2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
里山の田
- 2009/06/15(Mon) -

                      460-1.jpg

                              田の中の青空

 日曜日もいい天気となった。 梅雨時期とは思えないカラッとした夏を感じる日だった。

 そんな日曜の午後、すでに緑が濃く生い茂り夏の趣きへと衣替えした里山を歩いてみた。


                460-2.jpg


 その里山の森のすぐ傍にある田んぼ・・・まだ田植えをしてそんなに間が無いようで、田んぼに張ってある水に青空や木々の緑が映り込んでいた。 その光景・・・結構心惹かれた。


     460-4.jpg


     460-3.jpg


                460-5.jpg


 いかにも里山らしい田んぼの風景の中を抜け・・・今度は池の中に映る光景にも出会えた。

 やはり、自然が色濃く感じられる緑の光景の中を歩くのは心地良い。 里山の夏の空気を一杯吸い込んできた。


     460-6.jpg


     460-7.jpg

 

            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<菖蒲園・夕景 | メイン | 梅雨の中休みに出会った者たち>>
コメント
- -

ああ・・ 日本の古里 どこか懐かしい光景・・
なんて 定番のコメントのようだけど

やっぱり 農耕民族のDNAは 古代よりこの光景を刻まれ続けてるように思います。
そんな感慨にさせてくれる写真たちでした。
ありがとう^^
2009/06/16 00:43  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

仰る通り!
こうした里山の田や畑はどこか懐かしい気持ちになりますよね。

バリ島でライステラスに行ったとき、その風景の中から椰子の木を消し去れば、日本の棚田と同じだ~と気付き、バリへの親近感が一気に深まった記憶があります。

農耕民族のDNAに刻まれた記憶と想いなんでしょうね。
2009/06/16 11:26  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 「鏡よ鏡、鏡さん」 -

実家の方は、ちょっと歩けば田んぼに囲まれますが、周囲は完全にアスファルトの道路。同じ田んぼでも、里山の田んぼとは、全く雰囲気が違います。

池に映るって「こんなにキレイに映るものなのか。。。」というくらい一分の狂いもなく、折りたたまれて映っているようですが、それは、水がきれいだから?天気がいいから??Seionさんの日頃の行いがいいから???


メインも衣替え~…うーん、どうなんでしょう?ちょこっと寂しい感じがしなくもないですが。。。梅雨で霧っぽい6月の感じ???
2009/06/18 01:54  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

かつて・・・コンクリートやアスファルトがなかった頃はこういう田や畑の光景は何処にでも見られたことだったのでしょうね。 
だから里山は “日本の原風景” といわれるんでしょうね。

池に映る風景・・・うまく鏡面状に撮れたと思うです。
そりゃ、なんといっても私の行いが良いから・・・ではなく、風がなくなり水面のさざなみがなくなる一瞬に出会えた幸運の賜物です。(^^)

このテンプレ、ちょっと寂しい? じゃ、私のイメージに合っているかも? って、違う?(笑)
2009/06/18 11:00  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/604-3a017cc3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。