2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
壮麗に「三国志」最大の戦いを描く
- 2009/04/27(Mon) -
                 409-1.jpg

                            『レッドクリフ PartⅡ』を観た
 PartⅠを観て、思ったより面白いと感じられたため、公開を楽しみにしていた『レッドクリフ PartⅡ』を観てきた。
 前作の出来を違わぬ、ジョン・ウー監督の描く『三国志』の赤壁の戦いをモチーフにした壮麗なエンターテイメントを楽しめた。

 一度撮り終えたものの・・・ジョン・ウー監督自身がこの映画のクライマックスとなる赤壁の闘いの戦闘シーンに納得がいかず、撮り直しを申し入れたが聞き入れられず・・・ならばと、監督自身が10億円ともいわれる私財を投じて撮り直したというクライマックスシーンもさすが・・・ではあった。

 が、私自身は、戦闘シーンより、周瑜、小喬、孔明、曹操など・・・決戦に至るまでのそれぞれの人物の表情や時に静寂さすら感じさせるような美しい画面に心惹かれたりした。

 この映画の美しさは・・・リン・チーリン演ずる小喬に集約されているといっても過言ではないだろう。
 

            409-3.jpg


 無垢な美しさ・・・とでも言えば良いのだろうか? その立ち姿、茶を煎れるその姿、筆をとるその姿・・・静かながら凛とした雰囲気を感じられる美しさ。。。
 リー・チーリンを小喬にキャスティングしたのもこの映画の成功の理由の一つに挙げてもよいほどだと思う。。。

 まぁ。。。 曹操がその小喬の横恋慕したがために彼女の煎れたお茶にかまけて戦いを利する風を逃すなどと・・・いかにも曹操を凡将に描いたり、戦いの最後には曹操は数人の部下を残すのみの惨敗に描かれたりと・・・いくらなんでも いかがなものか(笑) と思うような演出ではあるが・・・まぁ、映画的な演出としてそこはご愛嬌。。。
 私的には、曹操と周瑜があれだけ間近にまみえなくとも・・・撤退する曹操が崖の上から馬上、炎に包まれた自軍本営を見やれば、そこに攻め入り制圧した周瑜の姿があり・・・互いに互いの目を見つめ合う・・・“英雄、英雄を知る”というような形にしてもよかったのではと思わないでもない。

 また、『三国志演義』的な解釈で、撤退する曹操を “未だ曹操の命運は尽きておらず。天意に反して今、曹操を討てば呉が強大になりすぎる”という孔明の言を入れ、劉備は曹操の追撃の伏兵に一度は曹操にその武勇を惜しまれて命を救われた関羽を送り込み、関羽に曹操を見逃させて曹操への借りを返させた・・・というくだりも取り入れて欲しかったような気もする。
 そうすると・・・その才覚を恐れ、先々のことを考え孔明を害しようとした周瑜のことも描かなければならなくなって・・・周瑜と孔明の友情で大円団というわけにもいかなくなってしまうか・・・(笑)

 だが、周瑜と共に曹操の本陣に切り込み、小喬の命を助けるにも大活躍するという役回りを趙雲に与えてくれた事は・・・「三国志」の登場人物中で趙雲が最も好きな私個人としてはとても嬉しかったが。 きっとジョン・ウー監督も趙雲が好きなのではなかろうか・・・とさえ思わせるような演出ではあった。

 
            409-4.jpg


 「三国志」・・・もちろんその観方も蜀の劉備側から観るか、呉の孫権側から観るか、魏の曹操側から観るかで、それぞれ違った解釈があるのだが・・・中国や台湾などでは未だに関帝廟に神格化されて祀られた関羽が圧倒的な人気のようだが、意外にもアメリカでは曹操の人気が高いという話しを聞いたことがある。
 日本ではどうだろうか・・・? なんとなく・・・孔明かな。。。? だが、この『レッドクリフ』で、女性を中心に(トニーレオンの)周瑜人気が高まるかもしれないね。。。(笑) 
 トニー・レオンの周瑜・・・確かに颯爽としているし、奥さん思いだし・・・かっこいいよね。。。 ただ一点、トニー・レオンの周瑜は兜がどうも似合わない。。。ということを除いては。(笑)
 私としては・・・この映画ではフー・ジュンが演じた趙雲がやはり好きだ。

 
 「三国志」ファンは実にたくさんいて、様々な意見もあろうと思うが・・・この『レッドクリフ』は、 PartⅠとPartⅡ通じて極上のエンターテイメントであることに間違いはない。
 
 やはり映画は映画館のスクリーンで観てこそ映画なのであり、DVDやTVの放映で観ただけで安易にその映画を評するのはアンフェアだと思うし、特にこの『レッドクリフ』のようなスケールの大きい映画はそうだと思う。

 観ている間も愉しませてもらい・・・観終わった後も飲みながらの会話を弾ませ、楽しませてもらえる映画だった。


       409-2.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                            ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<山藤を観に | メイン | 山寺の新緑>>
コメント
- -

おはようございます^^ 観に行かれたのですね^^
先週の平日、映画館へは行ったのですが終了時間がバスのお迎え時間とそんな間がなくて。。
知人が行ったので感想を聞いたら、あまりの戦闘シーンに具合が悪くなった^^;と。。
でもこの記事拝見して、やはり今週観にいこう~と思いました~^^
2009/04/27 05:35  | URL | +yuyu #xIqzmozA[ 編集] |  ▲ top

- +yuyuさんへ -

はーい!
続編を観てきました~(^^)

戦闘シーン、そうでもないですよ。
もっとハードな戦闘シーンの映画ありますからね~
大火炎大会だと思って観ていればよいかと!(笑)

是非、ジョン・ウー渾身のエンターテイメントをスクリーンでお楽しみ下さいな♪
2009/04/27 11:42  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- -

うんうん^^とにかく映像美がすごい!
三国志をまともに読んだこともないσ(・・*)アタシは
なんだか映画の筋よりも ワンシーン ワンシーンの美しさに見とれちゃって
映画を観てたっていうより 絵画展に行ってましたぁ~ふう(笑

(;´▽`A`` まっ こんな楽しみ方もアリ?(笑
2009/04/28 02:26  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

私もそんな観方をしてましたよ~♪
決戦シーンが話題にはなりますが、そこに至るまでのシーンで綺麗なシーンがたくさんありましたよね~!
周瑜の剣舞シーンなど、男の私から観ても美しいと思いましたからね!(^^)
ジョン・ウーの思い入れと美意識のつまった映画ですよね!
2009/04/28 11:54  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- -

午前中、観てきました^^ まだ興奮さめやらなぬです~ため息。
正義と愛と友情と・・勇気と・・といった感じでしょうか~ パンフレットも買ってきました^^
sosoの最後の結った髪が解けたシーンがなんだか印象的で好きでした。
2009/04/28 15:03  | URL | +yuyu #xIqzmozA[ 編集] |  ▲ top

- +yuyuさんへ -

ね!
戦闘シーンもそう心配することなく楽しめたでしょ?
美しさも愛も友情もつまったエンターテイメントだよね!(^^)

曹操の髪が解けたシーンは、彼の野望が潰え、プライドが打ち砕かれたことの象徴のようだったね。。。

やっぱり映画は劇場で観ないとね!(⌒_⌒)
2009/04/29 00:38  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- やっと・・・ -

Seionさんお久しぶりです(笑)
娘と休みが合わなくてi-238
今回は無理だと思ってたましたが・・・
レイトショーを観に行くことになり予約しましたi-229
娘にどうしても観にいきたいと言われて・・・
次の日は仕事ですが娘の為に頑張りま~す(笑)

土曜日の夜は・・・楽しんできま~す♪
2009/05/14 09:32  | URL | Lei Lei #-[ 編集] |  ▲ top

- Lei Leiさんへ -

娘さんと一緒に観に行けることになって良かったね!
お二人で壮麗な三国志の世界を楽しんできてね~♪

また感想を聞かせてね。

mahana・・・はどうですか~?進んでる?
2009/05/14 13:21  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/553-e938aa3f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。