2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
春の光景を探しに(2) 菜の花畑
- 2008/03/19(Wed) -

                 020-2.jpg

                春爛漫・・・満開の菜の花畑
さて、とりあえず春の光景とはあまり関係のない近藤勇の首塚を見てから、今度はホントの春らしい光景を目指して走る。

お目当ては、満開の菜の花畑。
ここ数年、よくその地域の菜の花畑を観に行く。
ライトアップをしている場所もあるのだが・・・そういう場所ではなく、純然たる菜の花の栽培畑。
農道の脇に車を停めて、辺り一面満開の菜の花を眺めながら畦道をのんびり歩いたりするのがお気に入りの菜の花鑑賞の仕方。

そして・・・今年も出会えた!春の光景!
黄色い絨毯のような一面満開の菜の花の光景に。

                 020-8.jpg


菜の花をこよなく愛した司馬遼太郎さん。
司馬さんは菜の花の個々の花の可憐さを愛したのか?遠景としての黄色い光景を愛したのか?


菜の花といえば・・・数年前にこんなことがあった。
早春の温かい日曜、新築した友人宅で近しい仲間が集まって新築祝いのガーデンパーティーのようなBBQパーティーのような集まりが催された。
いつもは結構飲む私が、その日はアルコールを口にしないので訝しく思った友人に
“なんで飲まないの?これから何処かへ行くの?”と聞かれた。
その日、私は夕方から出掛けて、菜の花畑のライトアップを観に行かないかと誘われており、まだ菜の花のライトアップを観た事がなかった私は、その光景を観たくて一つ返事で誘いを受けていた。
夕方から菜の花のライトアップを観に行くから飲めない・・・と、その旨を告げた。
すると・・・
複数の友人から“誰と行くの~???”と声が上がった。
それも何度も聞かれた。しかもご丁寧に友人達の奥方様方にも何度も聞かれる始末。
私としては、菜の花のライトアップに大いに興をそそられているのであり、何処でライトアップを観ることが出来るのか、とか、そういうことを聞いて欲しかったわけで・・・。
“誰と行くかより、何処に行くかが重要なこともあるだろが~”みたいに言ったりしていた。
まったく・・・この人達には春の幻想的であろう光景より、人の色恋沙汰の方が重要なんだろうか・・・などと思いながら・・・(笑)

それでも・・・まぁ・・・友人達と飲んだり遊びに行ったりする場に一緒に行く女性は何人かいても・・・どの女性もキッチリとしたパートナーとしての“彼女”にまで至るわけでもなさそうな・・・落ち着きの無い私の私生活状況を心配してのことで・・・よく考えればありがたいことだ・・・そういうことも心配してくれる友人がいることは・・・と、初めて観た菜の花畑のライトアップの美しい光景を眺めながら、ささやかながら感謝の気持ちを感じた。。。

そこまでは良かった。
いや・・・心配してくれている気持ちも確かにもっていてくれた。
のではあるが・・・

後日飲んでいる時に、また“で、菜の花のライトアップは誰と観に行ったの?”とその時に聞かれた友人に聞かれた。
その時の話しの流れの中で、何人かの友人が私が何度かそういう友人達に引き合わせていた女性のうち、誰とちゃんとつき合うことになるのかをめぐって“賭け”が行われていることを知ってしまった。
ったく。。。みんなの気持ちに感謝して損した・・・と感じたものだ。

やっぱり、世の中には知らないほうが良い気分でいられることは・・・数々・・・ある(笑)

だが・・・一面満開の菜の花畑は、私にとっては、毎年“観るべき春の光景”となっている。




**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  

スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<河津桜の謎 | メイン | 春の光景を探しに(1) 近藤勇首塚>>
コメント
- マグカップの彼女かしら?(笑) -

友人達の奥方様方に一票を投じます。

誰と行くかより、何処に行くかが重要です。
人の色恋沙汰の方がさらに重要です(爆)

マグカップの恋から?
道端に咲く菜の花に目を奪われるようになったのは・・・
事実です(笑)
2008/03/19 07:26  | URL | Lei Lei #-[ 編集] |  ▲ top

- Lei Leiさんへ -

あらら。。。
Lei Lei先生も友人奥方連合に同意で~?(汗)

この季節、道端に咲く菜の花のロケーションも様々で・・・
いろんな“菜の花のある光景”に目移りしてしまうのも・・・
事実です(笑)
2008/03/19 11:53  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- お昼休みに・・・寄ってみた(笑) -

あっコメントに間違いが・・・
何処に行くかより誰と行くかの方が重要です(笑)
あしからず。
2008/03/19 13:43  | URL | Lei Lei #-[ 編集] |  ▲ top

- Lei Leiさんへ -

と・・・言う事は・・・
Lei Leiさんは・・・
意中の人とであれば何処へでも。
たとへ火の中、水の中。
地獄の果てまで手を取り合って・・・。
うむ。情熱的な人なんだなぁ~ と、勝手に推察しちゃいました(笑)
あしからず。
2008/03/19 13:50  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/35-a96f200a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。