009/09/28 13:12  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/705-cd28aefe
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。