2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旅のお供は・・・
- 2009/06/01(Mon) -
                 447-1.jpg

                     海辺への旅のお供の音は・・・Bossa+Jazz

 Seion・・・ただ今旅に出ています。
 今回は海辺への旅だ。 今回の旅のテーマは 『初夏の海・・・眺める、浮かぶ、食らう』 だ。

 で、海辺への旅に連れて行く音楽は・・・Delicatessenというグループのアルバム2枚。
 このDelicatessenはジャズのスタンダードをボサノバタッチで演奏してしまうというコンセプトで・・・ファーストアルバムはそのスタイルそのままに 『Bossa+Jazz』 というタイトルになっている。
 ボーカルのアナ・クルーガーの声が情熱的ではなく・・・かといって冷たくもなく・・・なんとなくやんわりとボッサ風にジャズナンバーを歌うというなんとも微妙で絶妙な心地良さで。。。


                 Delicatessen - Jazz + Bossa-2007

                               『Jazz + Bossa』


                 Delicatessen - My Baby Just Cares For Me-2008

                          『My Baby Just Cares For Me』


 ボッサとジャズという私の好きな音楽の要素を混ぜ合わせたDelicatessen・・・迂闊にも知ったのはつい最近で。。。
 DLして、心地良く聴いている。 それを今回の旅のお供に。

 この記事がUPされる頃・・・きっとこのDelicatessenが波音混じりに流れる部屋で飲んでるだろうと思われる。 おそらく今回の旅でもたんと飲むことだろう事は想像に難くない。(笑)
 またあらためて旅のご報告も記事にさせていただくつもりだが・・・今夜Seionが海辺の宿で聴いているであろうDelicatessenの音を聴いていただけたら幸い。


          



          


          **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                         ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 音楽 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<ただいま~ | メイン | 驚!1200年ぶりの交流>>
コメント
- -

おおお!ご旅行中だったのですね^^
なるほど・・波間にたゆとうようなステキな音♪
夕暮れの浜辺で聴くにはピッタリかも^^

もう 帰りたくな~い!などと ダダをこねないで
無事に帰ってきてくださいね(笑
2009/06/01 00:12  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

先ほど・・・無事戻りましてございます!
いい光景にピッタリの音をお供に出来ました。(^^)

旅は・・・帰ってくるからこそ旅であり、戻ってこなければ放浪や逃避、あるいは転居になってしまいます。(笑)
楽しい思い出抱えて旅から戻ってこそ、また次の旅へ向けて生活のテンションを高められるってもんだ。。。とそう思っています♪(⌒_⌒)
2009/06/02 00:24  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 日本の美 -

遠くの山並み、夕空、金色に揺らめく水面…日本の美ですね。南の島のキラキラしたサンセットも、それはそれできれいで素敵だと思うのですが、こういう落ち着いた輝きに、趣を感じるのは「わび」「さび」を文化としてきた日本人のDNAなんでしょうかねー。


私が「キャッツ」を初めて見たのは、ブロードウェイで・・・「NYに行ったからには、ブロードウェイでしょう♪」「ブロードウェイと言えばキャッツでしょう♪」…というミーハーな動機で、時差ぼけ状態で観たのですが、それは結構な衝撃で。帰国後も余韻が抜けず、CDを買い求めたくらいです。その後に、勝手にかなり期待して、四季のキャッツを観に行ったのですが… … …ブロードウェイで観たあの圧倒されるような迫力は英語だったから???映画音楽で、日本語詞にするとちょっと微妙な感じがするのと似た感じで「あれ?こんなんだったっけ?」と思ってしまいました。劇団四季の俳優は、ものすごい狭き門というのは知っているし、俳優や演出のせいという訳では決してないと思うのですが「何かが違う。。。」そう感じました。
音符には英語がよく似合う…とか???
2009/06/02 23:26  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

海が綺麗なところは・・・空気も綺麗だから・・・従って夕日が俄然綺麗なんでしょうね。

どうも私はブロードウェイで当たったものの日本版っていうものがピンとこないってのが本音です。
もっと日本らしいもの、オリジナルを何故もっとやんないんだろう・・・と、素朴にそう思ったりします。
そもそも英語だったものを日本語でやれば、待雪さんのような感覚を感じられる方も当然いらっしゃると思いますもん。
色付きの文字
2009/06/03 00:08  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/590-4d0b04a5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。