2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ようやく・・・ホントにようやく・・・解散
- 2009/07/22(Wed) -
                 499-1.jpg

                       どう考えても遅すぎた解散だけどね・・・
 小泉さんが退陣してから・・・安倍さん、福田さん、麻生さんと・・・衆院選で国民の信を問わない政権の放り投げと首の挿げ替えが続いた自公政権も衆院の任期切れを目前にして・・・ようやく解散された。
 しばらく政治ネタは記事にする気にもなれなかった。。。 特にこの1ヶ月くらいの間は酷いもんだ。。。 政権党であったはずの自民党のあまりの姑息さに呆れるばかりで・・・。

 東国原宮崎県知事の人気にすがろうと出馬依頼・・・姑息だ。
 まぁ、あの知事も “私がいけば負けさせない” などと言ったりして、どこか大きな勘違いをなさってらっしゃったようだが・・・。 宮崎県知事としてはアクティブに動いていていいじゃない。。。と思いはしても・・・どれだけの国民があの知事を首相にと望んでいるか・・・? 芸人気質のシャレならまだしも・・・ご本人は大真面目だったようで・・・なんとも政治感覚の無いお方と言わざるを得ない。 ようやく知事の任期を全うすると発言されたようだが・・・いくら宮崎に飽きて東京で活動したいからとはいえ・・・とにかく一期はまっとうに務めなきゃ。。。 国政に行くのはそれからでいいよ。。。
 と、その勘違い知事に出馬依頼した古賀選挙対策本部長・・・都議選の責任を一身に被って本部長職を辞任した形をとったが・・・この辞任の仕方もこれまた姑息。。。 首相はじめ執行部に責任が及ばないようにと辞任した形を作りながら・・・実は、衆院選の大敗の責を負い、彼自身の政治的な影響力を失墜させる事態を巧妙に回避したとしか思われない。 要するに沈みかけた船から真っ先に逃げ出した老獪な古ネズミ・・・だね。
 その姑息な古賀氏の本部長職辞表を受理せず宙に浮かしたままの麻生総理・・・リーダーシップを感じさせないなんとも中途半端なままで・・・。

 中途半端といえば・・・今はもう “幻の麻生下ろし” だ。 あれだけ鼻息の荒かった反麻生の皆さんは・・・どうなった? 一体彼らは何がしたかったんだ? 中途半端もはなはだしい。。。
 総理が反省とお詫びの弁を述べればそれで良いのか? 総理が目を潤ませたからって・・・それでもうご立派なる総理批判は消え去るのか? 麻生さんと中川さんの笑顔での握手風景・・・とんだ茶番を見せられた国民こそいい迷惑だ。。。
 だいたい・・・解散を目前にした総理があれだけ反省とお詫びを述べるなんて・・・それはもう辞職する光景だとしか思えないような光景ではないのか? 反省とお詫び続きで居座られたら国民はたまらない。。。 お詫びするなら・・・責任をとらなきゃ。。。と思うのがわかり易い理屈だと思うが・・・。

 自民党が大敗した都議選の候補者全ての事務所を回った麻生総理・・・大敗後、総理も多くの執行部も “国政には影響は無い” といきなり一地方選扱いに躍起で・・・これまた姑息だ。 総理自ら応援に入って負けたのに・・・それが関係が無いはずはないではないか。。。 国政とは関係ないなどと言ったら・・・数少ない意思表示の機会に意志を示した東京都民に失礼だ。

 都議選大敗後・・・とみに自民党の姑息さが顕著に目立つようになった。 政権党とはいえ・・・瓦解していくときにはこんなもんなんだね。。。

 とにかく・・・遅すぎた解散だ。 国民にとってはもちろんだが・・・どうも麻生さん自身にとっても遅すぎた解散だったということになりそうだ。 結果として麻生総理は就任して間髪置かずに解散総選挙を打つことが最大の勝機だったということになりそうだ。 もしそうして総選挙を行って自公でギリギリでも過半数を取れたとしたら・・・とにかく国民に信任された政権として米国発金融危機に端を発した世界的な経済危機に対する経済対策、補正予算など・・・もっと自信を持って打ち出せたろうに。。。
 まぁ・・・私自身は麻生さんが総理になった段階から・・・この方は総理総裁になって何がしたいという大望を持った人ではなく、総理総裁になること自体が目標とするところ・・・という人だと感じていたので・・・総理就任時であっても決して支持はしていなかったが・・・。

 それにしても・・・今日解散で・・・8月30日選挙。。。 これも麻生さんと自公のご都合の妥協の産物日程だが・・・40日間なんて長過ぎだ。 その間に風が変わることを期待しているのか・・・今や自民党議員にとってもとても確実な集票マシーンである公明党支持者が都議選からの体制立て直しを待とうというのか・・・とにかくこれまた姑息だ。

 民主党がモロ手を挙げていいとは言わない。 この国の抱える問題が 友愛 という言葉でそうそう簡単に解決できるとは思わない。 確かに・・・民主党の掲げる政権公約には財政的な裏づけが弱いとも思う。。。 ただ・・・それでも・・・もう今までの状況が続くことはご免だ。 今日の自公政権を信任する気にはとてもなれない。 例え民主党が政権をとった後、高速道路の無料化は目指しましたが・・・今は半額にしか出来ませんでした。。。ガソリンの暫定税率は半分にしか現段階では出来ませんでした。。。なぜならば・・・とちゃんと数字を示して説明してくれるなら・・・それでいい。 人気取りの定額給付金をその配布自体にも大金掛けてばら撒くことよりよほど納得出来る。。。
 第一・・・民主党の政権公約に対して財政的裏付けがないと批判する自民党の財政的裏付けは・・・所詮、財務省の言いなりの消費税増税でしかなく・・・麻生・与謝野ラインの考え方はそこに行き着くではないか。 それよりも・・・出来る無駄を排するために官僚と戦う姿勢を示す民主党に賛同できる。

 Seion・・・現段階では民主党へ投票することを決めているし・・・おそらく40日後もそれは変わっていないと思う。 実は・・・なにを隠そう、Seion、かつては自民党員だった。。。 もう何年も前に自民党政治に失望してやめたが。。。 もう自民党は一度政権与党をはずれ・・・それこそ解党的出直しをしないと・・・とてもじゃないけど国民の信を得る政党には戻れないと思えてならない。
 本来ならとっくに自民党という政党は政権党の座から落ちていたはずなのだが・・・小泉という自民党としては異端の総理総裁の出現で命を長らえただけのことで。。。 ある意味画期的な部分もあった小泉改革も結局中途半端で実質的な方向転換が図られ・・・残ったのは国民の痛みと政治的な混乱のみ。。。 もう・・・いけません。こんな民意とかけ離れていくばかりの政治は。。。

 国民の側も・・・今回の選挙にはとにかく投票し、自らの意志を示さなければならないと思う。。。 今回の総選挙にすら行かずして、政治に不満を語ることなかれ。 棄権は政治へのどんな不満をも飲み込んで沈黙するとの態度表明と心得るべし。。。と思うほどだ。

 ともあれ・・・やっと、やっとだ。。。 やっと、国民が意志を行使できるその日が決まった。

 願わくば・・・今度の総選挙を通じてドロドロに泥沼化した現在の自公政権を変えていく光明となるような蓮や睡蓮の花のような新たな兆しが花芽を出してくれることを切に望む。。。 たった一輪であっても。。。


             499-2.jpg

            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  


 


スポンサーサイト
この記事のURL | NEWS | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<欠けた太陽 | メイン | 南国の花を愛でる>>
コメント
- -

ああww 睡蓮の花が なんて神々しく清らかにみえることか(笑

いつの間に この国は 短絡的な結果主義になっちゃったんですかね~
仕事においても 学校においても
その日々の積み重ねは無視されて
結果の数字だけが 意味を持つw
政治においても そう
どっち側につくのが得策か 右往左往
どれだけの政治家が しっかりしたビジョンをお持ちなのだろうか。。。
まあ~政治屋2世3世のお坊ちゃんたちに
それを期待するほうが無理かなw

あ~~~ スッキリしたわぁ(*≧m≦*)ププッ
2009/07/22 01:03  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- 同感!! -

この国どうなっちゃうんでしょうね。
思いつきの政治。付け焼刃の政治。
言葉を覚えて他の国に住んじゃいましょうか?
今回はマスコミに踊らせられることなく、
冷静に選ばなくては。
しかしどの党を??
2009/07/22 10:18  | URL | Jun #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

ホントだよね!
主義主張より、自分の選挙にとって有利になるために身を処す。 そんな政治屋のなんと多いことか・・・。
最初の出馬選挙の演説で聴衆に向かって “下々の皆さん!”とやらかした麻生さんには生活者レベルの視点など望むべくもなくて・・・。

ただ・・・国会に溢れるそれら議員さんを選挙で選んだのはそれぞれの地域の国民である事は間違いなく・・・。
しっかり考えて投票しないとね
2009/07/22 10:40  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- Junさんへ -

まさに・・・付け焼刃的な姑息な政治になっちゃいましたね。。。
何かあれば一斉に竹やぶを突付きまわすかのようなマスコミの報道姿勢にも問題ありだと思うです。

所属政党も見てなきゃいけないけど、それぞれの選挙区でどの候補者が国会に送り出すに相応しいかを見極めないとね。
2009/07/22 10:45  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- カミングアウト -

何を隠そう … へぇ、そうだったんですねー。
“自公連立”からして姑息の始まり…って、何年前からだという話しになってしまいますが。

政権交代がとうとう実現するでしょうね…ただ、短命かも知れませんが。。。

かつては、村山さんが首相になった日本を思えば、民主党なんて元自民党集団…ほとんど抵抗なく受け入れられるような気がします。。。

Seionさん、久しぶりに語られたようで!
2009/07/24 20:59  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

カミングアウトってほどのことでもないかと・・・(笑)

短命であっても・・・まぁ、年単位でもってくれればそれはそれでいいんですよ。
ただ、自民しか政権を運営できないという 政権胡坐かき状態 政権ボケ状態~実質官僚支配 という状況は一旦途切れさすことがまずは肝要かと。

個人的には お堅い とも 原理主義者 とも言われる岡田さんが数少ない期待する政治家ですね。 
2009/07/24 23:21  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/641-bd9655c7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。