2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ピンク色のねじねじ
- 2009/07/03(Fri) -
                    479-1.jpg

                      その名の通りねじねじのネジハナ

 あまり草丈の高い花ではないので見逃しがちだが、ネジバナかそこかしこで咲き出している。
 ねじねじ捩れて可愛いピンクの花を咲かせていくこの花・・・ラン科の花なんだよね。

 ねじねじ花を咲かせていくのは・・・なんでなんだろう? どの方向からの陽光も浴びることができるように? それともどの方向から風が吹いても耐えられるようにバランスをとるためか?


             479-2.jpg


 よく観ると・・・右捩じりもあれば左捩じりもあって、必ずしも同じ方向に捩れるわけではないようだ。

 面白い咲き方をする花なので、見つけると・・・ついつい草の中に片膝つくようにして見入っては撮り、また見入ってしまう。 そんな風にして観撮りしているとき・・・何かが近くの花にとまった。


             479-3.jpg


 シジミ蝶だ。 これはベニシジミかな? 大きな目をしてなかなか可愛い顔をしてるね。 ネジバナを撮ろうと草の中に身を沈めている時の偶然の出会いだった。


             479-4.jpg


 このネジバナ・・・別命を もじずり(捩摺) とも呼ばれ・・・古来から日本人に親しまれてきたようだ。


               みちのくの しのぶもじずり 誰ゆえに 乱れむと思ふ 我ならなくに
                                            古今集 河原左大臣



 百人一首にもある歌だ。 もじずり(ネジバナ)のように捩れ乱れてしまった私の心・・・それは誰がためだろう(あなたのせいなんだよ) と、捩れてしまった恋心を詠う。
 “しのぶもじずり”と詠まれていることから、そもそも 世をしのぶ関係であった人に抱いた恋心ゆえか? それとも心が捩れてしまうほどに気持ちをかき乱されてしまっているということをお相手に伝えたかったのか?
 ネジバナは可愛いが、恋心はあまりねじねじに捩れてしまわない方が良いだろうね。。。(笑)

 時には・・・野原の草の中や芝生から顔を出して咲いているネジバナのねじねじに咲いた小さな花を愛でながら散歩するのも楽しいと思うよ。


             479-5.jpg


 

            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<この時期だけの・・・公達と姫の逢瀬 | メイン | 半夏生か? 半化粧か?>>
コメント
- -

このネジ花 散歩の途中によく見かけてて 気になってたんですよね~
この螺旋・・ なんか詩にできないか??って
でも さすが河原左大臣(⌒^⌒)b 
ちぢに乱れる恋心ですかぁ・・ロマンチック♪
やはり 昔の人には叶いませんね~w
2009/07/03 00:46  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

このねじねじが草の中からツクツク出ていると気になるよね~(^^)
ぜひなっち♪さんの写真と言の葉でこのねじねじを活かしていただきたく。待ってます!

昔の人は花などを歌に詠いこむことに長けていたし、それだけに草木をっよく観ていたんだろうね。
2009/07/03 11:30  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/03 18:05  | | #[ 編集] |  ▲ top

- 鍵コメさんへ -

私は気ままに綴っている記事に共感していただけて・・・とても嬉しいです。(感謝)

遠慮なさらずに感じられたことがありましたら、どんどん話しかけてくださいね!(^^)
2009/07/03 23:45  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- ねじねじと言えば・・・ -

中尾彬さんがお花好きかどうか知りませんが、ネジバナを見たら「いいじゃない、かわいいじゃない」とか言いそうです。

シジミ蝶というとは知りませんでしたが、このチョウチョは街中でも見かけるような気がします。ですが、顔まで覗きこんだことはなく…「大きな目をして」と言われて注目したら、黒目勝ちどころか100%黒目???
こんな顔を見ていると、やはり、子どもの頃に見たアニメの世界のハッチとかマーヤが思い起こされ・・・子どもの頃に見たものって、あなどれませんねー。

そんな子どもから成長して、百人一首…意味も分からず丸暗記するには限界があり…今になって「どこかで聞いたことがあるなー」程度でも記憶に留まっているのは、半分もあるかどうか…お恥ずかしい。
こうして大人になり、もう無理に丸暗記する必要も無いので、意味から読み直して、様々な形の恋愛について、教養を深めたいものです。
2009/07/05 22:26  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

そうか~ 
中尾彬さんとねじねじつながりで話しを展開するとは、想定外のコメントで面白い。(^^)

そう。そう。しじみ蝶は何処でも見かけるよね。
それだけにその顔がなにげに可愛かったりすることを知るのもちょっとした発見のようで楽しいモンです。

私も百人一首ってほとんど覚えてないです~
でも待雪さんの仰る通り、大人になってからでないと意味合いが理解できない歌もたくさんありますもんね!(⌒_⌒)
2009/07/06 12:57  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/622-e165119b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。