2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
神前の蓮の花を観に
- 2009/07/14(Tue) -
                 489-1.jpg

                    陽が西に傾いても花開く姿を見せてくれた蓮
 日曜日、いよいよ夏本番の到来を感じさせるような暑い日となったが、せっかくの休日なのに家でくすぶっているのは性に合わないので・・・岡崎市の伊賀八幡宮の蓮を観に行こうと思い立ち、午後からお出掛け!

 伊賀八幡宮に向かう途中、ネットで情報を得ていたいかにも私の好みそうな 隠れ家的なお店 に立ち寄る。

 そのお店は・・・古い農家の家屋を使って雑貨屋さんとカフェが共存するお店だ。


     489-2.jpg


 上の写真のように様々な雑貨が並べられた路地のような通路を入っていく。 なんだか心誘われる場所だ。


                489-3.jpg


 様々な雑貨の中に、なんとなく心癒されるような雰囲気を醸し出す手作りのブリキや板金加工の作品があったりする。 またここには大小さまざまなマトリョーシカやチェブラーシカの人形やグッズが数多く展示販売されている。

 そんな雑貨が展示されている通路の中にカフェへの入り口はあった。


                489-4.jpg


 懐かしさを感じさせるような引き戸を ガラガラ と開けて、カウンター席4人、掘りコタツ席2席のこじんまりとした店内に入り、運良く空いていた掘りコタツ席に座った。

 注文したのはコーヒーの氷の上にヴァニラアイスクリームがたっぷり乗せられており、好みに応じてエスプレッソコーヒーを掛けてアイスクリームを楽しみ、エスプレッソの苦味を楽しみ、コーヒーの氷を頬張って楽しみと・・・実に様々な味わいで涼を楽しめるというもの。


     489-5.jpg


 杏のクリームの抹茶のロールケーキと共に、冷たいこの飲み物で高い気温で熱くなった体をクールダウンできた。

 二人の女性の素敵な笑顔が印象的ないかにも隠れ家的な素敵なお店だった。 きっとまた訪れることになると思う。


                489-6.jpg


 冷たい飲み物で体をクールダウンした後、少し様々な雑貨を見て楽しんだ後・・・伊賀八幡宮に向かう。

 
     489-7.jpg
 

 伊賀八幡宮・・・ここのことは以前にも記事にしたことがありるが、神社としては珍しいとても立派な朱塗りの随神門を有した家康が生まれる以前からの徳川家との縁の深い神社だ。
 その朱塗りの随神門と蓮の競演が見事だろうと思っていたので・・・蓮の花の咲く時期に訪れたいと思っていて、今回それを実行したということだ。

 まず、拝殿に参拝した後、蓮の花が生い茂る随神門の前の池をゆっくりと歩く。。。 もう夕方へと向かう時間だったので、蓮の花は開いていないかもしれないと覚悟はしていたのだが・・・運良く、というか、ここの神様のお慈悲なのか・・・数輪は開花した姿を見せてくれていた。


                489-8.jpg


 しかし、ここの蓮の花の見事さには・・・咲いている花だけではなく、蕾の美しさにも見惚れるほどだ。


                489-9.jpg


 もちろん花開いた花の姿は美しい。。。 だが、蕾の美しさにさえ目を奪われる花はそう多くはない。 ここの蓮の花の蕾はその数少ない花の一つだと感じられたし、蕾の造形美といっても過言ではないような美しさを感じられた。


                489-91.jpg


 夏の暑さを感じる日曜・・・ゆったりとした時間が流れる農家の風情を残した家屋の中の隠れ家的なお店と神前の見事な蓮の花、美しい蕾を楽しめた。。。 暑いからといって家の中で転がっているような無為な休日を過ごしていては、こういう心弾み心癒されるような時はなかなか過ごせない・・・と思う。


                489-92.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<夏の黄色 | メイン | あなたのお好みの花の色は?>>
コメント
- -

蓮のお花を見ていると、心が洗われます。
素敵です。

今日のカフェも雰囲気があって、
いいですね♪

おしゃれなアイスクリームで涼しくなりました。

今日も暑くなりそうです。
お気をつけて♪

ぽち☆
2009/07/14 09:03  | URL | マンマ♪ #XJHSstkg[ 編集] |  ▲ top

- マンマ♪さんへ -

蓮の花はなんだか神秘的でもあり、仰るように心洗われるような雰囲気をもった花ですよね!

時間がゆるりと流れているようなお店でしたよ。

いよいよ梅雨明けの時期となってきました。
お互いに暑さに負けないよう過ごしていきたいですね。
2009/07/14 11:34  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 蓮の蕾 -

こんなに美しいと思いませんでした。
Seionさんが写すと魔法みたいです。
花開く瞬間をずーっと見ていたいと
思いました。
2009/07/14 17:27  | URL | Jun #-[ 編集] |  ▲ top

- 蓮の花 -

今年は蓮の花も睡蓮も見ずに過ぎていきそう。
でもこちらで見せてもらってThanksです♪

↓の記事で蓮と睡蓮の見分け方も教えてもらって
有難うございました!
早速、夫にも教えてあげました(笑)
2009/07/14 22:08  | URL | Rekio #-[ 編集] |  ▲ top

- Junさんへ -

いやいや・・・魔法だなんてとんでもないです。。。(照れ)
私の腕というより、カメラの機能の賜物かと。。。
でも、お気に召したようで幸いです。(^^)

同感です。
私もここの蓮の蕾を見て、咲いていくところが見ていたいと思いましたから!
2009/07/14 23:47  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- Rekioさんへ -

Rekioさんのお住まいの近くには蓮や睡蓮の咲く池とかありませんか~?

意外と簡単な見分け方ですよね。
日本ではほとんどの睡蓮は水面で咲くのでかなりの高確率で間違いないと思いますよ。
またどこかで蓮か睡蓮を見かけたら見分けに活用してください!(⌒_⌒)
2009/07/14 23:50  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- -

お勧めのカフェ・・きっとステキなのでしょうけど
Seionさんの写真の撮り方 光の加減 すごい上手だと思います^^
雑貨たちに癒されます♪

蓮も 慈悲の心で 微笑んでくれてるみたい。。
ステキな写真をありがとう(*^^*)
2009/07/15 00:13  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

嬉しいコメントをありがとうございます~!
私、普段から 自然光に勝る照明効果無し と思っていますので・・・そう仰っていただけるのはホント嬉しいです。(^^)

なっち♪さんとこの古代蓮に刺激されて撮ってきたって感じなんですよ!(⌒_⌒)
2009/07/15 11:24  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 私は蓮になりたい -

白い蕾に、夕陽が差し、それで金色に輝いて…開きかけなのか、閉じかけなのか…丸みを帯びた緩んだ表情の写真も素敵ですが…

私が目を奪われたのは、最後のお写真。。。。。

キリッと固く閉じていて、てっぺんなど肩に力でも入っているかのようにまだ尖っていて…それなのに、ちょっと目を離したら、知らぬ間に大きな花を咲かせて「どう?私?」とでも言っていそうな・・・私はこんな蓮になりたい!

それに、この主役のピンクと背景のグリーン2色。まるで色相環!補色効果だから、こんなに安定感や安心感があるのでしょうか。もう1回、言っちゃおう・・・私はこんな蓮になりたい!!!

今回ばかりは「花よりアイス!」にはなりませんでした~。
2009/07/16 19:34  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

これから花咲く蕾のはずなのに・・・緩んだところがなく・・・凛とした雰囲気の蕾ですよね。
私もそんな雰囲気が気になって撮りました!(^^)

待雪さん・・・どこか神秘的な蓮の花の雰囲気を目指して? 蓮の花・・・聖なる花でもありながら・・・エロスを隠し持っているような・・・そんな気がしますが!(⌒_⌒)

おぉ。。。
今回は、アイスより花のほうを選んでもらえたぞ~!
ヽ(^◇^*)/ ワーイ
2009/07/16 23:18  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/633-88104ef0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。