2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
斬新なスタイルのミステリー
- 2008/04/16(Wed) -

                 044-01.jpg

            『凍える森』 アンドレア・M・シェンケル著
2007年、ドイツで大ベストセラーを記録したミステリー。
著者はそれまで普通の専業主婦だったのだが、本作で一躍ドイツミステリー界に彗星のように躍り出た。

1922年に、ドイツの農村で一晩のうちに一家6人(幼い子供二人、女性の使用人含む)が惨殺され、犯人が捕まっていない実際に起こった事件を題材に書かれた物語。

何が斬新か?
ほとんどが村人や関係者の証言で進んでいく。
まるで読む者が捜査する刑事になって事件の糸口を掴むべく、メモする手帳片手に人々の家の戸口で、あるいは居間で話しを聞いていくようなスタイルで進行する。
刑事(デカ)Haru.Seion気分で読み進んだ。

一件、単調に真相に迫っていくかのようにも感じるが・・・
なにげに怖いのは、人々の語ることの微妙なズレ、ニュアンスの違い。
惨殺された一家に対する感情によって、同じことでも見方が違うし、ほとんど噂話に乗じたような話しもある。
これは実際の世間の“口”の怖さだと思う。

きっと著者は、実生活で世間や隣近所の言葉による暴力というか攻撃みたいなことに晒されて悩んだことがあるのではないか・・・と推察した。
それが、今までにない斬新なスタイルを生むことになったのかもしれない。

そうした、虚虚実実、好悪の感情の元に語られる人々の話しの中に注意深く事件の核心に迫る断片が埋め込まれている。
その作業の繊細さは、1度読んでから、ざっとおさらいで読むとよくわかる。

舞台は、いわゆる田舎の閉鎖的な社会、その閉鎖的な人間関係の中で起こった惨劇・・・。
ひょっとしてドイツの読者にはその状況設定、雰囲気のおどろおどろしいものとして受けたのかもしれないが・・・その筋では日本には大家、横溝正史有り。
だから、そういう怖さが味わいたいなら・・・ドイツの人にも横溝作品をお奨めしたい。(笑)


ストーリー展開には関係ないから語っても良いだろうが・・・
訳者の前書きにあった実際の事件のあらましはマジ怖かった。
当時のミュンヘン警察は、6人の遺体を埋葬するにあたって、6人の頭部を切り落とし、その首をニュルンベルグに送って二人の霊媒師に対面させ、霊感によって犯人を探させようとしたらしい。
たしかに現代ではなく・・・時は1922年・・・ではある。
だが、中世ではあるまいし、警察がそんなことを・・・と、情況的に怖かった。
ある意味、導入部としては最高の【はじめに】かもしれない。

この物語を読んでいる間・・・起こった時も場所も違うが・・・未だに犯人の逮捕に至っていない世田谷の一家の身に起こった事件のことが脳裏に浮かんでいた。



**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<スプリングスティーンの決断 | メイン | 八重桜>>
コメント
- -

たった数日来れなかっただけなのに・・・
恋しかったの・・・「楽園」・・・(笑)

ミュンヘン警察が恐ろしい・・・
事実は小説よりも奇なりってこのこと!?

Haru.Seionさんはあらゆるジャンルを読まれるんですね。
私はどうも偏りがちで・・・食わず嫌いってやつ。
少しはここで新ジャンルを開拓しようかな?

主人にお説教してやって!
菊桜を見に来たときにでも・・・あら。内緒ね。

2008/04/17 13:47  | URL | モカ #-[ 編集] |  ▲ top

- モカさんへ -

そんな・・・“恋しかった”なんて言われると・・・

       素直に・・・嬉しい。。。

       (〃∇〃) てれっ☆


まさに・・・事実は小説より奇なり。
ミュンヘン警察が霊媒師に依頼したってこと事態がすでに小説のネタになる。


私・・・読む本はホントに雑食。
本屋に行くときも、求める本を決めていることはほとんどない。
本屋の中を見て回っていて・・・その時に呼びかけてくる本を手に取る。
きっとそれが、その時の自分の心が欲していることなんだろうと・・・。

だから・・・ホントに雑食で~(⌒▽⌒;


菊桜・・・・・・。
そうですか。。。密やかな伝達、しかと受け取りました。。。(^^)
2008/04/17 18:56  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/58-03593411
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。