2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夕化粧
- 2009/08/09(Sun) -

                 517-1.jpg

                              夕方花開く白粉花

     517-2.jpg


 白粉花(オシロイバナ)・・・日が西に傾く頃から開花し出し・・・夜の間咲く花。。。 花を開閉させる花のほとんどは日中に花開かせるものがほとんどなので珍しい花だ。
 花とはいっても・・・花弁に見える部分は額で、実はこの花には花弁がない。


             517-3.jpg


 白粉花の名の由来は・・・種の中に白粉のような白い粉が詰まっているので・・・この名が付けられたという。
 しかし、別命 “夕化粧” と呼ばれるように・・・日が傾く頃から白粉を塗る・・・という意味で、例えば舞妓さん、芸子さん、江戸時代までなら花魁、遊女・・・につながるような・・・どこか艶かしいイメージも重なる。
 

     517-4.jpg


 この花、夜の闇の中で虫をほのかな香り誘う。。。 夜、男を惑わす女たちなら・・・香や匂い袋、現在なら香水ってところだろうか・・・? 男は・・・艶かしい夕化粧と芳しい香りに惑い誘われる羽虫の如く・・・?(笑)


             517-5.jpg


 昔から身近にある花ではあるが・・・大人となってあらためてその花の名の由来などを知ると・・・子供の頃から見慣れた花ではあるが、どことなく艶かしさを感じたりする。。。
 
 今回撮ったのは紅い花ばかりだったが・・・この花は1本の木で紅い花や白い花を咲かせたりすることもあり・・・不思議な花だ。。。 一人の女性が清楚な白のイメージや時には艶っぽい紅いイメージの使い分けで男を惹き付け、翻弄する・・・そんな連想にもつながったりする。。。


             517-6.jpg


 夕方、小さな花を咲かせていく白粉花・・・その芳香を楽しみながら夕化粧する女性と重ね合わせて眺め観るのも一興かと。。。


             517-7.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<こちらもお気に入りの散歩道 | メイン | 門前の白い百合>>
コメント
- -

(・0・。) ほほーっ 子供の頃から親しんでる「オシロイバナ」

可愛らしい小さな花に こんな大人な解釈があったのですね^^
なんだか 学校の花壇が 艶っぽくみえてきます(笑

オシロイバナに魅せられてよってくる羽虫たちに
昼間のカノジョたちの素顔は わかっているのかな? ( ̄m ̄〃)
2009/08/09 10:35  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

こんな解釈をすると・・・見慣れた花を観るのもまた違った味わいがあるかな~と思ったりしまして。。。

あはは。。。
昼間の素顔・・・知るべきか?知らざるべきか?(*^m^*)
2009/08/09 11:03  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- -

最近オシロイバナ、この辺ではあまり見なくなった気がします。写真がみれて、うれしいです。
種もかわいいですよね。子供の頃、種をよく集めました。なぜだか・・・?v-410
2009/08/10 21:29  | URL | てのりぱんだ #C/Rcg83E[ 編集] |  ▲ top

- てのりぱんださんへ -

確かに。。。
この花、かつては普通に家の庭なんかに咲いていたりしたもんですが・・・庭なんかに咲いている家も減りましたね。。。

白粉花の種を集めていたという子供時代のてのりぱんださんが可愛く感じたりしますよッ!(^^)
2009/08/11 02:55  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 二枚目 -

…って、カッコイイ男性のことではないですよ!

2枚目の写真を見ると、確かに小・中学生の頃あたりに目にしたような記憶が無きにしもあらず。。。
花弁に見える額の部分って、触ると指にペトッと張りついて、破けそうな感じでしょうか?…そんな記憶も無きにしもあらず。。。

皆さんのコメントも拝読しますと…お花に限ったことではないと思いますが…小さい頃から親しんできたものって、大人になってからの素地となっているものなんだなー と。
私は “小さい頃って何をしていたっけ” というくらい、あまりにも無頓着に過ごして来たような気が。。。 ただ、それは、大人になった今も言えるような。。。 ハハハ(…と笑って誤魔化している場合ではないような。。。)
2009/08/12 05:12  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

そうそう!
この花弁のような部分ってちょっと粘着力ありますね!
香りで吸い寄せられた羽虫は逃げにくい?(笑)

花もそうですが、小さいときに親しんでいたイメージってなんにでもありますよね。
そのイメージが変わったりするのは、ある意味新しいことを知るより新鮮だってこともあったりしてね。

笑って誤魔化すではなく・・・笑ってやり過ごすってことも 大人の技 として必要な場合もあるわけで・・・。(笑)
2009/08/12 11:50  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/659-9025432e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。