2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
宇宙山の桜
- 2009/04/13(Mon) -
                 394-1.jpg

                         宇宙山 乾坤院の桜
 土曜日、買い物に出たついでに、目的のアウトドア用品のお店に近い乾坤院に立ち寄ってみることにした。
 お正月に乾坤院に初めて行った時に境内に桜が結構あるのを見ていたから、桜の季節にまた来たいな・・・と思っていたから。


     394-2.jpg


 駐車場横、山門前の賛同の桜が見事だ。 風が吹くと風に乗って花弁が流れるように舞い散って・・・とても綺麗な光景だ。

 その桜を右手にして山門を真正面から眺めた光景も・・・これまたなかなか見事。。


             394-3.jpg


 お寺と桜・・・なんとも良い風情だよね。 

 初夏を思わせる気持ちの良い陽気で・・・多くの参拝者が桜を眺めながらのんびりと境内を歩いている。

 近年は、パワースポットブームとやらで、神社仏閣を訪れる若い人が多くなっていると聞く。 また、若い女性を中心に武将ブームがも起こっているとも聞く。
 この乾坤院は家康の生母である於大の方の生家、水野家との縁深いお寺・・・そういうこともあろうか、若い人の姿も意外に多く見られる。

 例えば、仏像に興味を持つことからはじまり、日本の神社仏閣に足を運ぶようになる。。。 例えば、ある武将がお気に入りになることから日本の歴史に興味を持つようになる。。。。 きっかけはなんであれ、若い頃から日本の歴史や古来からの宗教に興味を持つことは良いことだと思う。
 そういう傾向がTVにも影響しているのか・・・ここ数年、大河ドラマの各作品は軒並み視聴率が良いらしい。
 歴史に少し興味を持ち出したりしたら・・・大河も観るのが楽しくなったりするからね。


             394-4.jpg


 今年の大河 「天地人」 の直江兼続が仕える上杉家といえば・・・上杉謙信と武田信玄が幾度も戦った川中島は、両者の善光寺を巡る争いでもあるという側面もある。
 また、上杉謙信の毘沙門天への信仰は有名だが、対する武田信玄も不動明王への厚い信仰を持っていたことで知られ、一昨年の大河 「風林火山」 でも不動明王が何度となく登場した。
 日本の歴史を知ろうとすれば・・・様々な形で宗教(特に仏教)が絡んでいることがわかってくる。


     394-5.jpg


 歴史や仏教への興味はさて置くとしても・・・お寺の静かな雰囲気の中で桜を愛でるのもなかなかいいもんだ。
 普段は木造の伽藍の重厚さで凛とした雰囲気のお寺でも、桜が多く植えられているお寺は、桜咲くこの時期には華やいだ感じにもなる。

 この乾坤院は、山門を入り本堂に向かうのに架かる池の橋を渡って山門を振り返って見やる光景が見事だ。


     394-6.jpg


 まるで山門を覆い隠してしまうかのような桜の並木・・・まるで “桜の山門” のような光景だ。


 この “桜の山門” は、多くの人の目を惹くとみえ、山門を背景にした橋の上は結構な撮影ポイントになっていた。
 通行人がいなくなるのを橋の上で待機していた私は・・・若いカップル様、若い女性の三人組様、かつては若い女性であった賑やかおば様四人組様に写真を撮るように依頼され・・・Seion、にわかに “橋の上のカメラマン” と化した。。。(笑)

 まさに 春うらら な週末の一時、桜によって演出された “お寺の春” を楽しんだ。。。


     394-7.jpg


           **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                          ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<小吉野風な桜 | メイン | 月下の桜>>
コメント
- -

こんにちは^^
昨日のお船。かっこよかったです・・
要のとき。いざというとき。なにかを伝えられるようになりたいなぁ。
景虎と華姫のドラマチックな物語。。うーん。まだ余韻が残ってます
昨日レッドクリフもやってましたね~ パート2いかなくちゃ。
2009/04/13 13:51  | URL | +yuyu #xIqzmozA[ 編集] |  ▲ top

- +yuyuさんへ -

お船と仙桃院の対面シーンや景虎と華姫の最期など・・・なかなか見応えあったよね。
景虎だけを一心に見つめる華姫の目・・・印象的だった。。。
今年の大河は主役の兼続だけではなく、様々な人物に焦点を当てていていいな・・・と思う。
私的には吉川晃司の信長が出色かと。(^^)

レッドクリフ、TVでおさらいも済んだので・・・観に行かなきゃ~と思ってます。(⌒_⌒)
2009/04/13 14:24  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/538-fd377ac9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。