2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
蓮の花咲く
- 2009/07/11(Sat) -
                    487-1.jpg

                          茎を伸ばして花咲く蓮
     487-2.jpg


 蓮の花が咲く季節になったね。 様々な池で蓮の花が咲き出している。

 ところで・・・その蓮と睡蓮の違いって知ってる?
 簡単に言えば、水面で花を咲かせるのが睡蓮で、蓮は水中から茎を伸ばして花を咲かせる。 一般的にはその見分け方でまず間違いない。 
 が、どんなことにも例外はある。 ごく稀には睡蓮でも茎を伸ばす種があるし、日当たりが悪い所に花芽を出してしまった気の毒な睡蓮が陽光を求めて茎を伸ばすこともあるらしい。


     487-3.jpg


 蓮は泥水の中から中空に茎を伸ばしてきれいな花を咲かせる。 「泥中の蓮」 と言われ・・・仏教において蓮の花は、まるで泥ような煩悩、俗欲から抜け出した悟りの境地に喩えられる。
 そのため蓮の花は仏教の教えの象徴的な花とされており・・・多くの仏が座す蓮台にも使われている。



             487-4.jpg

 
 泥の中から咲く蓮の花・・・悟りを開いた貴い状態を表していると同時に、人の心の在り方も言い表しているとも考えられるんじゃないかとも思う。。。
 人が長い年月生きていくには必ずしも清らかな心でばかりではいられない。。。 様々な欲、時には必要に迫られての嘘、意識、無意識の差異はあれども人を傷つけてしまうこともある。。。
 だが、忘れちゃいけない。。。 誰しも清く優しい心は持っているはずであり、時にはその正しい心が泥の中から茎を伸ばし花を咲かせるように正しいことが出来るはず。 それを 功徳 と捉えれば、そういう行いを多くすればするほど 徳を積む ということになる。 
 そういう考え方をすれば・・・仏教の教えは泥のような煩悩や俗欲を真っ向否定するのではなく、そういう泥のような心持ちをも含めて 人 というものであるという・・・とても穏やかな教えのような気がする。
 だからこそ、あくまで 「泥中の蓮」 を教えの象徴の花としているのであり、美しい草原に咲く美しい花を象徴とはしていないのではないかと思ったりする。
 「水清ければ魚棲まず」 という言葉があるように・・・あまりに清らかな場所では人は生きてはいかれないということの裏返し・・・とも思われる。


     487-5.jpg


 蓮の花咲く池の辺の鴨・・・貴い佇まいとまでは言わないが・・・心なしかとても穏やかでくつろいでいるように見えた。

 
 蓮の花咲く池を訪れ・・・水面から茎を伸ばして咲いた清廉で美しい花を眺めつつ・・・自らの心の内にも蓮の花のような美しい花の蕾があることを時には思い返す時を持つのも無為な時ではないと思う。。。 一年に一度でもいい。 心静かにそういう時を持つ人生とそうではない人生・・・長い年月の間には実は大きな違いがあるような気がしてならない。。。


             487-6.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<広い空を眺めながら | メイン | ユリの花共同体?>>
コメント
- -

こんにちは~♪

美しい写真ですね。。
煩悩ばかりの中で暮らしている私ですが(^^;)
心洗われる思いがします。

実家の池に、黄色い睡蓮が咲いています。
水面に咲く花って、こういう宗教心を感じさせるからでしょうか。。

私もしばし時の経つのも忘れ、眺めています。。。
2009/07/11 10:42  | URL | 美夏 #-[ 編集] |  ▲ top

- 美夏さんへ -

私とて煩悩が服来て歩いているような者で・・・(⌒▽⌒;

時には蓮に喩えられる仏教の教えなどを考えながら、その蓮の花を眺めるのも悪くはないよね。

ご実家に睡蓮があるんですね。
くつろぎながら花を眺める時を持ててうらやましいです!
2009/07/11 13:01  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- え~っ! -

Sionさん!
また偶然が…。
私も今日、蓮の花をアップしました。

睡蓮も見たいな~。。
2009/07/11 13:13  | URL | sayo #q7XswXQk[ 編集] |  ▲ top

- sayoさんへ -

でしょ?
私も今sayoさんちで記事を目にしてビックリしたところですよ!
偶然って・・・こうして重なると・・・縁ということを感じたりしますね。(^^)

sayoさんが記事にした蓮・・・撮りにいきたいなぁ~!と思いました。
2009/07/11 13:19  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- -

(;´▽`A`` しばらくサボってる間に 蓮 アップしてたのですね^^;
あはっ^^考えてみれば 季節の素材 Seionさんが逃すわけはない(笑

しかし さすがですね~~ 最後の一枚・・ まさに「泥水の蓮」
こちらを見てから撮影にでかけりゃよかったと
後悔中~~
2009/07/13 00:37  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

こんばんは^^ よく小さいときに母から仏法のお話を聞いていいて。
蓮は爽やかで潔くて憧れます。泥水から美しい華を咲かせる・・現実から逃げないで・・地に足をつけて・・という意味合いに勝手に受け止めてます~
鬼子母神のお話もよく聞いていたんです~
私も子ども達に聞かせなくては~と思いました。

↑のお花、トレニアですよ^^ 
今はいろんな色が出て、花数も多くて夏に強くて。白ははじめて見ました^^
2009/07/13 03:12  | URL | yuyu #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

やっぱり・・・季節毎の
花の写真って通りに行きたくなりますよね。
でしょ?(^^)

最後の写真、薄雲に覆われた太陽を池に写しこんでみようと思って撮ってみました。
お気に召して・・・嬉しいです~(^^)
2009/07/13 13:24  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- yuyuさんへ -

日常の中で仏教に関する話しを子供にしていらっしゃったお母さん・・・素敵だと思います。
それだけに知識がないと子供に話しなど出来ませんし・・・そういうお母さんが多ければ、実は学校教育の中の道徳教育が今日のように混迷することもないと思うのです。。。

蓮の花が咲く姿に重ねるyuyuさんの思い・・・素晴らしいと思います!共感します。(⌒_⌒)

あの花、トレにアっていうんですね!さすが!よくご存知!ありがとです!☆⌒(*^-°)v Thanks!
2009/07/13 13:31  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 睡蓮と言えばモネ、蓮と言えばヨガ -

蓮の花は、こうして外から眺めていると、真っ直ぐ上を向いて太陽に向かっていて、もし・・・もし、自分が中にいるとすれば、花びらが何気に自分を守ってくれているかのように包まれるようで … 私はヨガをやっているので (と言っても、単なる運動不足解消のためですが) ヨガとlotusは切り離せない密接な関係があり “蓮の花のポーズ” なんていうのもありますし… “蓮びいき”???かも知れません。

最後の写真なんて、水面の葉が蓮の花で、中心のお花を守っているかのようで…おまけに太陽のレフ板付きだし! 
とても素敵な写真だと思います。
2009/07/13 23:21  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

なるほど。。。
仏教もそうだけど・・・ヨガもインドとは切っても切れない関係だし、インドでは蓮の花はなにかにつけて尊ばれる花・・・蓮びいきになるのも頷けます。
インドでは 蓮女 として蓮になぞらえられる女性が最高の女性とのこと・・・贔屓になって益々 いい女 になろうではありませんか!(⌒_⌒)

なるほど・・・中心にある花を葉が守っているというイメージ・・・確かにありますね!
自分の写真に自分でも気付かなかったイメージを付け加えていただき・・・感謝です!(^^)
2009/07/14 00:13  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/630-9054c903
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。