2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
梅の光景-花・陽光
- 2009/03/02(Mon) -

                    350-1.jpg

               陽光の当たり方で梅の花もその表情を変える

 扉の写真は、逆光に位置する所から撮ったものだが・・・一工夫は、当の梅の花の幹が作る影の中にカメラを入れ込み撮ること。 
 そうするとによって、逆光を受けた梅の花の外輪が光ったような風合いの写真が撮れた。

 陽光の当たり方によって梅の花もいろんな表情を見せてくれて、実際にはそれを自分の目で観るのが一番楽しいのだが・・・そんな梅の花の表情の一部分でも写真に写し込むことが出来たらちょっと嬉しい。
 
 カメラのレンズに花粉がつくんじゃないかと思うくらいに近づけて撮る場合にも、陽光の当たり具合で梅の花は様々な表情を見せてくれる。


350-3.jpg 350-2.jpg 350-4.jpg


 梅の花も人物も・・・いい表情で撮ってあげたいなと思う。
 特に女性は、その人個々で最も素敵な表情、姿として写る角度なりポーズ(全身のポーズだけではなく、顔の上げ下げ、目線の向け方とか)があるよね。
 だから、梅の花を撮っている人たちを観ていて・・・同じ一本の梅の木の花を撮っていても一面だけではなく、その木をグルリと回ってその梅の木の花が最も綺麗な表情を見せてくれる方向を探すような撮り方をしている人は・・・きっと女性を撮ってもその女性の最も素敵な表情を見つけてあげられるような撮り方が出来る人だろうな と思ったりする。

 女性を撮る場合・・・“綺麗に撮れたね~” という感想だったら・・・まぁまぁ。。。かな。
 “うん。うまく撮れたかな” と思えるのは・・・ “へぇ~私じゃないみたい” 的な本人にとっても意外だとでもいうような反応でその写真をマジマジと眺めてくれた時かな。
 概して女性(いや、男だってそうだけど)は・・・本人的に気に入らない “変な顔ぉぉぉ~” と思えるような写真をマジマジとは見たりしない。 “はい、次、次” と素早く通り過ぎる。
 だから・・・マジマジと見るということは決して嫌ではないってことだし、“私じゃないみたい”って感じるってことは、本人も気付いていないようなその人の表情を探し撮れたってことだ・・・と、思うようにしている。(笑)


 話しがそれた。。。(⌒▽⌒;

 で・・・梅だ。

 水辺の近くにある梅の木なら、背景の水面を跳ね躍る陽光を背景に入れ込んでも面白いよね。


                 350-5.jpg


 まったくの逆光で撮ってみると、入り込んだ太陽の光が強いために 光によるボカシ みたいなちょっと意外性のある写真が撮れたりもすることがあって楽しい。


                    350-6.jpg


 ただ単に陽光が真正面から当たっている状態で撮るだけではなくて、撮る梅の木をグルリと回って眺めてみれば、陽光を反射したりして花が一層引き立つような角度ってあるもんだな~と、写真をよく撮るようになって感じるようになった。
 やっぱり・・・同じ花でもいろんな観方をすれば観梅の楽しさも広がるってもんだね。


     350-7.jpg 350-8.jpg


 いろんな観方と言えば・・・日本人は昔から様々な観梅を楽しんできていて、それぞれに呼び名を付けたりしている。

 例えば・・・まだ咲き始めの時期でチラホラと咲いた梅の花を探すように観て歩くことを 「探梅」 と呼ぶ。
 なんかいい言葉だよね。 春告げ草と呼ばれる梅の花の開花を探し求める気持ちに待ちきれない春への想いが伝わってくるような言葉だよね。。。 「探梅」は・・・「探春」でもあるんだよね。。。

 また、今を盛りと満開を迎えた梅の花を愛でることを 「賞梅」 と呼ぶ。
 ちょうどSeion地方はその時期にさしかかっているけど・・・満開の梅を眺める人達はその表情も和やかで、満開の梅を “ほぉ~” とか “綺麗” とかまさに賞賛しながら観ている。

 そして・・・我が世の春とばかりに咲き誇った梅の花もその身頃を過ぎ、やがては散りゆく定め。。。
 盛りを過ぎたそんな梅を眺めることを 「送梅」 と呼ぶ。
 この年の梅の名残を惜しむ。。。次の年の再会に想いを馳せつつ・・・。
 この 「送梅」 って言葉・・・とても日本人らしい美しい言葉だと思う。 心を残しながらも、またの再会を期してしばしの別れを告げて見送る。。。 “残心の美学” とでも言うのだろうか。 こういうどこかやんわりとした優しげな日本的な感覚と言葉・・・大切にしたいな。。。と思う。

 まだ寒い頃から咲き始めた梅が散る頃・・・いつしか春を感じられる気配も濃厚になってくる。

 もちろん桜も梳きなのだが・・・近年、ますます梅を眺め撮ることが楽しくなってきているように思う。


                    350-9.jpg


     **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<河津桜を観て歩き | メイン | 梅の光景-梅・椿>>
コメント
- こんばんは~ -

春ですね~
今日は寒かったけど・・・^^;

こちらの梅は、まだこれからみたいです。
少し、花が少ない感じですが、満開になるのが楽しみです。

綺麗な梅の花を見せていただいて、和んで帰ります^^
2009/03/02 20:35  | URL | 月子 #frUh5rcM[ 編集] |  ▲ top

- 月子さんへ -

今日は風が冷たかったですね~

そうですか~ 月子さん地方の梅の見頃はこれからなんですね。
満開になったら・・・梅の花を眺めながら、梅の香りを楽しみながら・・・そぞろ歩きなどお楽しみ下さいね。 お二人で!

私の写真で和んでいただけるなんて・・・幸いにございます♪
2009/03/02 23:22  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/495-8fcd62ac
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。