2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
焼き物の街の寺社観て歩記
- 2008/12/16(Tue) -
                 279-3.jpg

                 常滑 盛泉寺の屋根の上の番人の獅子
 
 日曜日、焼き物の町の常滑へ出掛けた。
 常滑のセラモールという常滑焼の窯元が集まって出店している所に陶器を買いに行きたいという要望につき合うことにしたから。
 私も陶器のビアグラスかワイングラスのニューフェィスを探したいな~と思っていたのでちょうど良かったのだ。

 残念ながら・・・私は いいな~ と思うような陶器には出会えなかったが・・・そのセラモールから帰る途中にちょっと気になっていた神社とお寺に立ち寄ることにした。


 まず立ち寄ったのは、小高い丘の上の郷中にある諏訪神社という村社だ。
 この神社の中に “八百姫神社” があり “八百比丘尼” が祭神として祭られている。


                    279-5.jpg
 

 八百比丘尼伝説は全国各地で語られている。。。

 ある時、漁師の網に人魚がかかり、その人魚の肉を一口食べた八百姫は、そのあまりの美味しさについつい食べ尽くしてしまった。。。 その八百姫、以来美貌が衰えることなく、歳をとらないかのように百数十年も長生きをした。。。 自分の親しい人、知人は次々と亡き人となっていき、八百姫は世の無常を儚み尼となって、全国各地を旅して寺社の修理や橋を架けたりして人々の役に立つような活動をした。。。 そして・・・八百歳にもなったある日、自ら地に穴を掘りその穴の脇に椿を植え、その椿に生あるうちは自らも地中で生きるとでも言うように土をかぶって姿を消したという。。。

 と、いうような伝説が各地に残っており、ここの八百姫神社の祠の脇にもちゃんと椿(正確には椿科の榊)が植えられていた。


                 279-6.jpg


 この八百姫神社、不老長寿、というより、いつまで経っても美貌が衰えることがなかったという八百姫にあやかってか・・・古くから若い女性のお参りも多かったらしい。
 常滑郷土文化会つちのこ発行の 「なつかしき常滑 Part 2」 という写真集に “前山の八百姫神社風景 [昭和8年]” と題して、女性が八百姫神社をお参りしている写真が収められている。


                 279-4.jpg


 写真の説明書きには “美人長寿の八百姫様にあやかって「私も」と祈願する乙女達。” と記されている。

 帰って来てから、この写真をネットで見つけて同行者に見せたところ・・・“もっと真剣にお参りしてくれば良かった~” と悔しがること。。。(爆)


 八百姫の変わらぬ美貌にあやかろうという女性の参拝者を意識してか・・・祠に彫刻された滝登りの鯉の朱のアイシャドウと口紅が艶っぽかったりした・・・(笑)


                    279-7.jpg


 祠の脇の椿は青々と葉を繁らせ、とても元気そう。。。
 きっと、八百姫様は、未だに何処かで元気でいらっしゃるのだろう。。。

 八百姫神社のある諏訪神社の鳥居の前からは、常滑の田園地帯と広い空が眺められた。


                 279-8.jpg


 八百姫神社から車で10分足らずに、通る度に気になっていたお寺があったのでそちらにも。。。 そのお寺の山門脇のお堂が、まるでお城の物見櫓のように見えるのが気になっていたのだ。


                 279-2.jpg


 残念ながら・・・お寺の境内にこのお堂の由緒などの説明はなく、実際のところはわからないが・・・どうもこのお堂の造りからして、戦国期に度重なる戦の中で、このお寺も砦のような使われ方をしたのではないか・・・と思えたりする。。。
 土地柄を考えれば、東へ勢力を伸ばそうとする織田勢に対処するものなのか・・・?それとも、京を目指した今川勢(先頭に立たされた徳川勢)に対処したものなのか・・・? お寺の境内に佇みながら様々想像すること自体が楽しかったりした。

 その境内に植えられている山茶花がちょうど満開を迎えていた・・・。

 常滑焼の陶器の買い物のついでに・・・ちょっとした “小さな旅気分” を楽しんだ日曜だった。。。


                    279-1.jpg

 

**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 小さな旅 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<夕景・蒼のグラデーション | メイン | 散歩していて感じること・・・>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/421-354f8dc6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。