2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雨・・・房桜を散らすか・・・
- 2009/04/22(Wed) -

                 400-1.jpg

                         この雨で房桜も散りゆくかな・・・

 先週末、房桜や八重桜が咲いているのを見かけたので撮った。 
 今日は終日雨、しかも時々強めの風・・・少し花が散りはじめていて葉が目立ち出していた房桜や八重桜もこの雨で散らされるかな・・・とちょっと気になったりする。


     400-2.jpg


 花の写真などを歩き撮りするようになってから・・・以前より季節の移ろいに敏感になれたように思う。
 私だけではなく、花や植物が好きな人や花や植物、自然の風景を撮るのが好きな人って、きっと季節の移り変りを敏感に感じ取っている人が多いと思う。

 季節の変化って動くときにはかなり劇的に動いたりするから面白いよね。。。 私が毎日のように車で走る道の両側の大きな欅の並木なんて・・・“ちょっと若葉が芽吹いていたな・・・”と気付いて、一週間も経たないうちにもう若葉が育ち、見事に欅並木のトンネルと化した。 秋からずっと冬枯れで眠っていたのに、目覚めて芽吹き出したら一週間でもう立派な木陰をつくるまでに。
 春は四季のうちでも植物が最も劇的にその姿の変化を見せてくれる楽しい季節だ。

 日本は四季がはっきりしているからこそ・・・昔から和歌や俳句が文化として極められていくことにもなったのだろう。。。
 季語なんてその最たるもんだよね。 四季折々の季節のメリハリ、季節の移ろいあってこその季語であり、俳句であり。。。


             400-3.jpg


 俳句といえば・・・先日は幕府の隠密説をとなえた本が出版されたと記事にもした松尾芭蕉。。。
 何故、芭蕉に話しを持ってきたかといえば・・・今日の夕刊に俳人の加藤耕子さんの芭蕉に関係する面白いコラムが掲載されていたから。

 そのコラムによると・・・ウクライナで俳句の翻訳本が出版されたりと、ちょっとした俳句ブームが起こっているというのだ。 その背景には学校教育の中で芭蕉が取り上げられていることがあるようだ。
 加藤さんは実際に首都キエフの学校を訪れ、俳句教育の現場を視察した。 日本では小学校5年生にあたる学年の国語の教育で、年間3時間を割いて芭蕉の句を20句学んでいるそうだ。 芭蕉の句が日本語・ウクライナ語で紹介され、定型や季語などの決まりごとも教え、音読や独唱もする。 そして何より “それは良いかも” と私が感じたのは、句のイメージを絵に描かせたりしていることだ。
 なんと・・・あちらでは芭蕉は、ゲーテなどと並んで “世界六大詩人” と称されているそうだ。(驚)

 加藤さんは述べている。。。 “ウクライナでここまでできるならば、日本は国語教育、詩歌教育の一層力を入れ、言語能力の基礎づくりを充実させるべきだと強く思った”  と。

 日本の今の学校教育のカリキュラムに芭蕉がどれだけ取り入れられているかは、私は良く知らないが・・・少なくとも私の経験では芭蕉の俳句に1年に3時間も費やしたという記憶は無い。(失念しているという恐れもあるが・・・笑)

 加藤さんの主張には同感だ。 日本人として生まれたからには、四季の変化の機微によって育まれた日本の文化、日本人特有の感性、豊富な表現能力、そして、日本の歴史などなど・・・もう少し腰を据えて学べる環境があっても良いように思う。。。
 もう戦後じゃないんだから、日本人が日本固有の文化・正史としとしての日本の歴史を学ぶに何処の国に遠慮する必要も無いわけで・・・。

 それにしても・・・芭蕉の句をウクライナの子供達が学び、実際に俳句をひねっているというのに・・・私、不勉強ながら・・・ウクライナの詩人、作家、一人も知らないなぁ。。。
 若干、策士のきらいはあるが・・・ウクライナの首相、ユリア・ティモシェンコはすこぶる美人だ・・・ということくらいは知っているが。。。(笑) ウクライナの皆さん・・・ごめんなさい。

 芭蕉が房桜や八重桜を詠んだ句をつくったかどうかも知らないが・・・春の雨に “桜の花の殿” を務めると言ってもよい房桜や八重桜が雨に散らされ・・・春、また一段と深まってゆく。。。


     400-4.jpg


           **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                         ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<房桜・茜色の桜 | メイン | 花の川>>
コメント
- -

古の人が呼んだ「花散らしの雨」ですね^^
昔の人は 雨や空や風に いろんな名前をつけて
それって すごい感性ですよね~♪
サッシで風や雨音をシャットアウトし
冷暖房で 季節感を捨てた現代人に
この感性は 太刀打ちできないと思います。

うふふ^^小学生の読む俳句
ちょっと興味ありますね^^
ほとんど 川柳や都々逸かもぉ(≧m≦)
2009/04/22 01:08  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

房桜、素敵な桜の形容ですね。
雨で散ってしまうのは、名残惜しいです。
そういった季節感を込められる俳句は素晴らしいです。

今日は、芝桜を見に行ってきました。
おかげさまで、写真撮るのに間に合いました。
例の喫茶店は、残念ながら定休日。近いのでまた出直します。
いろいろ情報ありがとうございました。お礼のポチッ
2009/04/22 12:15  | URL | mitsuri #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

ホント・・・日本人は自然を形容する言葉を実にたくさん生み出してきましたよね。
雨、月、花、空・・・実にたくさんの美しい言葉が。。。
そういう日本人特有の感性、少しでも味わえるライフスタイルでいたいなぁ・・・と、そう思います。(^^)

子供だけではなく・・・私も俳句つくるつもりが川柳にしかならないかも~(⌒▽⌒;
2009/04/22 13:04  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- mitsuriさんへ -

きっと花は散るからこそ・・・人の心に訴えかけるものがあるんでしょうね。。。
残心と来年の再会を期して・・・今年の桜の季節過ぎゆく。。。

mitsuriさんの芝桜の写真見させていただきました~♪
自分が撮ったのと同じところの写真が出ているのを見るのって楽しいです!

定休日でしたか~(⌒▽⌒;
でも、もう場所はおわかりだから・・・ぜひ、あのお店の ゆるやかさ を感じに行ってみてくださいね!(*^・^v
2009/04/22 13:09  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- -

Haru.Seion さん こんばんは。

あまりコメントしないと言いながら、素敵な写真ばかりで
ついペンをではなく、keyを叩いてます(^_^;)

このままでは、どの記事にも拍手しなくてはなりません。選べません。(笑)

つまらない事をお聞きしますが、参考までにカメラは何をお使いですか?φ(..)メモメモ

それでは、又お邪魔します。
2009/04/23 00:10  | URL | Rekio #-[ 編集] |  ▲ top

- Rekioさんへ -

コメントありがとうございます♪
励みになります。(^^)
思ったこと、どんどんコメントしていただけたら幸いなり!

気ままに撮っている写真をお褒めいただけて嬉しいやら・・・お恥ずかしいやら・・・(〃∇〃) てれっ☆

カメラはデジイチとコンデジを使い分けていますが、歩き撮りはコンデジがほとんどですね。
この房桜もコンデジで撮りました~(⌒_⌒)
2009/04/23 01:03  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/548-fd990677
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。