2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『風のガーデン』最終回を観終えて。。。
- 2008/12/19(Fri) -
                    283-1.jpg

               心に感動の風を吹かせてくれたドラマ・・・
 今夜、『風のガーデン』が最終回を迎えた。。。


 日本のTVドラマは概ね3ヶ月を1クールとするから、11回か12回で完結するものがほとんどだ。
 数多くのドラマの中には、この3ヶ月の長さがちょうど良いものもあれば、ストーリーの内容的に3ヶ月も引っぱらなくても・・・と思われるダラダラ・・・モチャモチャ・・・ドロドロ・・・なものもあるように思う。。。 というか、むしろ後者のほうが多いのかもしれない。。。(笑)

 が・・・たった3ヶ月では描ききれていないと思わせるほどの奥行きを感じさせてくれるドラマも・・・数少ないが確かに存在する。
 『風のガーデン』は、まさにそんな深みを感じさせてくれるドラマであったと言っても良いと思う。

 見終わってすぐの今、まだまだ描いて欲しかったことがたくさんある・・・。 と感じている。

 例えば・・・貞美と彼を取り巻く女性達との関わり・・・

 自殺した奥さんと貞美の夫婦関係はどうであったのか・・・? 奥さんと子供と共に東京で暮らすという話し合いはなかったのか・・・? どこでどうして夫婦関係に溝が出来ていったのか・・・?

 その奥さんが亡くなった時に愛人関係に会った親友の妻である妙子との恋はどういうきっかけでそうなっていったのか・・・? どんな思いでつき合っていたのか・・・?

 歳の離れた歌手茜は、貞美のどこに惹かれていったのか・・・? なんとなく彼女にはファザコンの匂いを感じたのは私だけだろうか・・・?

 貞美の病を知った後の、若き日の彼女であったアケミの心の動きをもう少し見てみたかった・・・。

 貞美と彼女達の関係がそれぞれ独立したストーリーとして描けるほどだと思う。


 また、もう少しドラマの回数があれば、父である貞三が貞美の病を知る前に貞美が富良野に帰ってきていることを知り・・・どう思ったのか・・・? その後、息子の病を知って、その心がどう変わっていくのか・・・? というその心の動きをもう少し時間をかけて描いて欲しかった・・・。

 などなど・・・最終回を見終わっての余韻とは違う、回数に限りのあるドラマでは描ききれないそれぞれの登場人物が本来背負っているであろう部分が “余白” となって残ってしまっているような・・・そんな感じすらする。
 それは・・・観る者がそれぞれの感性や自らの体験から感じることをそれぞれで埋めていけるように倉本聰さんが意図して用意した “余白” なのかもしれない・・・ね。
 その倉本さんの脚本も勿論だが、緒形拳、中井貴一はじめ演じた俳優陣の演技もその “余白” を意識させてしまうような深みのある演技であったからこそ感じることなのだろう。。。

 近年、以前に比べるとドラマを観ることが少なくなった私だが、このドラマは始まることを楽しみにし、録画したりして1話も欠かさず観たドラマであり、その期待と意気込み十二分に応えてくれた “Seionが選ぶ2008年最高のドラマ!” だ。 


 ラストシーン・・・貞美が植えていたエゾエンゴサクが、死後の世界に行った貞美から娘のルイへのサインとしてたくさん咲くんだろうと途中からわかっていたにもかかわらず・・・やっぱり目が潤んだ。。。
 実に、倉本さんや俳優陣、スタッフの思うがままの私である。。。(笑)

 岳君の代りにSeionが言います。。。
 エゾエンゴサク・・・花言葉は “妖精たちの秘密の舞踏会”


                 283-2.jpg


 

**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<現代の隠れキリシタン | メイン | 雨降って地固まるか?風強まるか?>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/424-ad262ef3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。