2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
半夏生か? 半化粧か?
- 2009/07/02(Thu) -

                    478-1.jpg

                         花に近い葉を白くしていく・・・

 半夏生・・・夏至から11日目、7月2日くらいから5日ほどを半夏生と呼ぶ。 現在では太陽の位置が黄経100度の位置のにある時を指す。 かつては、半夏生の時期には天から毒が降ると言われていたようで、農作業を休んだり、半夏生の期間は農作物を収穫して食べなかったりしたこともあったようだ。 
 ちょうどこの頃花を咲かせ、咲かせた花に近い葉を白く変色させていくドクダミ科の花を 「半夏生」 と呼ぶ。


             478-2.jpg


 またの名、半化粧・・・花に近い葉が茎に近い方から徐々に白くなっていく過程がまるで半分お化粧をしたようだということで 「半化粧」 とも呼ばれる。
 しかし・・・何故、花に近い葉を白くお化粧させるのだろうか? 決して大きくない花に受粉を助けてくれる虫が寄って来やすいように “ここにお花がありますよ” と教えているのだろうか? 緑の葉が白く変色していくのでさえ不思議なのに・・・もっと不思議なのは花が咲いてしばらくすると、一旦白く変色した葉が完全に元通りってわけではないのだが、またその色を緑に戻していくことだ。。。 なんとも不思議な生態だ。


             478-3.jpg


 そっれにしても・・・女性の象徴とも言える “お化粧” を名に持つとは・・・そこはかとなく艶っぽくもある。
 いまどきは、女子高生もバッチリメークしている時代ではあるが・・・私たちの世代であれば、高校を卒業してから女の子は一斉に化粧をしだし・・・“女の子” から “女性” への変貌をはじめていく・・・そんなイメージがある。
 私自身も高校時代からの彼女と互いに大学生となってもしばらくつき合っていて・・・高校時代はせいぜいリップ+α程度しかしなかった彼女が、大学生になって本格的な化粧をしだして・・・なんだかずいぶん大人っぽく感じられたという思い出がある。
 その頃・・・化粧をする彼女の横でまだ女の子って感じの素の表情から次第に女の顔へと変貌していく様子を見ているのが結構面白かったりした。 時々、口紅を塗る彼女の口紅を持つ手の肘をつついて唇からはみ出させたりしたりの悪さしたりしながら面白がって見ていた。 きっとあの当時、女性が化粧する姿も好奇心の対象だったんだろうね。 あまり面白がって見ていたので・・・“してあげようか?” みたいな感じで、口紅とアイシャドウ程度の化粧をしてもらって、二人で大爆笑していたりしたこともあった。 あるいは・・・爆睡している時にそれこそ 半化粧 のような化粧をされたことも・・・(笑い)
 その頃だ。。。 彼女とデートして送っていた後・・・ふと気付くと吸っているタバコのフィルターが薄っすらと彼女の口紅色に染まっていたりすることもあることに気づいたのは。。。 


     478-4.jpg


 やがて・・・大学生としての初の夏休みが近づいてきた頃・・・いつしか彼女も化粧に慣れたせいかお化粧した顔がずいぶんと板についてきており・・・その頃、別れを迎えた。
 あとで聞いた話しなのだが、彼女は少し年上の社会人と知り合い、私と別れた後にその社会人とつき合うこととなり、私は私で・・・高校生時代にあるバイトで知り合った2歳年上の大学生の女性とつき合うことになった。 高校生時代にはたった2歳上だけであっても大学生はずいぶん お姉さん として感じていたのだが・・・こちらも大学生となって一気に立場が近くなったような感じがしたんだろうね。。。
 そして・・・夏休みのバイトにプールの監視員を選んだことなどによる “狂乱の大学生最初の夏休み” がやってこようとしていた頃のことだ。。。


             478-5.jpg


 半化粧・・・という名から、若かりし頃のSeionのお化粧原体験的なお話しを少しご披露・・・(笑)



 夏至からすでに10日余り・・・気付いてる? 少し、ほんの少しだけど日暮れが早くなってきているってこと。。。 梅雨明け、そして本格的な夏の到来が近づいてきているね。。。


             478-6.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<ピンク色のねじねじ | メイン | 水無月の夏越の祓いする人は・・・>>
コメント
- 淡い想い出☆ -

いいですね~v-238
初々しくて、かわいい♪

今日のお花は、半夏生というんですね。

どこかでお目にかかったことがあるかもしれませんが、
あまり、見かけません。
不思議を醸し出すお花ですね。

本当に女性と同じかも!?

☆ぽち☆
2009/07/02 08:36  | URL | マンマ♪ #XJHSstkg[ 編集] |  ▲ top

- 見つけた! -

あああ、これだ~!…というのが今日の記事を見た第一声でした。
先日実家の庭先で撮った写真の花の名前。
母に聞いたはずが、帰ってきて思い出そうとしたらわからなくなってて、調べてもわからず、写真はお蔵入りするところだったんです。

それが、この「半夏生」。
ありがとうございます!

地味だけど、どこか艶っぽい花ですよね。
「半化粧」の別名も納得~。
Sionさんの艶っぽいお話と共に記憶されました^^
2009/07/02 09:17  | URL | sayo #q7XswXQk[ 編集] |  ▲ top

- マンマ♪さんへ -

なんだか不思議な花ですよね。
花咲く時期に葉を白く化粧したり、その化粧を落としたり・・・ホント、ある意味女性と同じところがあるかも?

ひょっとしてマンマ♪さんのお近くでも白く化粧した葉を何処かで風に揺らしているかもしれないですよ。
出会えたらいいですね!(^^)
2009/07/02 11:15  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- sayoさんへ -

ご実家の庭にもお化粧をほどこした白い葉の半夏生、いるんですね!(^^)

写真を撮られたとのこと・・・ぜひ記事にしてお見せくださいネ♪
この同じ花をsayoさんがどんな記事にされるかも楽しみにしてますから。

艶っぽい話・・・いやいや、お恥ずかしい。。。(笑)
2009/07/02 11:21  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 葉脈美 -

今まで数々のSeionさんの写真を眺めて来ましたが、これが一番「見てみたい!」と思ったかも。

「化粧」とか「化身」とか…「化身」とは誰も言ってないか…若かりし頃の渡辺淳一先生にご登場いただけば、ベストセラーが生まれそうな予感。。。
『変化』とか『過程』って、艶っぽいというより、艶かしい…もっと言えば…もっと言わなくていいですね。。。

それにしても、一体、どういう遺伝子でこういうことになっちゃったのか、いやいやいや…本当に不思議。
2009/07/04 17:50  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

ね!
なんだかとても不思議なお化粧をする花でしょ?
いちかその白くお化粧した姿を見てみましょうよ。(^^)

私の写真によって実物が 見たい! と思っていただけるなんて嬉しいですね~!

変化していく過程・・・お化粧していく女の顔・・・そして女そのものも・・・。
って、もっと言っていただいて大いに結構ですが!(●^o^●)
2009/07/04 23:58  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/621-589cbbd2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。