2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
百日紅咲く庭園を眺めながら・・・
- 2009/08/06(Thu) -
                      515-11.jpg

                         緑に映える赤い百日紅の花
 今日、かねてからの約束があり、丸一日仕事を休んで山間にドライブに出掛けた。 本当は少し歩きたかったのだが、台風の影響で湿った温かい空気が流れ込んでいるせいか、それとも私の体調のせいなのか・・・少し歩くだけで大量発汗。。。 そんな私の体の都合と、同行者が山道は歩きにくいようなサンダルを履いていたためなのか、とても歩きにくいようなある意味ちょっと不思議な歩き方をしていたので・・・長々と歩くことは回避してささやかな散策程度に留めた。

 その後、私の体の変調具合が染ったのか・・・同行者も原因が明らかでない体温上昇に見舞われ、体が温かくなって火照るような状態になってしまうという事態に陥り・・・結果として暑い中をたくさん歩かなくて良かったんだけどね。。。

 昼食は江戸時代の陣屋跡を整備した施設の中にあるお店で昼食にした。 綺麗に手入れされた庭園を見渡せるお店だ。


     515-22.jpg


 食したのは鮎を丸ごと炊き込んだ鮎釜の定食だ。 ご飯と一緒に焚き込んだ鮎を一旦釜から皿に出し、頭や骨を取り除いて解した身だけを釜に戻して混ぜ込んで食す。


               515-33.jpg


 思いの外あっさりしていて・・・もりもり食べてしまった。。。 誰が体調がおかしいかもなんて言ってたっけ?(笑)


 鮎釜を食べた後、庭園をのんびり歩けば・・・赤い百日紅の花咲く風景が庭園の一角に華やぎを与えていた。

 
     515-44.jpg


 今日一日一緒にいた同行者と話しをしたりしていてふと気付いたことがある。 いろいろ話しはしたのだが・・・彼女は時として明確な返答や意思表示をしないこともある。。。(って、まぁ、誰しもそういうことはあるのだが・・・) そんな時、彼女の唇、特にその唇の端の動きを見ていると・・・彼女の意思、意向がある程度読み取れることに気付いた。。。 目は口ほどに物を言う とは言われるが・・・唇は言葉ほどに物を言う ということもあるもんだな・・・と思ったりしてちょっと面白かった。。。
 私が彼女の唇に何故着目していたかと言えば・・・その唇、ある理由があって実に私が好ましいと感ぜられる唇だからだ。。。 その理由・・・それはまた別のお話し。。。(笑)

 彼女の唇の紅と百日紅の花の赤がどことなく頭の中で交差するような・・・熱帯夜・・・哉。。。


     515-55.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<清楚さと艶を併せ持つ白い花 | メイン | 紫のユリ>>
コメント
- -

うふふ^^なにやら 艶かしい記事ですね~♪

なるほど^^花にたとえられる唇・・・

女冥利につきるというもの(⌒^⌒)b





2009/08/06 00:40  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

あっ。。。
艶っぽいだなんて・・・お恥ずかしい。。。
(^о^〃)

唇の紅と紅の字をもつ百日紅をかけてみました~
2009/08/06 12:02  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 時代小説の一場面 -

時間がゆるりと流れているような…平日に仕事を休んでタイムスリップしちゃったとか??? 私もタイムスリップして、こういうところに立ってみたいなー。。。

百日紅の赤は、緑にも映えますが、白い石庭にも映えますね。 赤と緑と白…なるほど。。。 お花だけじゃなく、旅先のスナップ写真なんかでも、きっと言えることですよね? 今度、写真を撮る機会があれば、ちょっと意識してみようっと! Seionさんには、その結果をお見せ出来なくて残念ですけどね~。
2009/08/08 09:07  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

ある意味・・・休日に動くより、仕事を休んで出掛けちゃった方が、非日常的世界へスリップ出来るかもしれないですよね。 
待雪さんも・・・たまにはそんな時間をお過ごしください!

百日紅の紅い花は・・・それほど強い赤ではないので、緑と合わせても強い補色にはならないですよね。
色鮮やかな赤でありながら・・・他ともうまく協調する・・・そんなしなやかさをもった女性をイメージ出来たりして?(^^)
2009/08/08 11:19  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/656-5a850bc4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。