2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
桜人・Seion。。。
- 2009/03/24(Tue) -
                    375-1.jpg

                今年も最も好きな桜が満開となった。。。
 日曜日・・・あいにくの雨だった。。。
 晴れていれば満開を迎えているというカタクリの群生を観に行こうと思っていたのだが・・・(無念)

 が、雨ごときでSeionの 遊び心 は挫かれない。
 せっかくの休みに家でゴロゴロしてたら勿体無い。 心もメタボチックになってしまう(←なっち♪さんは上手い表現するなぁ・・・)し。(笑)

 Seion、雨の日には結構新たなカフェ探訪などをすることもある。
 
 今回は、一番好きな桜が “もう満開だよ!満開!” と、土曜日にその桜を観に行った友人から連絡をもらっていたので・・・その桜を観に行く途中にかねてからSeionの “このお店、近いうちに行きましょうリスト” に入っているお店経由で桜を観に行くことに。。。


 さて・・・そのお店は、田園風景を見やることの出来る住宅地の外れの一軒屋の日本家屋にて土日・祝日のみの営業というお店だ。。。 塀に掲げられたそのお店の看板を見ただけで・・・なにやら良さげな雰囲気なお店であろうとの予感が・・・。


           375-2.jpg  375-3.jpg



 丹精されたお庭を眺めながら・・・玄関の引き戸を明け・・・思わず “ごめんください” と声を発してしまった。。。(笑) だって・・・まるで他所様の家にお邪魔するような感覚だったので・・・。

 すると・・・長い髪をキリッとアップにした色白の美しい女性が出迎えてくださり・・・。 家の中に案内してくれながら “お好きなお席にどうぞ。。。” と。
 私たちは、床の間の前の丸テーブルに座布団座りの席に座った。。。

 そのお店はその出迎えていただいた女性が一人で切り盛りしてらっしゃるとのこと。。。
 それにしても・・・失礼ながらお歳は私と同じくらいかとお見受けしたが・・・そのまま法被を着て神輿担いでも似合いそうな、そのままスーツを着たらバリバリなキャリアな雰囲気にもなりそうな・・・知的&背筋の ピンッ とした素敵な女性だ。
 
 私たちの他は、廊下に置かれたテーブル席に女性2人のお客さんがいるだけだったので・・・そのオーナー女性に “室内の写真撮らせていただいてもいいですか?” と尋ねれば “どうぞ。どうぞ。” と笑顔で快諾いただき、気兼ねなく落ち着いた空間の室内を撮らせていただいた。


            375-5.jpg  375-4.jpg


 日本家屋の雰囲気をそのまま活かし、各テーブルにはそれぞれ違う形の一輪挿しに、それぞれ違う花がなにげにお洒落に置かれているなど・・・女性らしい細やかな雰囲気が感じられる。。。ちなみに私たちの座ったテーブルには素焼きの一輪挿しに雪柳の花。。。
 で・・・上の写真のような雰囲気の室内に流れるBGMは・・・落ち着いたスタンダードなジャズ。。。 どう?なんかいい感じでしょ?

 私は・・・今週末のおすすめコーヒーだというエルサルバドルに柚子のケーキを。。。 同行者は・・・なんとかという(笑)ドイツの紅茶に、なにかの(笑)ケーキをお願いした。


                 375-6.jpg


 オーナさんが “私がここで焼いています” というケーキも美味しく・・・紅茶もケーキも同行者は絶賛していた。

 ジャズが流れる落ち着いた空間で、くつろいだ時間を過ごさせていただけた。

 廊下から庭を眺めていると・・・俯いて咲く小さな黄色い花が・・・“なんだろうね?” と話しているとオーナーさんが “カタクリなんですよ。 園芸屋さんで黄色いカタクリを見つけて、珍しいので買って植えてみたんですよ” とのこと。。。
 カタクリに黄色い花があったって・・・はじめて知った。。。 (それにしても・・・嗚呼。。。カタクリ。。。)

 和風の室内のその醸し出す空間の雰囲気が・・・なんだか大林宣彦監督の映画にでも出てきそうな感じだな・・・と思ったりした。
 このお店、いきなり “大のお気に入り” になってしまった。。。 また必ず来ようと思いつつ・・・桜を観に行くためにお暇を。。。


                    375-7.jpg


 さて・・・桜。。。
 
 私にとっては “桜は薄墨” と公言しているほど好きな薄墨桜だ。
 近年、毎年その桜を観に来ている。
 昨春もここの桜のことを記事にした(2008/04/01(Tue) 「我も桜人」 参照)が、さだまさし氏の唱える “毎年同じ桜を観に行く人のことを桜人と言う” という説を私も信じることにしたので・・・その薄墨桜を愛で・・・今年もSeion、桜人となる。

 幸いにも私たちがその薄墨桜のもとに着いたときには、雨はごく小雨となっており・・・そして、会えた。。。私の大好きな薄墨桜に。。。


                    375-8.jpg


 染井吉野の比べると小振りの花弁、真っ白な花弁に薄っすら墨を混ぜたかのような微妙な “くすみ白” な花弁。。。 雨に濡れて一層美しく感じられた。


                 375-9.jpg


 薄墨桜が好きなのは・・・満開を迎えた状態でも花弁が小さいことと、花弁同士があまりにくっつきすぎていないがために・・・枝に咲く花弁がまるで白い絵の具を含ませた細い筆で点を重ね描いたかのように見えること。 その風情がとても好きだ。


                 375-9-1.jpg


 枝の下に入って枝をその枝に咲く花を見上げれば・・・まるで幾多の白い蝶が舞うかのような光景が。。。 それもまた好きな光景だ。


                 375-9-2.jpg


 ひとしきり雨に濡れた薄墨の花を楽しみ・・・一旦その場を離れて夕食に向かう。。。 何故 “一旦” なのかは後述するが・・・。


                    375-9-3.jpg


 夕食は、その薄墨からそれほど遠くない魚モノ中心の和食のお店に。
 そこが・・・すこぶる丁寧で美味しい料理を出してくれ・・・気に入って度々行くうちに、結構頑固そうな大将に顔を覚えてもらえたらしく・・・時として調理場をみやるカウンターに座ると、“ほいッ” と他のお客さんに聴こえない程度の小声でちょっとした一品(主に、甘辛さが絶妙なイカの塩辛など)を おまけ で差し入れてくれたりするようになった。
 その塩辛とかが・・・悪魔の味だ。。。(笑) あまりに美味しくて、これまた美味しく炊いてあるご飯をお代わりせざるを得なくなる。。。(爆)

 その店でカウンターの向こうの大将の “いらっしゃい” という声と “おッ、また来たな” という目線会話に迎えられ、いつ来ても “やっぱりここは美味いわ” と毎度の言葉を発しつつ腹ごしらえ。

 お腹を満たし・・・来た道を真逆に車を走らせ・・・再び薄墨に会いに行く。
 その頃には、もうすっかり空は暗くなっている。。。 それでいい。。。

 やがて・・・薄墨のいる山の中腹が見える場所に差し掛かると・・・真っ暗な山の斜面に ボォ~ っと薄墨の姿だけが白く浮かび上がるのが見えてくる。。。
 ここの薄墨桜、夜はライトアップされているんだ。 昼間の姿を愛で、夜のライトアップされた姿を愛で・・・二度薄墨の咲く姿を愛でられる。。。


                    375-9-4.jpg


 昼間とはまた違って・・・暗闇を背景にした薄墨桜の花は・・・なかなか幻想的だ。。。

 下の2枚の写真、ストロボを使わない写真が左、ストロボ使用の写真が右。。。 どちらがお好みかな?


   375-9-5.jpg  375-9-6.jpg


 まだ ポツリ、ポツリ と降り注ぐ雨の中、傘を差しての花見となったが・・・ライトアップされた薄墨桜は・・・桜人となった私たちの心にとても美しい姿を刻んでくれた。。。

 昨年より1週間も早く満開を迎えた薄墨桜。。。
 この薄墨が満開を迎えてだいたい1週間で、毎年染井吉野が満開となる。。。

 来週は・・・秘密の花見スポットに行くべきか・・・? それともまだ咲いていると信じてカタクリの群生に行くべきか・・・? 悩ましい問題だ。。。(迷) ことほど左様に、これからの季節・・・Seionの休日はとても忙しい。。。(笑)

 とても素敵なお店と出会え、今年も大好きな桜を愛でる桜人となり得た・・・そんな日曜だった。。。

 あなたにも・・・あなたが 桜人 となるお気に入りの桜・・・ありますか?


                    375-9-7.jpg

 

**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | お気に入りの場所 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<花桃の光景 - 色とりどり | メイン | 花桃の光景 - 赤と黄の春景色>>
コメント
- 桜人 -

初めまして。ショウジョウバカマのことでコメントを頂戴しありがとうございます。思わず飛んできてしまいました。琴線に触れるような調べが聞こえてくる素敵なブログを拝見できありがとうございます。お写真の美しさ、編集のレベル、どちらも私にはないもので、勉強になります。今後も時間が取れる限り訪問させていただきますね。

桜は花、花といえば桜、桜人になって会いに行く桜が私にもあり、思わず、うれしくなってしまいました。
2009/03/25 07:35  | URL | sarah #f2NHe4sM[ 編集] |  ▲ top

- 桜人・sarahさんへ -

あんな真っ白な猩々袴があることを知らなかった私にとっては驚きでありました。

私んとこにもお越しいただき、ありがとうございます♪

猩々袴がとりもつ 縁 ということで・・・これからもヨロシクです。

勉強になるのは私の方で。。。
sarahさんの豊富なお花に対する知識・・・ぜひ、sarahさんのブログで “花事修行” をさせていただきたく!

桜人となる桜があり、その桜の開花を心待ちにする気持ちって・・・いいものですよね! そういう気持ちをわかっていただけるのは嬉しいです。(⌒_⌒)
2009/03/25 10:29  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/519-38d1bbf3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。