2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ねむの木の歌の作詞者は・・・なんと・・・
- 2009/06/26(Fri) -
                    471-1.jpg

                         ねむの木の花が咲いた
     471-2.jpg

 毛先が赤い白いフワフワの花・・・ねむの木が花咲かせる時期となった。 この花、陽光を浴びると葉の上でフワフワが輝き、とても綺麗だ。

 ところで・・・このねむの木が歌になっていることをご存知だろうか。 以下の歌だ。


                     「ねむの木の子守歌」
   
   

                    ねんねの ねむのき
   
                    眠りの木
   
                    そっとゆすった その枝に
   
                    遠い昔の 夜の調べ
   
                    ねんねのねむの本 子守歌
   
   
                    薄紅の 花の咲く
   
                    ねむの木影で ふと聞いた
   
                    小さなささやき ねむの声
   
                    ねんねねんねと 歌ってた


                    故里の夜の ねむの木は
   
                    今日も歌って いるでしょか
   
                    あの日の夜の ささやきを
   
                    ねむの木 ねんねの木 子守歌



 この 「ねむの木の子守唄」 を近年日本贔屓となり、日本の歌にも強い興味を持っているというヘイリーが歌っている。


     


 かつては吉永小百合さんもこの歌のレコードを出したそうだが・・・さすがに私はそれは知らない。
 どうやらこの歌は美人しかレコーディングしてはならないような。。。って、そんなわけないね。(笑)

 問題は歌っているのが美人かそうでないかなどということではなく、この記事のタイトル通り、この歌の作詞者が誰か?ということだ。 知ってる? 私は・・・今日はじめて知った。 結構な驚きと共に。。。


             471-3.jpg


 なんと・・・この歌の作詞者は・・・皇后陛下美智子様なんだそうだ。 なんでも美智子様が聖心女学院高等科時代にお作りになった詩をもとに山本正美さんが作曲してこの歌が作られたとのこと。
 知っている人には “うん。そうなんだよ” ってことだろうが・・・知らない私など・・・少なからず驚いた。

 ところで・・・ねむの木は漢字で表記にすれば 「合歓の木」 だ。 この 「合歓」 という言葉を辞書検索すると・・・1, ともに喜び楽しむこと。2 .男女が共寝すること。同衾(どうきん)。3. 「合歓木」の略・・・などと出てくる。 ねむの木の葉は夜になるとまるで眠るかのように葉の左右が合わさって閉じる。 その様が男女が共寝して喜びを共にすることに例えられてこの木の名に付けられた・・・という説もある。
 それを念頭にこの子守唄を大人の子守唄的に読み解けば・・・“あの日の夜の ささやきを” という歌詞など・・・なにやら艶めいた雰囲気もする。(笑)

 あ・・・いや、なんと恐れ多いことを! 美智子様が作られた詩の意味は、葉が閉じる就眠運動 をすることから、この木は 「眠りの木」 とも呼ばれ、転じて 「ねむの木」 になったという説から・・・当然ながら大人ではなく子供が心地良く眠れるための詩を書かれたに決まっております。(断言!)


     471-4.jpg


 このフワフワの花が咲いたということは・・・夏本番がもうすぐそこまで来ているってことだ。

 ねむの木の花・・・夕陽を浴びて少し茜がかった耀きを見せてくれるそのつかの間の姿が最も美しいと思う。


     471-5.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<ピンクベルガモットのリズムのある光景 | メイン | オオカミ犬ウルフィーとの旅路を読む>>
コメント
- -

ねむの木のお花はフワフワッとしていて、
かわいいですね♪

このヘイリーの歌もイメージにぴったり。
「ねむの木の歌」は
>美人しかレコーディングしてはならないような

そうで。。。

早速私も、しなくちゃv-221 ぽち☆

2009/06/26 09:19  | URL | マンマ♪ #XJHSstkg[ 編集] |  ▲ top

- マンマ♪さんへ -

ねむの木・・・変わった花ですよね~
光があたってっそのフワフワが耀く様が綺麗で好きです。

ヘイリーの声って・・・綺麗ですねよ。
クラシック歌っているから声量もあるし。

では、マンマ♪さん版「ねむの木の子守歌」を楽しみにしてますよぉぉ~!(V^-°)
2009/06/26 11:18  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- -

あははは^^さすが深読みのSeionさんですね~(笑
でも σ(・・*)アタシも合歓の木って
チャイナドレス着た美人が扇子ゆらしてるイメージあるのぉ~
まさに 大人の子守唄??^^;

しかし 美智子様作詞とは 驚きですね~^^
緊張して眠れないってぇ~ ヾ(- -;)
2009/06/27 00:04  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

そう。そう!
ねむの木の花は、確かに女性が扇子 ユラユラ~ ってイメージの花ですよね。
かつてジュリアナとかに集まっていたお立ち台の女性達もこんな扇子を持っていたような・・・。(●^o^●)

あはは。。。
寝ようと思ってこの子守唄聴いても・・・ベッドの上で体を直列にして寝ないといけない?(笑)
2009/06/27 11:15  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- “うん。そうなんだよ” -

Seionさんが知らなかったことを、既に知っていたという珍しい一件かも!

何故知っていたかというと、多分、そもそもは母が(だと思うのですが)皇室番組は必ず観ていて…そうしたら、姉も一緒になって楽しみに観ていて。お正月の一般参賀も、わざわざその時間になると、チャンネルをNHKに合わせて見るくらい。「皇室アルバム」も録画までしていたくらい。
同じ環境にいるはずなのに、何故か私は特に皇室フリークになりませんでしたが、母と姉は、皇室に詳しいです。フリークにはならなくても、一緒に観ていたので、この作詞の件は知っていました。

「葉が閉じる就眠運動」って…これって、触ったら閉じるというヤツですか?小学生の頃、近くの公園とかに、こういう葉で触ると閉じるものがあって、片っ端から触っていたものですが…でも、こんなお花は見た記憶はなく。。。
2009/06/27 21:15  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

そうですか~ ご存知でしたか~!

お母さんもお姉さんも皇室に関心がお有りのようで。
まさか仏間に天皇陛下、皇后陛下のお写真が飾られている・・・なんてことはないでしょうが。。。
私の父方、母方の実家には・・・どちらも昭和天皇と皇后様のお写真が飾られてましたが・・・。

触ると葉が閉じる植物もあるようですが・・・このねむの木は触っても閉じません。 体内に 明るさの感知器 があるんでしょうね。 日が沈むと自動的に閉じていくんですよ。
ねむの木の花期・・・存外短いからね。
2009/06/28 00:22  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/615-20af1372
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。