2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
想い出の曲がジャズアレンジされたピアノ曲に!
- 2008/12/12(Fri) -
                    275-1.jpg

                       『I Love A Piano』
                          今井美樹


 今晩、“今井美樹のCDを焼いてきたよ” と、手渡してもらった。

 “ピアノだけの演奏でジャズっぽく作ってあるCDだから気に入るかなと思って”とのことだった。

 早速、車内で聴いてみた。

 気に入るなんてもんじゃやない!!! と~ってもいい雰囲気! こういう雰囲気大好きだ!

 今井美樹がジャズ系の7人のピアニストと競演して、彼女のボーカルとピアノ演奏のみ!
 それもポーカルとピアノ演奏は同時録音とのことで・・・ジャズ喫茶かなんかでピアノの演奏のみで今井美樹が唄っているのを聴いているような・・・そんな雰囲気が伝わってくる。。。

 扉の写真の下の   『I Love A Piano』今井美樹  をクリックしてAmazonのページで全曲聴ける。 是非の雰囲気の一端を味わってもらいたいな。。。



 考えてみたら・・・今井美樹の歌からずいぶんと離れていた。。。

 今井美樹の曲に触れることになったのには・・・想い出がある・・・。
 その頃、私は日本の曲に今以上に興味が無く、今井美樹って女優さんが歌っているという程度の認識しかなく、じっくりと彼女の曲を聴いたことがなかった。

 ある時、当時つき合っていた女性と、あるコテージに泊まりに行くことになった。
 その彼女の希望でキッチン自炊できるキッチンがある所に行きたいというリクエストがあったからだ。。。
 事情(主に私の方にだが)があって、どちらかの家で彼女に手料理を作ってもらえるという状況に無く・・・彼女は私に手料理を食べさせたいと思ってくれてのリクエストだった。。。
 彼女を迎えに行くと・・・“夜逃でもするの?”と言いたくなるような大荷物で・・・その荷物を詰め込んでコテージへと向かった。 現地について、駐車場からコテージまでの距離がかなりあることがわかり・・・確か私が3度ほど行き来して荷物をコテージに運び入れたような記憶が。。。
 その大荷物のほとんどは食材で・・・まだ夕方と呼ぶには早い時間から彼女は夕食の準備にとりかかった。 
 その時点で、ドライバー&ポーターだった私は、“料理人彼女”の主賓に格上げとなったわけ。

 その彼女の大荷物の中にはCDプレーヤーがあり、彼女が好きだった今井美樹のCDも何枚かあった。。。 その今井美樹の曲を料理人兼今井美樹の曲の解説者となった彼女の解説付きでじっくりと聴く時間を持つことになった・・・ってわけだ。
 コテージに泊まった2日間・・・最初の夜の夕食、次の日の朝食、昼食と、彼女の作った料理を食べながら、“お篭り”な時間を過ごし、今井美樹の歌を何度も聴いた。。。

 だから・・・その時聴いた今井美樹の曲には、その彼女との想い出が濃厚に絡み合っている・・・。
 今晩も聴きながら・・・しばし想い出のフィードバックに身を任せ。。。 もちろん、その想い出に関しては一切言葉として発することは無く。。。(⌒▽⌒;
 
 そんな想い出の曲が・・・ピアノ演奏だけの曲として新しい命を与えられて甦ったかのような・・・そんな気持になったほどの素敵なアルバムだ。。。 こんな素敵なアルバムを知らずいたとは・・・いかにも不覚であった。。。
 それにしても、今井美樹の声に 「ルパン三世 愛のテーマ 」 がこんなにフィットするとは驚いた。。。


     


**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今年の漢字は・・・『変』 | メイン | 水に浮かぶ茜雲>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/417-8bf335b8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。