2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
椿花をモデルに
- 2009/04/24(Fri) -
                    407-1.jpg

                            椿の花を撮ってみた
407-22.jpg


 歩いていて・・・ふと苔の上に落ちた真っ赤な椿の花を見つけた。。。
 苔の上の真っ赤な落花椿・・・なかなか絵になるなぁ。。。と撮った瞬間ひらめいた。

 “そうだ!この椿の花、このまま地で萎れる前に写真のモデルになってもらってもう一花咲かせてもらおう” と。

 そこで、苔の上の椿の花を手にとって・・・ほんのしばらくの間、この真っ赤な椿の花と一緒に歩くことに。。。。


     407-3.jpg


 まずは・・・近くに咲いていた白い椿の花の横にその紅い椿をそっと寄り添わせ・・・椿の紅白競演を。。。


     407-4.jpg


 花を咲かせようとしているタンポポの花の上に紅い椿の花を置いてみると・・・どう?新種の草花のように見えない?(笑)


             407-5.jpg


 椿と竹・・よく似合うと思う。 どちらも和な雰囲気を感じさせるからだろうか・・・?

 椿の花といえば、近年、織田裕二主演でリメイクもされたが、隣の屋敷からのせせらぎに流す椿の花の色を符丁に使うという黒澤明監督の名作 「椿三十郎」 が思い出されるが・・・そもそも萎れる前に花ごと落ちてしまうことから落首・・・打ち首を想像されると椿は武家には嫌われる傾向にあったという。
 その椿をわざわざ映画の中の重要な部分で使う花に選んだのは・・・もちろん椿が水に浮かびやすく、また水に浮かんだその姿がいかにも絵になる。。。ということもあろうが・・・物語の中で藩の要職にありながら悪を為している者に命(首)を賭して挑んでいくという若者達の潔さ、その決意を椿の花に象徴したのではないかと思ったりもする。。。


             407-6.jpg


 また、椿は石畳や苔むした石ともよく似合うな~と、撮った写真を見て思ったりもした。

 石畳の上にそっと紅い椿を置いて撮ってみた。。。
 石畳の上に ポツン と佇んでいるかのような赤い椿の花・・・どことなく寂しげな風情にも見受けられ・・・。

 しばらく私の撮影のモデルとなってくれた真っ赤な椿の花・・・石畳の脇の土の上にそっと置き、そこで土に返ってもらうべく・・・別れを告げた。。。

 やがて土に返りその姿は失せてしまう赤い椿の花・・・Seionの写真の中ではずっと赤く咲く・・・。


             407-7.jpg


           **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                          ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<牡丹・・・座した美人? | メイン | 房桜・茜色の桜>>
コメント
- 綺麗ですね。 -

本当に、竹と椿ってあいますね。素敵。
モデルがいる写真もいいですね~おもしろそう。
たまに、人形をモデルとして撮影されている方がいらっしゃいますが、
なんだか、私も挑戦してみたくなりました。
2009/04/24 10:15  | URL | atsuko #-[ 編集] |  ▲ top

- atsukoさんへ -

ね。椿と竹ってなんか似合うよね。
それも赤い椿の花がよく似合うと撮っていて感じたです。(^^)

咲く花などをその場にあるがままに撮るのも、人や物を自分の感覚で撮るのも・・・それぞれの楽しさがあると思うです♪

atsukoさんも様々な撮影にチャレンジされると撮るのがますます楽しくなると思いますよ~!
2009/04/24 12:04  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/550-fa45f960
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。