2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
花菖蒲・夕景
- 2009/06/13(Sat) -

                 458-1.jpg

                      水に映った夕日を背景にした白い花菖蒲

 入梅したんだけど・・・のっけから梅雨の中休みのような天気で・・・。 これならまだ入梅宣言しなくても良かったんじゃないかと思ったりもしないでもないけど・・・気象庁としては、一応入梅に入ったことにしておいた方が安心できるのかしらん?(笑)

 だが、おかげで一年で最も日が長いこの時期・・・ゆっくり歩けるから “歩み人・Seion” としてはありがたい。


             458-3.jpg


 歩き始めた時刻には、陽は西に傾きつつあったがまだ青空の中にあった。。。

 ひとしきり歩いた後、また花菖蒲の咲く池まで戻ってくると・・・陽は西の雲に没しようとしており、その色は茜が色濃くなってきていた。。。


             458-2.jpg


 やっぱりアヤメ科の花は夕暮れ時が似合うなぁ・・・と、夕暮れ間近な時間に撮っているとあらためて思う。

 この季節になると、夕暮れ間近な時間に歩いたりジョギングする人が結構たくさんいる。
 夕焼け空を眺めながら汗を流すのも心地良いからね。。。
 最近は、歩き始めはドヨーンと体が重く感じても、30分ほど歩いていると・・・いつの間にか重く感じた体も軽くなり、それからは歩く足取りも軽快に。 そして、歩き終わった時の爽快さと心地良い疲労感は体を動かした証って感じだ。
 使わなければ人の老いは足からはじまるとも言われているし・・・自分の足で歩かないとね。。。 そもその人間って動物の足は歩くようにつくられているんだから。

 この時期は・・・歩いた後のクールダウンでゆっくり歩きながら夕景の花菖蒲まで観ることが出来るんだから・・・一日を終えて家に仕事を持ち込まないよう、心のクールダウンとオフタイムへのスイッチの切替えまで出来てしまうってわけだ。。。 梅雨の中休み・・・実にありがたや!


             458-4.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<梅雨の中休みに出会った者たち | メイン | 観た映画は・・・『Star Trek』>>
コメント
- -

夕暮れの菖蒲 ステキですね~♪
特に2枚目 大好きです^^

心地よい疲労感に身を包みながら 茜色の光景を眺め・・明日への活力に^^

明日 菖蒲園に行く予定です^^参考にさせていただきます^^
ありがとうございました<(_ _)>
2009/06/13 00:28  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

夕暮れの花菖蒲、お気に召して幸いです。(^^)

菖蒲園に行かれるのですね~!
ちょうど見頃ですもんね。
なっち♪さんがどんな花菖蒲を撮られるか楽しみにしてますね~!
花菖蒲を眺め撮りしながら・・・良い週末をお過ごしくださいね♪
2009/06/13 11:55  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- ウォーキングハイ -

ウォーキング中のSeionさんの頭の中、脳内モルヒネがガンガン出まくっているに間違いなし!

やっぱり、某町の「花かつみ」は“紫の上(若紫)”で、こちらの写真のような紫の花菖蒲は…“朧月夜”と“空蝉”???プププ・・・確かに「あさきゆめみし」も侮れないかも~!

Seionがこれから手に取るとしたら、寂聴さんか、正統派「円地源氏」でしょうか???私はもれなく挫折していますが…って「またかよ!」ですが、自分としては、手に取っただけ立派かと…どこまでも自分に甘い私。。。

そういえば、「三国志」って検定があるそうですよー・・・あまり人気は無いらしいですが。

2009/06/15 22:00  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

はい!
間違いなく脳内モルヒネ分泌によるウォーキングハイ状態です。 私・・・体脂肪を燃焼させて脳内モルヒネに転換させているもので・・・(ほんまかいな・・・笑)

おぉ。。。
数年前から寂聴版も候補には入っております。 理由は二つ。 原作者が女性だから現代訳も女性作家が良いかと。。。それに、寂聴さんは色恋、艶っぽいシーンも濃厚に書いていてくれそうで・・・(笑)

三国志は・・・基本、劉備の蜀サイドからの情報過多になっておりまして・・・曹操サイドは漫画の『蒼天航路』による情報がほとんど・・・。きっと検定は受かりはいたすまいと。。。(笑)
2009/06/16 00:05  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/602-87886624
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。