2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お雛様めぐり
- 2009/02/24(Tue) -

                    345-1.jpg

                   「中馬のおひなさん」 を歩く

                    345-2.jpg

 日曜日、豊田市足助地区の 「中馬のおひなさん」 という催しに行ってきた。
 この催しは、かつて中馬とよばれる馬による荷駄運搬業で栄えた山間の宿場町であった足助地区で、商店や一般の民家が所有するお雛様飾りを各家で展示して訪れた観光客にも見学させてくれるというイベントで、今年で11回目を迎える。
 今までも 行ってみたいな~ と思いつつ、来られなくて・・・今年初めて行くことが出来た。

 催しの期間、足助地区では130を越える展示場所で個性豊かなお雛様をそぞろ歩きしながら見学することが出来る。


                    345-3.jpg


 街を歩きながら “おひなさん展示中” という看板のある商店の店先、民家の玄関などにお邪魔して、それぞれの家に伝わるお雛飾りを見させてもらう。


                 345-4.jpg


 駐車場でいただいたマップ(↑)を見ながら・・・のんびり歩いての “お雛様めぐり” だ。


                 345-5.jpg


 宿場町の面影をそこかしこに色濃く残す足助の街並み、その雰囲気を味わいながらの “お雛様散策” ってところだ。。。

 様々なおひなさんが目を楽しませてくれる。。。

 たとえば・・・立派な御殿の中に納まった豪華なおひなさん。。。


                 345-6.jpg


 たとえば・・・ある商店の裏庭に置かれたお釜の中に飾られた可愛いおひなさん。。。


                 345-7.jpg


 たとえば・・・閑静な茶室の中に飾られたおひなさん。。。


                    345-8.jpg


 たとえば・・・元は銀行であった建物の金庫の中に鎮座するかのように飾られたおひなさん。。。


                    345-9.jpg


 飾られる場所も様々な場所であれば・・・おひなさんも様々なモノで作られている。

 たとえば・・・手作り感がとても温かい雰囲気のする土雛のおひなさん。。。


                 345-91.jpg


 たとえば・・・この地域の山にたくさん自生する竹で作られた竹雛のおひなさん。。。


                    345-92.jpg


 たとえば・・・山の実りである松ボックリや木の実で作られた木の実雛のおひなさん。。。


                    345-93.jpg


 ありとあらゆるおひなさんを見させていただきながら・・・のんびり歩く。
 時々、焼いた草餅やみたらしダンゴや和菓子などを店先や出店で買い求めて目と共に舌も楽しませながら。。。(笑)

 ここのお雛様めぐりの楽しいところは・・・それぞれ展示されているお雛様は、それぞれの家に伝わる “それぞれの家の記憶” を背負ったおひなさんであり、気軽に尋ねればそのおひなさんについて、その家の人から話しを聞かせてもらえることにある。。。

 ある家では・・・壮年のご夫人が “私は両親を早くに亡くして、お雛様を買ってもらえなかったから、子供の頃にはお雛様の季節には随分と寂しい思いをしたもので・・・。 娘にはそんな思いをさせずに済んで良かったと思っているんです。。。” と、とても優しい面差しで飾られたおひなさんに目を向けながら話してくれた。。。

 またある商店では・・・大正時代の古いおひなさんと一緒に男性の写った数枚の古い写真が展示されていた。。。
 展示されているおひなさんを見させてもらいながら、その商店の店先にちょこんと座っているずいぶんと小柄なおばあちゃんが数人の女性観光客に話している内容が聴こえてきた。。。
 どうやらおひなさんと共に展示された男性の写真は、先になくなったご主人の若い頃や仲間と一緒の姿、歳を重ねてからの姿を写した写真らしい。
 そのおばあちゃんにとっては・・・おひなさんと共に亡きご主人の写真も飾るべき対象であるのだろう。。。
 そして、その古いおひなさんには・・・おばあちゃんの娘時代からの想い出、嫁いできてからの想い出、そして・・・ご主人との想い出がつまっているのだろう・・・そう感じられた。。。

 ここのおひなさんは・・・文化財として認められ、硝子ケースの中に入れられて展示されているものとは違って、それぞれの家で家族の想い出と共に過ごしてきた現役のおひなさんがほとんどだ。。。
 大きな町では決して出来ない、小さい街であればこそ出来る住民ぐるみの素敵な催しだと感じた。


 様々なおひなさんの中で・・・私が特に心惹かれた “Seion的気になるおひなさん!” を幾つか。。。

 まずは・・・私も同行者も思わず見惚れたおひなさん。
 このお内裏様とお雛様・・・品のある佇まいも素敵なのだが、なにやらお二人とも同じ方向に目を向け、何事か楽しそうに小声で語らっていらっしゃるような雰囲気がとても好ましく感じられ・・・


                 345-94.jpg


 Seionも同行者も意見一致の “仲良しカップル賞” 的なおひなさん!


 お次は・・・江戸時代後期作という歴史と、その丹念に作られた衣装に見入ってしまったおひなさん。
 お雛様の十二単の重ねられた厚みを見ていただければ、その精巧な作りがわかってもらえるかと。。。


                 345-95.jpg


 Seion的 “職人の腕を感じる素晴らしい衣装賞” なおひなさん!


 また・・・室内でおひなさんを飾るというだけではなく、建物の前面を竹や植物やもち花で綺麗に飾ったその演出に魅入られたおひなさんの飾り。。。 竹の中には、小さな可愛いおひなさんが。。。


                    345-96.jpg


 Seion的 “とても素敵な演出賞” なおひなさん!


 そして、そして・・・Seionが最も 美しい。。。 と見惚れたお雛様。。。
 その気高く、美しいお顔は、数多のお雛様の中でSeionが最も長い時間見つめてしまったかもしれない。。。(笑)


                    345-97.jpg


 Seion的 “最も麗しきお雛様で賞” なおひなさん! どう? 素敵なお方でしょ?


 そんな勝手な審美眼を振りかざしながら・・・あったかい気分でもち花とお雛様飾りに溢れる宿場町の風情の残る街を半日ゆっくりと歩いてきた。。。
 ここ足助町は・・・昨年も記事にしたが、かたくりの群生でも有名な地。。。 かたくりの花が群れ咲く来月・・・また訪れることになるだろう。。。


                    345-98.jpg


     **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 小さな旅 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<春待鳥 | メイン | 超セクシーな「Satisfaction」!>>
コメント
- -

こんにちは^^ なんだか毎日お邪魔してます
謎。解明しなくては!(笑)

素敵なお散歩ですね^^ こんな大人なデート、いいなぁ。
かたくりの群生も楽しみにしてます^^
2009/02/24 13:23  | URL | +yuyu #xIqzmozA[ 編集] |  ▲ top

- こんにちは -

これも 町おこしの一環として 商工会なんかが
企画したんでしょうか。。。。
民家も 雛人形を公開するというのがいいですね。
白壁の町並みがいいですねv-411
今 全国各地で こういった町並みで イベントが
ありますよね。 例えば こちらの とある地方では
酒蔵を 一般解放して 地酒を広めるために といった
ものもあります。

う~ん どれもこれも なかなか いい雰囲気の
雛人形ですね。 飾ってある場所の雰囲気もなかなか。

そうですかあ 同行者の方(ムフフ)と 仲良しカップル賞のおひなさんを 同じ気持ちで眺めてたわけですねv-392

うちは お互い 違う方向向いてる おひなさんだなあv-404

衣装賞のおひなさん・・・ 鑑定団に出したら と
下世話なことを考える とんこつ君ですv-388

竹の中のが 僕的には 一番好きかもv-410

おっ なるほど Seionさんが惚れた・・
気品ある顔立ち 頷けますよv-218
同行者の方は 同じ考えで 同じ視線だったんでしょうかv-361
きっと 見つめるSeionさんに視線は投げかけられてたのでは アハv-411

雛祭りかあ・・・・ もう 飾らなくなって 何年
経つんだろう。。。。 実家の倉庫の中に 寂しく
眠ってるのかな。。 娘がちっちゃい頃は・・・
なんか悲しくなってきたv-395

カタクリ?? またしても 僕の辞書にはない花がv-388






2009/02/24 13:33  | URL | とんこつ君 #-[ 編集] |  ▲ top

- +yuyuさんへ -

はい!(V^-°)
どんどん毎日お越し下さい♪(喜々)

大人のデートかどうかはわかんないけど・・・山間のしっとりとした宿場町風情を残した街並みの中をゆるゆる歩いてのお雛様めぐり・・・なかなか良い時間を過ごせました。(⌒_⌒)

世の中、謎は・・・謎のままにしておいた方が良いこともあると思うですよ~ (笑)
2009/02/24 21:16  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- とんこつ君へ -

いろんなお雛様を眺めながらののんびり散歩・・・楽しんできました~♪

小さな町であればこそ、住民のぐるみの催しの企画も出来るわけで・・・地元の人の“情”を感じられる良い催しだと感じました。

カタクリ・・・いかにも “スプリング・エフェメラル” と呼ぶに相応しい可憐な花ですよ~
2009/02/24 21:22  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- 仲良しカップル賞がいいわ。 -

母親も同じでした。
娘が3人もいたのにお雛様がなくて・・・
3人の娘にそれぞれ娘が生まれた時には、それはそれは嬉しそうにお雛様を選んでましたよ。
何故か・・・母の家には自分のお雛様まであるからびっくり!お雛様に対する特別な想いがあるのでしょうね。
郡上八幡を思い出しました。i-228
信楽焼きでもお雛様がありましたよ。
そろそろどこかへお出掛けしなきゃね。。。


2009/02/24 21:49  | URL | Lim #-[ 編集] |  ▲ top

- Limさんへ -

日本の場合、人形には災難や病を肩代わりさせるという習わしもあったわけで・・・お雛様にもそれぞれの家族の想いがこもりそうだよね。。。

そうそう!
この足助はちょうど郡上八幡のちょっと小さい版の町って感じのとこですね。
郡上八幡は高山や下呂方面に行くのに何度も立ち寄ってます。
水が流れるいい町だよね。(⌒_⌒)
2009/02/24 23:27  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/489-4ee711cb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。