2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ありふれた池の非凡な夕景
- 2009/09/15(Tue) -
                         (Please click this photograph)
                 554-1.jpg

                        通りかかった池の夕景に魅せられて
                             
 日曜の夕方、夕食に向かうために近道となる抜け道を走っている時のこと・・・何度も走ったことのある調整池の脇に差し掛かった。
 何度も目にしたはずのその何処にでもあるような池の風景に目を奪われて、急遽車を停めて撮ることにした。

 日没直後のマジックアワーと呼ばれる時間帯の夕空を映した池の水面がとても美しく・・・いつもやり過ごしてしまうありきたりの池を 特別な池 に残照が演出して見せてくれた。


     554-2.jpg


 急速に夕闇が近づいてくる空は・・・刻々とその色を変えていき、シャッターを押すたびに違った色合いの空、その空を映しこんだ水面が撮れるように思えたほどだ。


     554-3.jpg


 静かだった水面に小さな波紋が広がっていく・・・。 何者が生じさせた波紋なのかはわからないが・・・この池に生きる命の存在を感じさせる。

たまたま通りかかった池の夕景に魅せられて・・・残照が消えていくまでの間、その池の辺に身を置いた。

 見知ったと思っていたはずの風景にも人にも・・・時として思わぬ一面を見せられて思わず魅了されてしまうってことって・・・あるよね・・?
 
 これからの季節・・・湿度も下がってくるから夕焼け空が一層綺麗になってくる。 夕空が綺麗だってことは・・・と、夕食を済ませて店から外に出た時に空を見上げてみた。 すると・・・期待通りに星が綺麗に輝いていた。。。


     554-5.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<「死を想え」・・・という言葉がタイトルになった本 | メイン | 秋の気配>>
コメント
- なんとも -

うっとりの色合いの写真で、やはりプロの写真の素晴らしさに心打たれています。

加工されてない自然の色はやはり優れていますよねぇ~・・・
2009/09/17 06:02  | URL | ヘルブラウ #pDmV/urE[ 編集] |  ▲ top

- ヘルブラウさんへ -

いやいや・・・プロだなんてとんでもない。。。
恥じ入るばかりです。。。(゜▽゜;)

自然が見せてくれた色をたまたま撮れたってことでして・・・。
2009/09/17 23:17  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 幻想的、神秘的。。。 -

神々しささえ漂っているかのような。。。 

でも、時代が時代の陰陽師に言わせたら・・・ 「ややっ、これは不吉な。。。」 とか言われてしまいそうな・・・それくらいインパクトのある夕空ですね。

扉と最後の写真・・・おそらく、扉の写真より少し時間が経ったところではないかと思われる、空の色がそれぞれ濃く深まった方の写真に、地味なんだけど ツヤ消し の美しさ?のようなものを感じます。

2009/09/17 23:57  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

あはは。。。
陰陽師が登場するとは~(●^o^●)

そうなんです。
扉の写真と最後の写真は、ほんの少しの間に空とそれを映す水面の色が変わっていく様子を見ていただきたくて。
2009/09/18 11:39  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/696-e440774d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。