2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
牡丹・・・座した美人?
- 2009/04/25(Sat) -
                 408-1.jpg

                         古来より美人に喩えられてきた花
             408-6.jpg


 リンクさせていただいている皆さんが牡丹を撮って記事にしていらっしゃるのを拝見して・・・私も牡丹が撮りたくなって去年も牡丹の花を見かけた公園に立ち寄った。

 あった!あった! 赤、白、ピンク、紅色・・・いろとりどりの牡丹の花が。。。


     408-2.jpg


 数は少なかったが、白い牡丹の花弁が フワフワ・・・と、風に揺れる様は本当に綺麗だった。。。
 牡丹というと艶やかな色が想像されるが・・・清楚さすら感じられる白い牡丹の花にしばらく見入ってしまった。


             408-3.jpg


 “立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花” と言われ、昔から牡丹も美人に例えられるよね。
 この言葉、一説には・・・芍薬は真っ直ぐ上に伸びたの茎に花を咲かせるので美人の立ち姿、牡丹は横向きの枝から花を咲かせるので美人が座っている姿、百合は風を受けて揺れる様が美人の歩く様子・・・と、それぞれの花の特徴を女性の佇まいに例えたものと言われている。
 芍薬も牡丹も百合もそれぞれに艶やかで艶のある花だからね。


     408-4.jpg


 特に真っ赤な牡丹の花の艶やかさは・・・いかにも牡丹の花を代表するかのような花の色だ。
 陽光を浴びて、その赤い色が 燃え上がるような赤 になっていた。


             408-5.jpg


 赤と白が混じり合った花弁の牡丹の花・・・これもまた見応えがある美しさだ。
 単色の花の多い艶やかさの競演の中で、赤と白のこの花弁は一際個性を誇っているようでもあった。


     408-7.jpg


 だが・・・艶っぽさなら、やはりこの紅色の花弁だろうか・・・?
 それぞれに鮮やかに咲く牡丹の中でも、この紅色の花弁は・・・大人の美人の色香を感じさせるかのよう。。。

 牡丹の花・・・以前は やたらと大きな派手な花 というイメージしか持てなかったが、こうして写真を撮るために様々な角度から見たり、近くで意外に薄く繊細さを感じさせる花弁を眺めたりするようになって・・・そのイメージは随分と違うものになったような気がする。。。


             408-8.jpg

 

           **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                          ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<山寺の新緑 | メイン | 椿花をモデルに>>
コメント
- -

(*゜‐゜)ぼぉー・・綺麗ですね・・
なんだか 美人のポートレイトを見ているみたいです^^
同じ被写体でも 艶やかで質感があってステキ♪
さすがSeionさんですね~
まだまだ勉強しないとだな わたしw

次回はイケメンのポートレイト希望~ (笑


2009/04/25 01:04  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

私は・・・素敵な旅館の美味しそうな料理に・・・
(*゜‐,゜)ぼぉー。。。 っとしております。。。(笑)

真っ赤な花を撮るのは苦手でして。。。(゜▽゜;)
今回も陽光の助けを借りて、どうにか写真らしくしてもらいました。。。

イケメンはなっち♪さんいお任せして・・・ツンツン♪(*゜ー゜)σ"
私はあくまで美人を追求して参ろうと~!
(* ̄∇ ̄*)v
2009/04/25 01:44  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- -

こんばんは

素敵に華麗な牡丹を見せていただいて有難うございます。
特にこの一番最後の一枚が好きです。
又↓の椿の最後の2枚も趣があって好きです。

ここの記事には関係ありませんが、私も推理ものが好きで
P・コーンウェルやJ・グリシャム他にS・パレッキーとか読んでました。
でも最近は全然読んでなくて最後に読んだ推理ものは多分ダヴィンチコードかな(^_^;)

それにしても凄い読書量ですね~。
だから文章も読みやすく書けるんですね。
うらやましいです。

2009/04/25 20:33  | URL | Rekio #-[ 編集] |  ▲ top

- Rekioさんへ -

私の牡丹の写真も椿遊びの写真もお褒めいただき嬉しいです♪
趣があって・・・などと仰っていただけると撮る励みになります!(喜)

P・コーンウェルの検死官シリーズは面白いですよね。
近年はケイの年齢がいきなり引き下げられたりして・・・(笑)
事件そのものよりベントンとの関係や周囲に人々との人間関係が気になって読み続けております。(⌒_⌒)
ダヴィンチコードも面白い本でしたね。
↑ほどではなかったですが、「天使と悪魔」の映画がもうじき来ますね。

文章が読みやすいだなんて・・・これまた嬉しいです♪
気ままに書きたいことを綴っているだけですので、読んでいただけるだけでありがたいです!(^^)
2009/04/27 00:01  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/551-9dd1491f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。