2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
可憐な春の妖精のたち
- 2008/03/31(Mon) -

                  030-2.jpg

           俯いてはにかむように咲く“春の妖精”
“春の妖精”と呼ばれるカタクリの花が満開を迎えたと聞いたので、観に行ってきた。
数年前から観に行きたいと思っていたのだが・・・なかなか行かれなかったのだが、頑張って早起きして出発。
目指すは県内では紅葉の名所として知られている香嵐渓の飯盛山。
早朝から出掛けたのは、春先に咲くこの花の群生を観に来る人で、満開時は駐車場に入るのに待ちの車列が出来るくらいと聞いていたから。

午後から雨になるという予報も出ており・・・“そうたくさんは人は来ないだろう”と高をくくって現地に向かったのだが・・・甘かった。
着いた時にはすでに駐車場は満車に近く、なんとか滑り込みセーフって感じだった。

そして、飯盛山へ登りはじめてすぐに・・・まさに妖精と呼ばれるに相応しい可憐な花の群れが広がる風景に出会えた。

030-1.jpg


これだけの群生に育つまでには・・・地元の人達のカタクリへの愛情があったとのこと。
と言うのも、カタクリが群生化するためには、積もった落ち葉の層が深くなりすぎないように手入れを必要とするらしい。
従って、間伐も行われず放置された森では群生しないこととなる。
妖精は人間の愛情を必要とするらしい(笑)

030-6.jpg


また、この花の生態はまだしっかりわかっていないらしく・・・増殖していく手段にも諸説あるのだが、最も確実なのは蟻が増殖の手助けをしているらしいとのこと。
カタクリは種で増えるのだが、その種は最初は甘い香りを放ち、その香りに惹きつけられた蟻が種を巣に運ぶ・・・ところが暫くするとその種は異臭を放つようになり、蟻は慌てて巣から種を運び出す。
こうしてカタクリはその植生地域を広げようとする。
妖精は蟻を種の運び屋として利用するらしい(笑)

030-7.jpg


この花は発芽して1年目に細い糸状の葉を1枚だけ出し、その後7、8年かけてその葉を育てつつ2枚目の葉をつけた時にはじめて花を咲かせる。
妖精が地上に姿を現すには時間がかかるらしい(笑)

030-5.jpg


森が緑の葉に覆われる前の日光を利用して地下の茎を太らせて花を咲かせ、花が枯れた後5月頃に葉も枯れ、後は次の年の3月まで1年のうちの10ヶ月の間は地中で球根のまま休眠状態となり、地面からは姿を消す。
そのため・・・ヨーロッパでは、「スプリング・エフェメラル」(春のはかない命)と呼ばれる種に属す。
妖精はそうそう人前に姿を現さないらしい(笑)

030-4.jpg

はじめて観ることが出来たカタクリの群生は“妖精たち”が群れ遊ぶような美しい光景だった。

また来年も会いに来たいと思いつつ、飯盛山をあとにした。




**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<我も桜人 | メイン | 気に入った!骨太なミステリー+苛烈な恋愛小説>>
コメント
- -

はじめまして。

「春の妖精」カタクリ  なかなか魅惑的ですね。
わがままで手がかかってめんどくさいけどほっとけなくて 使われるけどまた会いたい・・・
そんな女性像が浮かぶようでした。
ふっと昔の事なんかも思い出して読んでいて心地よかったです。
2008/04/01 01:05  | URL | モカ #-[ 編集] |  ▲ top

- モカさんへ -

コメントありがとうございました(⌒_⌒)

カタクリ・・・花を咲かせて人の目を惹きつけるのはほんの短い期間で、ほとんどは地中に潜って眠っているってとこがちょっと神秘的な感じがして気に入りました(⌒_⌒)
思ったより小さな花で、妖精という表現がピッタリの花でした。

ふと昔のこととは???
モカさんは、ちょっとわがままだけど気になって気になってしかたない感じの女性???(*^・^)
2008/04/01 03:07  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/43-3fb234be
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。