2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雛祭りに蛤の話し
- 2008/03/03(Mon) -

               017-1.jpg

                  はまぐり雛
        雛祭りには貝、特にはまぐりを食すことが多い。
今日は雛祭り。
先日、観梅に訪れた所にはまぐり雛が飾ってあったので撮ってみた。
はまぐりの殻に衣を着せていって作ったお雛様。

ところで・・・お雛様と蛤の関係や如何に???

雛祭りには貝類はつきもの。東京では東京湾でとれた蛤を供える風習があった。
(今日方面では琵琶湖の蜆のようだが)
昔から二枚貝は姫様(女性)を意味していたから雛祭りには貝を供えるようになったようだ。

特に蛤は2枚の殻がぴったりと合い、他の貝殻とは合わない。
それを女性の貞操に見立てて、雛祭りには蛤をとい意味もあったらしい。
また蛤は、水が汚れていると清浄な水を求めて移動する とても清潔好きな貝と言われ、乙女の純潔の象徴ともされるようで、雛祭りのお供えとされたようだ。
また蛤は夫婦和合の象徴とされていて、結婚式にも縁起物として出されることが多かった。 

蛤の殻を使った はまぐり雛 はそんな蛤と雛祭りの関係の象徴・・・かも?

って、ことで・・・今年も五節句の「上巳」である桃の節句。
温かい春本番まであと少し。

               017-2.jpg




スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<私的、気分転換の散歩道 | メイン | 『それでもボクはやってない』を初めて観た>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/24-a244cd5e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。