2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
友人の奥さんの涙声
- 2008/11/23(Sun) -

                    249-1.jpg

                     友人の奥さんから電話が・・・

 その友人の奥様から電話は・・・昨晩、その友人と遅くまで飲んでいたので、ちゃんと私と一緒だったかどうかの確認の電話。。。
 私としては、その友人は女性関係に関しては品行方正な人だと思っていたので・・・その奥さんの“確認電話”はちょっと怪訝な感じがしたのが第一印象・・・。

 が・・・少し事情を話し始めた奥さんの口から・・・驚きの事実が。。。

 少し前(どれくらい前かというのは伏せるが・・・)その友人のかつての同級生で長い間の親友が突然亡くなったということは私も彼から聞いていたし、気落ちする彼にどんな言葉を掛けたら良いのか・・・と、そんな場面もあったから、私もその親友が亡くなったことはよく覚えていた。。。
 彼が親友の残された家族を支えるべく、お通夜や葬儀でも出来る事は精一杯したであろうことは想像に難くない・・・。
 
 だが・・・その親友を思う気持ちから少し脱線することが起こってしまっていたらしい。。。
 夫を無くした親友の奥様のあれこれ相談に乗っていたのだと思うが・・・彼の奥さんに嘘をついて(つまり、別の用事を口実に使って)、その親友の家に行っていたり、二人で遊びに行っていることが、奥さんだけではなく、彼の家族の知るところとなり・・・彼にもその親友の奥様にも “もう二人でコソコソと会わない” と約束させたとのこと。。。
 だが・・・最近また連絡を取り合っている形跡もあり、二人で会っていると思われる不審行動もあり・・・ということで、奥さん、止むに止まれず、私のところに確認の電話をしてきたという次第。。。

 決して清廉潔白だとは言えない私ではあるが・・・この友人の行動はよろしくない。。。
 第一に、だだでさえ裏切られた、嘘をつかれたと・・・傷ついた気持ちを押し殺し、出来るだけ夫婦関係を修復しようとしてきた奥さんの気持ちを、よりによって同じ相手との関係で再び傷跡の瘡蓋を剥がすようなことは・・・よろしくない。
 疑心暗鬼になっていた奥さんの心に修復し難いトラウマのような不信感を植えつけかねない。。。
 第二に、これは私が若い頃からとても嫌いなパターンなのだ。。。
 世間では・・・未婚であれば、彼ならその男友達、彼女ならその女友達、既婚なら旦那の男友達、奥さんならその女友達に自分達の恋愛問題、夫婦関係の問題の相談を持ちかけて・・・相談の乗ってる間にいつしかその二人が恋愛関係に陥るという・・・私に言わせてもらえば “漫画そのもの” のような複雑なことになってしまう人達が、結構いらっしゃる。。。
 が・・・私は、そういうのがとても嫌いだ。。。昔も今も変わらずに。。。 いくらとびっきり可愛くても、友達の彼女は “あくまで友達の彼女” であり、いくら美しくても友達の奥さんは “あくまで友達の奥さん” だ。。。
 学生時代・・・友達の彼女と、別の男友達が二人して相談に来たことがあった。。。 彼女が彼の友達である一緒に来た彼に自分がつき合っている彼の相談しているあいだに・・・おかしなことになって  “はい!一丁上がり” となってしまって・・・“これからつき合っていこうと思うけど、どうしたらいいと思う?”という相談だ。。。
 私は・・・“知らない!俺は聞いてないことにするから。自分達で始めたことだから、自分達で結論を見つけてくれ” と、一切の相談に乗らなかった!
 そういう身近なところで安易にくっついたりはなれたりってのがとにかく嫌だったし、私まで彼らと首をそろえて相談の輪に入ったら・・・なにも知らないその彼女のもともとの彼が気の毒過ぎる・・・と、そう判断しての相談無視、いや、拒否・・・だな。。。
 そういう考え方の私としては・・・今回のその友人の行動には加担し辛い・・・。庇い立てし辛い・・・。

 話しをしているうちに・・・奥さんの声が上ずったり、途切れたりして・・・明らかに涙声になってきた。。。 困った・・・困りました・・・Seion。。。
 
 とりあえず、聞くだけはしっかり話しを聞き、奥さんの声もしっかりさを取り戻したから・・・一安心。。。

 私から友人である旦那に何か働きかけたら・・・ややこしくなることは明らかだから・・・彼と話すときには・・・とにかく家族、奥さんを大切にしなきゃ~!もっと奥さんと遊びに行ったら~?と、側面支援することを約束して電話を切った。。。
 頑張って!奥さん!今回のことでは、Seionは貴女の味方だから!!!

 でも・・・彼に・・・奥さんを大切にしようよ~とか、私が言ったら・・・“お前に言われたくないぞ~!”と言われそうで・・・言われたら・・・“ごもっとも!”と思ってしまいそうで。。。
 
 貧弱な側面支援者で申し訳ないですが・・・でも、応援してます!奥さんを!
 またいつか話す機会があるときには、明るい笑顔な声を取り戻していてくれることを祈りつつ・・・。

 しかし・・・友達の奥さんと・・・私にはなんでそうなってしまうのか・・・どうも理解し難い。。。


 今回の記事は・・・話しの内容とかもっと込み入ったこともあるのだが・・・克明に記すわけにはいかないのでザックリと大枠での内容とさせていただいてます。。。


                249-2.jpg



**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 男と女の話し | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<桜と紅葉の織りなす錦絵 | メイン | 金100円也の秋の味>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/400-bae6749a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。