2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
芍薬・・・立ち姿美人?
- 2009/05/20(Wed) -
                    
                    434-1.jpg

                     この花も古来から美人にたとえられてきた

             434-2.jpg


 “立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花” と、共に美人にたとえられる牡丹が散るのを見届けて咲くかのような花・・・芍薬。
 牡丹が美人の座した姿にたとえられる対し、芍薬は美人の立ち姿にたとえられる。 どうせなら咲く順、そして、座していた美人が立ち上がって歩き出すという流れで “座して牡丹立てば芍薬、歩く姿は百合の花” という言葉にすれば良いのに。。。(笑)


     434-3.jpg


 芍薬の花言葉は・・・つつましやか、はにかみ、恥じらい、内気・・・などだ。 花を開いてからも花弁が中心部を覆うような感じで咲いていることも多いし、少し風でも吹こうものなら花弁がまるで女性が顔覆うように中心部を包み隠すかのように揺れるからだろうか・・・?


     434-4.jpg


 日本史上稀な美女で名高い小野小町は出羽国(現在の秋田県)の出だ。 小町を生んだ地だから現在まで “秋田美人” という呼び名が残るのか・・・? その小町、13歳で京に上って宮中で暮らしていたが36歳の時、懐かしき故郷に戻って歌を詠んで静かに暮らしていた。
 その小町に心寄せていた深草少将は出羽国まで小町を慕ってやってきて、小町に求愛するも小町は彼の愛を受け入れず・・・諦めさせるために “私のもとに毎晩、毎晩、百夜通ってくださったらあなたの想いにこたえましょう” と言った。 深草少将はその小町の言葉を信じ毎夜通ってきて・・・もう百夜も目前の九十九日目の夜、降り続いた雨によって増水した川で橋と共流されて命を落としてしまった。。。
 以上の話しは、能の世阿弥が作った 「百夜(ももよ)通い」 という小町伝説の一つといわれる。
 小町は落命した深草少将を悼み、彼を埋葬した地に花を植えたという。。。 その植えられた花の名にちなんで深草少将が眠る塚は 芍薬塚 と呼ばれ・・・現在は小町堂というお堂が建てられている。


     434-5.jpg
  

 さすが・・・美人にたとえられる花だ。。。 絶世の美女の伝説にまつわる花として登場するとは。。。

 何年か前には牡丹も芍薬の見分けも出来なかったSeion・・・が、今はキッチリわかる。
 両花を見分けられるように・・・座した姿が美しい女性、立ち姿が美しい女性、それぞれの佇まいの美しさを感じられるようになったか・・・否か・・・?(笑)
 しかし、女性の美しさ、艶っぽさ・・・ただ見目だけではなく、内面からにじみ出るものにも実は大切な事は多々ある・・・と少しはわかるようになったかな・・・? 少しは。(笑)


     434-6.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<白詰草の野・・・夕景 | メイン | 雨の日曜>>
コメント
- -

立てば芍薬 座れば牡丹・・ 言い得て妙ですね^^
ドカッと腰を下ろした華やかさは 牡丹でしょうし
そよと立った姿は やはり芍薬のものでしょうね~
なっち♪的には 百合の歩く姿が ふに落ちませんが(笑

最後の白い芍薬・・光に透けてゆれる図w 
Seionさんの狙いどおりに思いますが v(*'-^*)bぶいっ♪


2009/05/21 00:07  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

古来から日本人が美人のたとえに使った花は・・・やっぱり華があり綺麗ですよね。
百合は・・・真っ直ぐ背筋を延ばし、真っ直ぐ前をむいて歩く凛とした女性の歩き方をなぞらえたのかな?

はい!
最後の写真は背景を思いっきり暗くして白い花のみ写ればOKと思い撮りました!
ご明察通り!(*^・^v
2009/05/21 11:45  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 色白美人 -

こちらの芍薬は“透けるような美しい肌”として化粧品のCMに使ったら、ヒット商品、間違いなし!???
透けるほどの軽やかな質感の花びら。。。また、花びらでそっと空気を包みこんでいるかのよう。。。
ん?若干、意味不明???


座した姿、立ち姿、歩く姿…これらが美しくあるために必要なのは…筋力!なのに、私は笑っちゃうくらい筋力が無く。。。そして、基礎代謝も低めのようなので、ますますもって筋力アップが課題なのですが…ちゃんとしていると思われるトレーナーさん曰く「筋肉がつきやすいタイプでは決してないですねー」と。まあ、筋肉モリモリを目指している訳ではないので、筋肉がつきにくい体質はウェルカムではあるのですが…でも、今、欲しいものと言ったら「筋力」かも。。。いや、分かっているのです。こればっかりは、地道な筋トレを続けるしかないということは。。。

2009/05/22 01:34  | URL | 待雪 #-[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

陽光を透かした芍薬の花弁を撮った写真に素敵なコメントをありがとうございます。(^^)
花弁で空気を包む・・・いい表現ですね!

おぉ。。。
ジム通いしてらっしゃるようで!
筋力も大切だろうけど・・・体を動かすことを習慣化していることは良いことだと思います。
楽しみながら続けて、筋力アップもそれに伴っていいですね!
2009/05/22 12:42  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/578-f8024ab7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。