2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Seion的 「心を鎮めるための一つの方法」
- 2008/12/04(Thu) -

                    258-1.jpg

                     心を鎮めたいときには・・・

 たまには仕事で ムッ としたりする事は・・・誰しもあるよね。。。
 かといって、誰かに愚痴るのは嫌だし、出来るだけ早く嫌な気分を自己消化して、気分転換を図りたい。。。

 今日がたまたまそんな日だった。。。

 そんな時・・・移動中にお気に入りの場所に立ち寄ったりして、気分を変えるのも一案だ。
 少し走る経路を変えて、何度か訪れたことのあるお寺をしばしの時間歩いてみることにした。。。


                    258-2.jpg


 まず、このお寺の山門の風情が好ましい。 ところどころ苔むした石段を登って山門に向かって歩いて行くだけで、すでに心が静まりつつある。
 この山門と石段の風情・・・このまま時代劇のロケ地になるような雰囲気だな、といつも思う。 ってことは・・・かなり前からこの雰囲気は変わっていないものと思われる。


                258-3.jpg


 山門を入りゆっくり歩いて行くと・・・紅葉した木の向こうにどっしりとした屋根構えの本堂が見えてくる。 

 誰もいない・・・。 とても静かだ・・・。 聴こえるのは野鳥の鳴き声くらいだ・・・。


 本堂を参拝した後、本堂から向かって左に向かうと、ほんとに小さな池があり、その池の向こう側の小高くなった丘の斜面に何体かの石造りの阿羅漢像がある。


                258-4.jpg


 様々な佇まい、表情の阿羅漢さん達、その表情をゆっくり眺めていると・・・不思議と心が落ち着く。。。
 如来像や菩薩像とかは・・・心に怒りを抱いた状態で対面させていただくのは恐れ多いような気がして・・・お会いする前に心平らかな状態にしてお会いせねば・・・って気がしてしまうのだが・・・阿羅漢さんは、如来さんや菩薩さんよりは親しみやすいような感じがしてね。。。

 しばしの間、それぞれに味わいのある阿羅漢さんを眺めているうちに、怒気を含んだ気持ちが次第に平らに均されていく。。。


 たまたまここは知っているお寺だったけど・・・知らないお寺でも良い。 神社でも良い。 そういう空間に身を置き歩くと・・・心は鎮まる。 
 私に限らず、おそらく誰しもお寺や神社の境内を怒ったままの気持ちでは歩いてはいられないと思う。

 誰かに愚痴りたいようなそんな気持ちを抱え込んだまま次の局面へと向かうのは嫌だから、そんな気分の時は、こうしてちょっとした気分転換を図る。
 私の友人など、心を静めたいとき、迷いが深いときなど・・・仕事を放棄して禅宗のお寺へ時間以上も座禅をしにいっちゃう人もいる。。。
 わかるような気もするが・・・さすがに私は・・・それはしない・・・。 座禅は苦手だし・・・。(⌒▽⌒;

 どんな方法、どんな場所でも良いのだが・・・人それぞれ、その人なりの乱れた心の均し方があるといいよね。。。
 人に愚痴ったり、ましてや人に当たったりするのは・・・嫌だしね。 愚痴の多い人と話すのは楽しい気分になれないし、愚痴っている時の人の顔は・・・いい表情とは言い難い。。。 だから、極力愚痴は言うまいと心掛けている。


 今日は、人の姿の無い静かなお寺の雰囲気と阿羅漢さん達にお会いして、嫌な気持ちがかなり払拭出来・・・“さぁ、行くか!”と小さく口の中で呟いて仕事に戻ることが出来た。


                    258-5.jpg



**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | お気に入りの場所 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<それでも平和を目指した新たな一歩! | メイン | 小春日和の紅葉浴>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/409-107fcd45
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。