2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
観た映画は・・・『Star Trek』
- 2009/06/12(Fri) -
                    456-1.jpg

                   新キャストによる新たなスター・トレック!

 『スター・トレック』といえば、『宇宙大作戦』としてTV放映されて以来、カークはウィリアム・シャトナーであり、スポックはレナード・ニモイだった。
 今回の『スター・トレック』は、1966年にアメリカでTVシリーズが始まってからのスタトレ史上初の新カーク、新スポック、新ドクター・マッコイなど主要キャストが刷新された映画だ。
 
 『スター・トレック』は、カークの時代とは違う設定などでエンタープライズの冒険を描いてきたが・・・それはTVシリーズのメインキャストのイメージがあまりにも強かったために、今まではキャストを変えてのカーク艦長が指揮するエンタープライズの冒険をリメイク出来なかったためだろう。。。


     456-3.jpg

                                  ↑は新キャスト
 向かって左からスコット(チャーリー)、ドクター・マッコイ、ウフーラ、カーク、スポック、スールー(カトー)、チェコフ
                                  ↓は旧キャスト

     456-4.jpg


 昔から『スター・トレック』が好きだった者としても、楽しめる映画だった。 懐かしい名前の登場人物が次々に登場し、それらの人物が新造艦エンタープライズに集っていく過程など・・・ちょっと童心に戻ったようでワクワク・・・するような心持ちになって観ていた。
 この作品・・・TVシリーズ以前の若き日のカークやスポックを描いているという点では『スター・トレック / ビギニング』と呼んでもよい作品なのだが・・・単にそうしない点でヒネリが利いている。
 それは・・・艦隊を辞して惑星連邦の大使となっている未来のスポックが、時空を越えて若きエンタープライズのクルー(若き自分自身とも!)と関わりを持つことから、すでにTVシリーズの『スター・トレック』との違いが生じてしまう。。。 つまり、微妙にTVシリーズの初期設定とは違う展開となっていく。。。 この辺りの匙加減がなかなか絶妙で・・・従来からのトレッキーの顰蹙を買わない程度のギリの線で独自の『スター・トレック』を創り上げていこうという意欲が感じられた。
 未来からやってきた老スポックはレナード・ニモイが演じているのだが・・・さすが “本家スポック”だ。 その存在感たるや絶大だ! 

 『スター・トレック』でお馴染みの台詞・・・“"宇宙・・・そこはファイナル・フロンティア・・・”という名ナレーションと共に、若々しくなったカーク艦長はじめお馴染みのクルーのエンタープライズでの冒険が甦った。。。
 その新たな冒険は、オリジナルキャストを初めて一新して・・・『スター・トレック』としても未知なる領域への冒険となる。
 少年時代、TVシリーズで何度も再放送を観ては宇宙の冒険に思いを馳せたSeionとしては・・・新生『スター・トレック』を見逃すわけにはいかないと思い・・・観に行ったわけだ。
 本作、アメリカでもすこぶる好評のようで・・・すでに2011年に続編の公開に向けての準備が始まったと伝えられている。。。 今回はまだ親友の域にまで到達し切れていないカークとスポック・・・次回作は、この二人の友情をどっと深めるようなストーリーになるのではなかろうかと・・・Seion、早くも先読みしている。(笑)


     456-2.jpg


 しかし・・・エンタープライズはやっぱり美しい。。。 時代と共に鑑の形が微妙に変わったりはするのだが・・・やはり、宇宙空間に浮かぶエンタープライズの姿は・・・美しい。。。


 美しいといえば・・・スポックの母親役でウィノナ・ライダーが出演しているのだが・・・彼女がきわめて美しくて。。。 私生活で問題も起こして、やや映画出演が滞りがちだったが・・・アラフォー世代となって大人の艶と美しさを増した彼女・・・もっと出演作を観たいもんだと思った。 がんばれ!ウィノナ!


 懐かしい名前に、そして懐かしき音楽・・・しばし、心躍らせて『宇宙大作戦』を観ていた少年Seionの心持ちも甦らせながら・・・エンタープライズの新たな冒険物語を楽しめた二時間と少しの時間だった。
 そうでない人も楽しめる映画だが・・・もともと『スター・トレック』ファンの人にはぜひとも劇場に足を運んでフレッシュなカークやスポックの姿を楽しんでもらいたい・・・と思う。


      


          **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<花菖蒲・夕景 | メイン | 梅雨空茶話>>
コメント
- 知りませんでした。。。 -

スタートレックって、壮大なSF大河ドラマ、人間ドラマだったんですね。。。
名前は知っていたのですが、スターウォーズのパッチもんか、二番煎じかと思っていました…ファンから(Seionさんから?)ど叱られますね。。。ごめんなさい。

Seionさんが観に行かれた映画が、このスタートレックで納得というか、安心というか…もし、ルーキーズだったら大受けでした!


ところで・・・白ヤギさんからの封書便は・・・無事開通???
2009/06/14 21:13  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

スタートレックはTVシリーズからはじまり・・・その後映画や新たなTVシリーズと宇宙を舞台にした大きな世界観ある物語です。
よく言えば人情家、時に激情家、そして、時に女性にも心惑わされるカークと論理的ながら微妙に人間らしい感情の揺れも見せるスポックはじめクルーの繰り広げる様々なドラマも面白いです。

さすがに・・・ルーキーズは・・・(笑)

おかしいなぁ。。。 待っているんですけどねぇ。。。
白ヤギ便・・・届いておりませぬ~(汗)
何故? 再度お願い致したく~!
2009/06/14 22:56  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/601-dd3783e4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。